2017-06-13

心とカラダのアンチエイジング

3週間ぶりの更新です。ずっと更新しないのはなぜかしら?と思われていた読者も多かったことでしょう。理由は2つあります。
一つは前回、診療時間変更に関する重要なお知らせをしましたので、周知させたい意図で敢えて更新は控えていました。
もう一つは、その余裕がなかったからです。
毎週末、講演会、学会、医師会などがあり、同日にフィギュアスケートやダンスの鑑賞に行ったり、タイトなスケジュールをこなしていました。
平日も、診療に趣味に英会話の勉強と忙しかったです。今月に入って急に外来も混んで参りました。

先々週末2日間は、都内での抗加齢医学会に参加しました。(同じ日程で仙台で皮膚科の学会もありましたが、そちらは行きませんでした。)今回も興味ある講演が満載でした。印象的だったテーマは3つありました。
1、心こそ大切である。
大阪大学副学長の先生のお話・・・「星の王子様」のメインテーマは「大切なものは目に見えない」である。目に見える要素(財産、学歴、容姿、資格、技能)よりも、目に見えない要素(徳性、人間性)こそが本質的な幸福の根源である。名聞名利を追うのでなく他人の幸福のための利他の実践により、自らの心のアクティヴ・エイジングが可能である。
目に見える病変を切って治してきた整形外科教授が、辿り着いた悟りともいえる境地に感銘しました。

その他に高齢者に向けた精神療法として、マインドフルネス瞑想や「あるがまま」を受け入れる森田療法などの講演がありました。
いずれも東洋の英知を臨床応用した研究で、興味深かったです。
私も最近では、ヨガのときの瞑想の時間を心地良いと感じるようになり、リラックスしたいときにはヒーリング・ミュージックを好むようになりました。

2、笑いの抗加齢効果・・・日常生活で笑いの頻度が少ない者ほど、生活習慣病と認知機能の低下が起こりやすい。笑いを増やすことは抗加齢効果があり、認知症予防に繋がる。
演者の先生の語り口はお笑い芸人のようで、ずっと笑いっ放しでした。NHKが取材に来て講演を収録していましたので、TVで報道されるかもしれません。

2、中高年女性のためのサプリメント
閉経前後の女性はエストロゲンが急激に低下することにより、様々な症状が生じます。更年期症状に対しての治療はホルモン補充療法が有効ではありますが、副作用の懸念もあります。そこで代替療法としてのサプリメントが多数あります。今回はエビデンスのあるものとして、ぶどう種子フェノール、ヤングココナッツジュース、エクオール、プラセンタの4つが紹介されました。
私はレスベラトロール(ポリフェノールの一種)が多く含まれている赤ワインをほぼ毎日飲みます。エクオールとヒューマン・プラセンタも毎日サプリで飲んでいます。ココナッツオイルは毎日食べていますが、ヤングココナッツジュースの存在は知りませんでした。
今回の報告では、卵巣摘出閉経モデルラットを対象にヤングココナッツジュースの投与により、骨量減少、鬱と記憶力低下に対して効果が認められました。

米国のセレブの間ではヤングココナッツジュースは人気のようで、歌手のマドンナはメーカーに150万ドル(約1億2000万円)の投資をしたそうです。
私も早速タイ産のヤングココナッツジュースを取り寄せました。診療中の水分補給に飲んでいます。ほんのり甘くて優しい味です。

抗加齢医学会で得た情報を、自分はもちろん読者の健康生活のために役立てたいと思います。
今週末も来週末も、学会と講演会が続きます。余力があれば逐一報告します。

0 件のコメント:

コメントを投稿