2017-04-09

ワキ汗対策のシーズンです

昨夜は御茶ノ水ソラシティにて湯島スキンケア研究会が開催され、多汗症の講演がありました。

腋窩多汗症に対してのボツリヌストキシン注射療法は全国的に広く行われるようになりましたが、都市部で症例数が多いようです。月ごとの統計では、最多は4月、次いで5月です。
当院でも同じ傾向です。1回の注射で約半年間は有効なのですが、ほとんどの患者さんは4~5月に受けられます。
片側の腋窩で約20か所打ちますので、疼痛対策として当院では、医療用バイブレーターを用います。微振動により疼痛が緩和されます。麻酔クリームは使用しませんので、来院されたら待機時間も必要とせず、すぐに施術できます。5分もかかりません。
今日も2人の患者さんが来院され、すいていましたので速やかに治療を受けられました。
当院での料金は、両わき24,000円(税別)です。ご希望の方は予約は不要で、直接ご来院ください。
講演会終了後は、ワインでほろ酔い。同期の女性の先生と千鳥ヶ淵でデートしました。ここは都内有数の桜の名所で、大変賑わっていました。ライトアップされた夜桜が、幻想的で美しかったです。

0 件のコメント:

コメントを投稿