2017-02-08

ICU入院

水曜休診日の今日の午後、たまたま父の入居先の施設に行ってみました。偶然にも私が到着した時、父が施設の車で病院に搬送されるところでした。
看護師によると今朝から突然、発熱と意識混濁し呼びかけに無反応になったそうです。私も同行を求められ、病院に行きました。

救急処置室で検査を受け、そのままICU病棟に入院になりました。医師の説明では、肺炎と尿路感染症から敗血症を併発し、敗血症性ショックとのこと。血圧は70/40、PaO2も低下し、検査では肝障害と腎機能低下を認め、多臓器不全も併発しているようです。
抗生剤と昇圧剤の点滴投与と酸素吸入が開始され、容体は安定しつつあります。
医師から「心臓マッサージや挿管などの蘇生は希望されますか?」と尋ねられたので、私は自分が医師であることを明かした上で、お断りしました。
「もう十分に生きた。」と言っていた父の意思を伝えました。
担当の医師も看護師も、私の長女とそう変わらない年頃の若い方でした。私は「お世話になります。よろしくお願い致します。」と深々と頭を下げ挨拶し、病院を去りました。

今晩はクレストホテルでの講演会に参加する予定でした。とても楽しみにしており、今日のブログに載せるつもりでいました。
しかしながら病院から帰ると疲労困憊し、そんな余力はありませんでした。
明日は仕事です。週末は泊りがけで学会参加の予定があります。しばらく落ち着かない日々が続きそうです。

0 件のコメント:

コメントを投稿