2017-02-22

ふるさと納税返戻特産品

昨年の大晦日の夜、日付が変わる直前に6つの自治体のふるさと納税をしました。以前から関心があったもののその時間が取れず、ギリギリ大晦日に駆け込み、辛うじて間に合いました。
人気がある自治体の返戻品は、寄付後数か月待ちになるようです。今日は、山口県長門市から「とらふぐ刺身セット」が届きました。
北長門海岸国定公園で育ったとらふぐの刺身、皮刺身、刻み小葱、もみじおろし、ポン酢のセットです。
早速今晩の夕食で賞味いたしました。飲み物はワインではなく、珍しくも日本酒と一緒に美味しく頂きました。自宅にいながら料亭の味が楽しめました。

先月には佐世保市から、ブルーベリーを塗した黒大豆のお菓子とドライブルーベリーの詰め合わせが届きました。美と健康に貢献するアントシアニンが豊富な食材です。お昼にヨーグルトと一緒に頂いています。
その地域独自の特産品は、もらって嬉しいですね。

2017-02-17

It's showtime

今晩は、西日暮里のアルハムブラにてベリーダンスのショーがありました。私の先生が所属するスタジオのダンサーが出演され、客席は生徒さん達で満席でした。素敵な演技に、一同うっとりと見入りました。
最後のフィナーレです。
実は2週間後には私も発表会に出演予定ですので、ちょっと緊張気味です。プロのダンサーの演技を観て、自分たちのパフォーマンスに生かしていきたいと思いました。

2017-02-16

早春の花壇2017

昨日も今日も春本番のような陽気です。当院の花壇も早春に相応しい花が咲いています。
甘い芳香を放ち、圧倒的な存在感を誇るのは沈丁花です。通用門脇の駐輪場の花壇で咲いています。私も朝夕に通るたびに香りを楽しんでいます。
ハーブのローズマリーも紫色の小さな花を沢山咲かせています。いつかオリーブオイルに漬け込み、自家製のドレッシングを作ってみます。
ストック、パンジー、ビオラも可憐に咲いています。
今年はなぜか水仙がまだ咲いていません。年によって開花時期が違うのもまた面白いです。

2017-02-14

横浜での学会2017

先週末の2日間の連休に、横浜で皮膚科学会東京支部の学会がありました。毎年何らかの学会が横浜で開催され、年に1~2回は行きます。
好天に恵まれ、みなとみらいは多くの人で賑わっていました。学会も盛況でした。
泊まったホテルの部屋からの眺めです。
印象的だった講演は・・・
・爪白癬治療「爪白癬の診断のためには、適切な部位から検体を採取し、直接鏡検が必須である。ルコナックなど外用剤使用の際には、爪の混濁部を切ったり削ったりして除去した上で外用すると有効。内服治療の場合、保険では6か月間の縛りがあるが、実際は不十分な症例も多い。1年以上継続が必要なケースもある。」
・・・やはり爪は切らないと治りにくいです。

・エキシマランプVTRACの有用性「ターゲット型NUVB照射器の中では最も照射率が高いので、治療の現場では処置時間が最も短時間で済む。アトピー性皮膚炎などによる結節や苔癬化局面、アミロイド苔癬、菌状息肉症、悪性リンパ腫、円形脱毛症など多様な疾患に有効である。」
・・・当院でも活躍中です。VTRACの3倍以上の時間を要する他社の機種なんて、当院ではとても使えません。買って良かった一機種です。

・心療内科の先生のお話「一般的にアトピー性皮膚炎の患者さんは抑鬱傾向、乾癬の患者さんはメタボが関連するためか一見は明朗に見える傾向がある。慢性の皮膚の痒みを訴える72名の患者さんに抗うつ剤SSRIを投与したところ、鬱の有無に関わらず、68%で皮膚症状の改善が認められた。さらにSSRIは抗炎症性作用を認めた。」
・・・やはり、です。皮膚病と抑鬱は、互いに原因でもあり結果でもある関係です。

全体を通して新たな知見というより、日常の診療で感じている事柄についてエビデンスを得られた印象でした。
懇親会の様子です。アトラクションではジャズの演奏がありました。
美味しい料理とワインを賞味しながら、先生方と情報交換しました。
横浜で開業されている先生と。情熱をもって患者さんを治療されています。
今回の学会参加は、父の入院と重なりどうなることかと危ぶまれましたが、どうにか容体も安定しリカバリールームに移りました。お蔭で私は、変わらぬ日常を過ごしています。

2017-02-08

ICU入院

水曜休診日の今日の午後、たまたま父の入居先の施設に行ってみました。偶然にも私が到着した時、父が施設の車で病院に搬送されるところでした。
看護師によると今朝から突然、発熱と意識混濁し呼びかけに無反応になったそうです。私も同行を求められ、病院に行きました。

救急処置室で検査を受け、そのままICU病棟に入院になりました。医師の説明では、肺炎と尿路感染症から敗血症を併発し、敗血症性ショックとのこと。血圧は70/40、PaO2も低下し、検査では肝障害と腎機能低下を認め、多臓器不全も併発しているようです。
抗生剤と昇圧剤の点滴投与と酸素吸入が開始され、容体は安定しつつあります。
医師から「心臓マッサージや挿管などの蘇生は希望されますか?」と尋ねられたので、私は自分が医師であることを明かした上で、お断りしました。
「もう十分に生きた。」と言っていた父の意思を伝えました。
担当の医師も看護師も、私の長女とそう変わらない年頃の若い方でした。私は「お世話になります。よろしくお願い致します。」と深々と頭を下げ挨拶し、病院を去りました。

今晩はクレストホテルでの講演会に参加する予定でした。とても楽しみにしており、今日のブログに載せるつもりでいました。
しかしながら病院から帰ると疲労困憊し、そんな余力はありませんでした。
明日は仕事です。週末は泊りがけで学会参加の予定があります。しばらく落ち着かない日々が続きそうです。

2017-02-02

HP引っ越しました

突然のお知らせですが、本日、当院HPのURLが変わりました。J:COMのホームページ作成用のWebSpaceサービスが1月31日で終了したためです。
昨年4月にメールで案内があったようなのですが、つい見落としてしまい、本日患者さんから指摘され気付きました。
昼休みに取り合えず休診カレンダーのみ貼り付けました。そして先刻、HPの引っ越し作業を終えて、新しいURLでアップしました。
当院のURLです。
http://park10.wakwak.com/~koyanohifuka/

ホームページサービスの終了という重要なお知らせが、たった1回のメールのみでしたが、できれば文書で送って頂きたかったところです。
別のプロバイダーとも契約していたため、早速アクセスして利用料108円を支払い、転送設定を編集してすべてのファイルの転送とホームページの引っ越し作業を自力で完了させました。作業時間は20分ほどでした。
従来と同じ内容が閲覧できる状態です。常日頃よりリニューアルをしたいと考えていましたので、そろそろ自力は諦めてプロの業者に委託しようかと思います。
お手数をおかけしますが、改めてお気に入りの登録をお願い申し上げます。

こやの皮フ科休診カレンダー

当院HPのプロバイダーが、1月31日にWebSpaceサービスを終了させたため、HPが閲覧できなくなりました。大変ご迷惑をおかけしております。
プロバイダーを変更して復旧の作業をする予定ですが、休診日のお知らせが喫緊の課題ですので、とりあえずはブログに休診カレンダーを張り付けました。
こちらをご参照ください。

2017-02-01

変わらないでいるために

昨日、私の顔にフラクショナルレーザーを撃ちました。肌のリジュビネーション(若返り)のレーザーです。9年前より開始して、ここ数年は12~1月と6~7月と年に2回行っています。
開始当初は1回1回、劇的に効いている印象でしたが、ここ5年間は施術前後であまり変化は感じられません。でも「変わらないでいる」ことこそ効いている証拠だと考え、習慣になってしまいました。
4年ほど前から「タイタン+ジェネシス」も年に2回追加し、3か月に1回、2種類の施術を交互に続けています。こちらは眼瞼をゴーグルで保護するため避けなければなりませんが、一方、フラクショナルレーザーは眼瞼にも施術ができます。ただし眼瞼は施術直後から腫れ上がり、腫れが引くまで2~3日かかります。

ところで、AGA(男性型脱毛症)に対してフィナステリドやザガーロを数年間飲み続けている方も、「変わらないでいる」現状維持を目指していらっしゃるのではないでしょうか。
女性が美容のために努力するのと、男性がAGA の薬を飲むのは同じ心理だと思います。

明日も、1年後も、そして10年後も、できればずっと今の自分でいるために・・・。
努力はきっと報われます。