2017-01-29

大学同窓の新年会

昨夜は霞が関ビル35階で、恒例の山口大学医学部同窓会関東支部の新年会がありました。
今回は同級生の埼玉医大麻酔科教授が講演をしましたので、同級生の参加人数は9人と最多となりました。いつものことながら、同窓会に参加する面子は決まってしまい、毎回同じ顔触れです。
懇親会では、お互いに近況報告をしました。
講演した中山君と。相変わらずダンディです。
会場には、医学部出身者に混じって農学部獣医学科卒の山際大志郎さんがお見えになりました。
自民党衆議院議員で、自民党副幹事長をされています。大学同窓の国会議員には、初めてお会いしました。
この後は、同級生だけで銀座のとあるバーでの二次会に行きました。貸し切りでした。
高級ワインを頂きながら、プライベートな話で盛り上がりました。
昔から同級生と飲むと、「女の子は二次会代はタダ」になり、いつものことながら奢って頂いています。
同級生の前では、私は「永遠の女の子」でいられそうです。ご馳走様でした。

2017-01-26

インフルエンザ警報発令

昨日、今日と厳しい寒さが続きましたね。
千葉県では、今月22日までの1週間に県内215の医療機関から報告されたインフルエンザの患者数は、1つの施設あたり37.90人と、前の週の2倍近くにまで増えました。
「警報レベル」の30人を超えたのは、千葉県内では今シーズン初めてで、県では今日「インフルエンザ警報」が出されました。
昨シーズンより2週早くなりましたが、ほぼ例年並みだということです。

予防のためには手洗い、マスク、部屋の加湿、小まめな水分補給が必要です。
私の場合、ワクチン接種はもちろん、昨年12月より外出時と診療中はマスクを着用しています。夏と同様に冬でも小まめに水分補給を心がけています。
防寒対策も完璧です。下着は半袖ヒートテックの上に長袖ウルトラヒートテックを重ね着します。レギンスもウルトラヒートテックです。靴下は常に2枚履いて、雪道OKのボアブーツを履きますので、しもやけになりません。ファーのイヤーマフとストールで耳と首を覆います。
私くらいのオバサンになると見栄など張らず、健康管理が第一です。こんな出で立ちですので、ほとんど寒さを感じません。この冬は風邪をひくことなく過ごしています。

ところで明日は、一気に春の陽気になるそうです。
今日は一足早い春の訪れを思わせる、素敵なお花を頂きました。都内文京区で開業されている先輩の皮膚科の先生からです。
私の大好きなサーモンピンク系のバラです。私のユニフォームの色に似ています。医院に飾らせて頂きます。
ありがとうございました。

2017-01-23

東京地方会

先週末、午前中は福島での学会に参加し、午後からは東京に戻り、そのまま日本橋での皮膚科学会東京地方会に参加しました。
診療がある土曜日は、時間的にこの学会に参加することができませんが、折角休診にしたので、10数年ぶりに参加してみました。興味ある演題が多く、討論も活発でした。
私にとって最も教訓的な症例は、「フェニトイン内服中止で皮疹が改善したステロイド抵抗性の水疱性類天疱瘡の1例」でした。

ステロイドは、肝臓の薬剤代謝酵素CYP3A4で一部代謝されていますが、下記の薬剤でCYP3A4は強力に誘導され、ステロイド代謝が亢進し治療抵抗性を生じます。
・リファンピシン(抗結核剤)
・フェニトイン(抗てんかん薬)
・フェノバルビタール(抗てんかん薬)
・カルバマゼピン(抗てんかん薬)
・セントジョーンズワート(抗うつ作用のあるサプリメント)

ステロイド抵抗性の場合、まず、上記の薬剤が投与されていないか、確認する必要があります。サプリメントの摂取も聴取しなければなりません。
私は、この発表を聞いて初めて知りました。恥ずかしながら不勉強でした。
まだまだ勉強が足りません。1日で福島、東京と学会を梯子して、充実していました。

2017-01-21

福島での学会

昨日から2日間、福島市で皮膚脈管・膠原病研究会がありました。40回目を迎えましたが、今回で幕を閉じることになりました。
私が初めてこの研究会に参加したのは30年ほど前で、20年ほど前には毎年のように演題を出して発表していました。結論が出ていない症例でも提示すると、忌憚のない意見と熱い討論が交わされましたので、私にとっては本当に勉強になり、修練の場でもありました。開業してからはずっとご無沙汰していましたが、最後となると名残惜しく感じ、参加しました。
久々に出て、印象的だったのは・・・

1、皮膚筋炎関連の新しい自己抗体が、検査項目として幾つか加わり、病態の分類と予後を知る上で有用。一方で、検査所見のみに頼ることなく、皮膚所見から皮膚筋炎を診断する能力は最も重要。

2、SLEに対してのヒドロキシクロロキンの有用性。副作用として高頻度で薬疹を生じるものの、機序がアレルギー性とは限らず、発疹消退後に再投与が可能なこともある。

「膠原病を見落とすことなかれ」と初心に帰りました。
今回の会長は、福島医大の山本教授でした。同門の先生です。
会場を出ると、外は大雪でした。福島駅前です。
この後、市内の飯坂温泉・吉川屋に向かいました。誰もいない大浴場と雪見露天風呂で疲れを癒しました。
ぐっすり眠れて今朝の客室からの眺めです。雪山が朝日に輝いて美しいです。
テラスも雪で覆われていました。
エントランスでは水が流れ、花が活けられていました。館内随所で花や絵画が飾られ、おもてなしの心遣いが感じられます。
ここの旅館は皇室ご用達のようでした。天皇皇后両陛下や皇太子ご夫妻も来館されたようです。雅子様も温泉に入られたのかしら?
飯坂温泉駅では雪が積もっていました。東北地方の温泉街の風情があります。
2両編成の電車で再び福島駅に向かい、今朝も学会に参加しました。勉強しながらも心身のリフレッシュができました。

2017-01-16

歩き方チェック@帝国ホテル

9日ぶりの更新です。この3日間、急に寒くなりましたね。
実は3月上旬に恒例のベリーダンスの発表会があり、私は2曲踊る予定です。リハーサルも始まり、ここ数日レッスンが重なり、自宅で動画を見ながら自主練を続けたりで、仕事以外で慌ただしかったです。

さて先週末は帝国ホテルにて、皮膚科の女医を対象にした「知っておくと得する情報」の講演会がありました。パーソナルトレーナー奥山智也先生が「転ばないための正しい歩き方・姿勢作り」を指導されました。
会場に着くと、まずは足踏み後の全身像を撮影されました。「一体、何かしら?」と思いましたが、体の傾きのチェックでした。
講演中の奥山先生。
カバンを同じ肩にかけることが多いのは、体幹の歪みのせいだそうです。私の場合、左肩にショルダーバッグをかける習慣があり、右肩が下がり気味でした。指摘されて驚きました。
歪みを是正するための簡単なエクササイズを紹介して頂きました。
いずれもヨガのレッスンでよく行うポーズです。ストレッチすると気持ちが良いです。
講演会終了後に、歩き方の個人指導を受けました。
私の場合、姿勢を褒めて頂きました。
懇親会で、帝国ホテル製の料理とワインを賞味して上機嫌のところに、イケメンのトレーナーのプライベートレッスンも受けて、ご満悦です。
今回教えて頂いたエクササイズを、仕事の休憩時間や自宅でも行ってみます。

2017-01-07

キエフ・バレエ2017

昨夜は、東京文化会館にて新春恒例のキエフ・バレエを鑑賞しました。座席は、オーケストラボックスを挟んで前から2列目の特等席でした。私にとってキエフ・バレエは3年ぶりです。(一昨年はミハイロフスキー劇場バレエ、昨年は松山バレエ団でした。)

前回はチャイコフスキー3大バレエ名場面集でしたので、今回は趣向を変えて、初めて「バヤデルカ」を観ました。
バヤデルカはヒンズー教の踊り子を意味し、古代インドを舞台にした戦士と舞姫の悲恋物語です。
インド風(ヒンズー)にアラブ風(イスラム)がミックスされたようなオリエンタルな衣装でした。(19世紀のヨーロッパ人が創ったアジアの舞台なので、オペラ蝶々夫人の衣装と同様に独特な世界です。)
衣装はベリーダンスによく似ていましたが、ダンスは世界最高峰のテクニックを誇る生粋のバレエです。しかもストーリーがドキドキハラハラするような展開で引き込まれ、飽きさせません。主要人物のみならず、黄金の偶像や太鼓の踊りなどの脇役ダンサーの演技も素晴らしかったです。ウクライナのダンサーは、美男美女揃いです。
現実離れした美しい夢の世界に、すっかり魅了されました。

2017-01-03

1年の計

「1年の計は元旦にあり。」今日、2日遅れながら、1年間の計画を立てました。
当院の休診日は、HPにgoogleカレンダーを貼り付けて、半年以上前から公開しています。6月までの休診日は既に昨年から公開していましたが、本日、7月~12月分の休診日を追加してアップしました。
1年間の学会参加と旅行の日程をすべて決めました。6月と秋は学会の日程が重なることも多いため、迷って熟慮しました。
この他にメーカー主催の講演会が直前に判明すると、休診日が追加されることもありますので、何卒ご了承ください。

手帳に予定を書き込むと、改めて新年を迎えた気持ちになります。
今年からは、さらに体調管理を強化したいと考え、今日は近所の薬局で血圧計を買いました。既に1台あるのですが、私専用としました。5,000円でお釣りが来ました。
5年以上前からほぼ毎日、体組成計で体重、体脂肪率、筋肉量を量る習慣はありますが、これからは、血圧測定も項目に入れようと思います。
正月休みも今日で最後。どこにも行かず自宅でゆっくり過ごし、生活を見直す良い機会になりました。
明日は仕事始めです。水曜日ですが臨時に診療します。

今年の抱負は、患者さんが笑顔で満足してくださるような診療を目指したいと思います。本年もよろしくお願い申し上げます。

2017-01-02

謹賀新年2017

新年あけましておめでとうございます。ブログを始めて7回目の謹賀新年です。
晴天に恵まれた穏やかな新春です。
我が家では、例年の如く長女は病院での当直で帰省せず、次女は2泊3日滞在しましたが、試験勉強が忙しく元旦早々に引き上げ、閑静なお正月を過ごしています。

元旦の夜は、恒例のウィーンフィルニューイヤーコンサートをNHKの生中継で鑑賞しました。(ちなみに年末年始のTV番組は他には見ません。)
毎年1月1日に、ウイーンの楽友協会(ムジークフェライン)の黄金ホールで開催されます。観客は正装をし、とても華やかな雰囲気です。チケットは1枚50万円ほどしますが、入手が困難のため、最もプレミアが付く演奏会としても有名です。
今年はベネズエラ出身の35歳、最年少の指揮者でしたが、表情が豊かで楽しそうで、躍動感に溢れた演奏でした。バレエも美しく、夢のような美しい映像にうっとりしました。

平和な新年の幕開けです。世界も平和であってほしいと、切に願います。
読者の皆さまのご多幸をお祈り申し上げます。本年もよろしくお願い申し上げます。