2016-12-04

ウイーンの音楽を楽しむ

昨夜は、荻窪の杉並公会堂にて、ギュンターフィルハーモニー管弦楽団の演奏会がありました。患者さんのご家族がヴァイオリニストとして出演され、ご招待頂きました。最前列の席で、とくと堪能させて頂きました。
モーツァルト、ベートーヴェン、ブラームスと、ウイーン縁の音楽家の作品3曲が披露されました。このうちベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲ニ長調Op.61では、ドイツで活躍されている奥うららさんがヴァイオリンを独奏されました。熟練した高度な技術はもちろんのこと、魂の琴線に触れるような演奏で、感動しました。私にとって初めて聴く曲でしたが、ベートーヴェンが紡いだ美しい旋律に魅了されました。
やはり、音楽はいいです。仕事をこなしてから息つく間もなく都内の会場に駆けつけ、感動の余韻に浸って帰宅して、疲れも感じません。
杉並公会堂では、巨大なシンボルツリーがライトアップされていました。

0 件のコメント:

コメントを投稿