2016-12-31

2016年大晦日

今年最後の日です。1年を振り返ると色々ありました。年齢とともに肉体的な不調も生じやすくなりました。
腰痛症と右上腕骨外側上顆炎(テニス肘)で整形外科にかかり、正常眼圧緑内障と老眼の進行で眼科にかかりました。気持ちの上では若いつもりでも、老いを自覚せざるを得なくなりました。
それでも急病で休むことがなく、1年間恙なく診療を続け、無事に過ごすことができました。家族、スタッフを始め皆さまに支えられたお蔭です。心より感謝申し上げます。

一方では診療内容において、必ずしもすべての患者さんにご満足頂けてはいないことも承知しております。病状が思わしくない患者さんもいらっしゃいます。力及ばず心苦しく思うこともあります。
それでも患者さんと手を取り合い、悩みに共に立ち向かい、解決するお手伝いができるよう尽力していきたいと思います。

どうか良いお年をお迎えください。来年もよろしくお願い申し上げます。

0 件のコメント:

コメントを投稿