2016-12-31

2016年大晦日

今年最後の日です。1年を振り返ると色々ありました。年齢とともに肉体的な不調も生じやすくなりました。
腰痛症と右上腕骨外側上顆炎(テニス肘)で整形外科にかかり、正常眼圧緑内障と老眼の進行で眼科にかかりました。気持ちの上では若いつもりでも、老いを自覚せざるを得なくなりました。
それでも急病で休むことがなく、1年間恙なく診療を続け、無事に過ごすことができました。家族、スタッフを始め皆さまに支えられたお蔭です。心より感謝申し上げます。

一方では診療内容において、必ずしもすべての患者さんにご満足頂けてはいないことも承知しております。病状が思わしくない患者さんもいらっしゃいます。力及ばず心苦しく思うこともあります。
それでも患者さんと手を取り合い、悩みに共に立ち向かい、解決するお手伝いができるよう尽力していきたいと思います。

どうか良いお年をお迎えください。来年もよろしくお願い申し上げます。

2016-12-30

鬼怒川金谷ホテルにて

昨日から年末のお休みに入りました。恒例の鬼怒川温泉旅行に行って来ました。今年は敢えて定宿を外し、憧れの鬼怒川金谷ホテルに初めて泊まりました。
期待通りの快適な滞在でした。
ラウンジでの食前酒の後、待望のレストランでのディナーです。
南フランス産ピノノワールを1本オーダーしました。さっぱりした味わいで料理に合いました。
和洋折衷の懐石料理でした。いずれも洗練されていて美味しかったです。お刺身もありましたが、つい夢中で食べてしまい撮り忘れました。
この後は、再びラウンジでソフトドリンクとチョコレートのワゴンサービスがありました。金谷のオリジナル高級チョコレート(1粒400円)が食べ放題でした。私はチョコレートに目がないので、幸せな気分で別腹に入れ込みました。
今朝の朝食はヘルシーで豪華でした。
満たされた気分で帰途に着き、そのままスポーツクラブに直行し、デトックス・パワーヨガのレッスンを受けました。
今年もあと1日、やらねばならないことがまだ残っています。有意義に過ごします。

2016-12-25

年末年始の水曜日

クリスマス、いかがお過ごしでしょうか?私は土日ともいつものように仕事をして、その後はスポーツクラブでヨガやダンスをして、帰宅してゆっくり夕食を摂り、普段と変わらない生活でした。
さて、今年も残すところわずかです。
当院の年末年始の休診日は、12月29(木)~1月3日(火)の6日間です。
12月28日(水)と1月4日(水)は、定期休診日を返上して、臨時に診療いたします。
年内の診療は後3日間です。この時期にしては、例年に比べ混雑してはおりません。お薬が残り少なくなった方、お早めに御来院ください。

ところで、先日の誕生日に花束を頂き、医院の私の部屋に飾っています。
大輪のユリが一輪ずつ開花し、高貴な香りを放っています。

2016-12-23

今夜の夕食

今朝、折り込みチラシのスーパーの広告を見たら、何とも美味しそうなローストビーフの写真に目が留まりました。簡単なレシピまで載っていました。食欲をそそられ、今夜のメニューはローストビーフに決まりました。
早速、牛モモ肉を買い込み、チラシのレシピ通りに作ってみました。色々な料理法があるようですが、最も簡単な方法は、塩胡椒で下味をつけたモモ肉をフライパンで両面を焼きます。アルミホイルで包み、再度フライパンで若干加熱し、火を止めて15分以上放置して余熱を加えます。
取り出して包丁で切ってみたら、中央まできれいなピンク色に仕上がっていました。
余熱時間を除くと調理時間は6分ほどでした。超簡単です。
肉に添付されていた特製のソースをかけて、野菜を添えて、赤ワインと一緒に頂きました。プロの料理人が作ったように美味しかったです。
家で好みのワインと一緒に自分で作った料理を食べるのが、最も至福の時間かもしれません。

最近はまっているドリンクも紹介します。以前より「豆乳+アサイージュース+黒酢」は私の大好物ですが、ジュースを甘酒に置き換えても絶妙のバランスで美味しいです。甘酒は米麹から作られた砂糖無添加に限ります。糖質が多いので量は控えなければと思いつつも、今度は米麹からの甘酒作りに挑戦してみます。

2016-12-20

帝国ホテルでお買い物

昨夜は、帝国ホテルでジュエリーの展示即売会がありました。たまたま夫宛てに招待状が届きましたので、平日の仕事の後でしたが初めて行ってみました。
帝国ホテルのクリスマス・イルミネーションです。
会場は孔雀西の間でした。
会場内には、ベルギービール、各種カクテル、ベルギー料理のビーフのビール煮、チキンのクリーム煮、スイーツなどのビュッフェ・サービスがありました。私は仕事が終わって駆け付けて喉が渇いていたので、美味しく頂きました。
広い会場には多くの美しいジュエリーが展示され、私は目移りし散々迷った挙句、ゴールド×ダイヤモンドのネックレスとピアスの2点を買いました。
(クレジット利用金額上限内に納まったので、ほっとしました。)
帰り際に、毛皮のストールと帝国ホテルのバウムクーヘンをお土産に頂きました。

ホテルを出てから、まだ買い物を続けたい衝動が残っておりましたので、このまま日本橋三越の宝石売り間に直行しました。
先刻の会場でのお値段よりも、全体的にお買い得に感じました。そこでルビーのペンダントに目が留まり、即、買いました。
赤いジュエリーボックスがおまけでついて来ました。

この日に3点のジュエリーを買いました。時間貧乏人の私にとっては、思い立った時に買わないと次の機会は中々ありません。
付加サービスをつけて商品の金額に上乗せしてでも、気分よく買い物をさせる、私はこれをファーストクラス商法と呼んでいます。
安いが一番の激安路線の対極ではありますが、一部の消費者の中には、ファーストクラス商法を好む者がいることは確かです。
(ちなみに私は普段の買い物は、安いが一番です。)
自分へのご褒美です。

2016-12-17

57歳になりました

私は今日、57歳の誕生日を迎えました。昨夜は、1日早い誕生会を家族3人で行いました。
場所は、ニューオータニ東京の日本料理レストランの個室で、メニューは、下関で獲れたフクの福会席でした。本場の山口県ではフグと濁らず、フクと呼びます。冬限定の美食は、私の大好物です。
まずはシャンパンで乾杯!
フグ尽くしの料理は、どれも美味しい。
最後に、お店からバースデイケーキをサービスされました。
お腹が一杯でも別腹で美味しく頂きました。
ホテルのロビーには、クリスマスツリーが飾られていました。
3年後には還暦です。健康第一で、仕事にプライベートに充実した日々を送りたいと思います。

2016-12-15

長門湯本の隠れ家旅館

今夜は、日ロ首脳会談が長門湯本で開催されます。プーチン大統領の宿泊先は、大谷山荘の別邸「音信(おとずれ)」と推測されます。地元では警備強化の中、歓迎ムードだそうです。
関東地方の方にとって、長門湯本が山口県のどの当たりにあるのか、どのような場所なのか、まったく想像できないと思います。

実は私は、2013年7月5日に大谷山荘に一人泊まりしました。翌日に宇部で学会があり、その前日に泊まりました。行きは山口宇部空港から新山口経由でJR美祢線に乗りました。電化されていないワンマン車両です。(地元の人は汽車と呼びます。)
長門湯本は、山口県の中央よりやや日本海側に位置し、陸の孤島とも言える不便な場所です。しかしながらお目当ての大谷山荘は、期待以上に大満足でした。
バリアフリーの客室、疲れが癒される快適な大浴場、眺めの良い露天風呂、静かなジャズの流れるレストランでの豪華な夕食、エステでのアロマオイル・マッサージは心地良くウトウトしました。ホテルスタッフの接遇は、洗練されていました。(とても田舎とは思えませんでした。)
部屋からは音信川を望みます。私が泊まったのはデラックス・ツインでした。

私が最も感動したのでは、翌朝のことでした。
チェックアウトした時点で、豪雨のためJR美祢線が終日運休であることが分かりました。実は美祢線は、2010年に水害のため全線不通になり、1年以上かかって復旧したことがありました。豪雨に弱いのです。タクシーも手配できない状況でした。
私が途方に暮れていたところ、何とホテルのスタッフが私1人のためにJR厚狭駅まで送ってくださったのです。所要時間1時間で、タクシーなら1万円かかります。そして下りるときに、お土産の和菓子を頂きました。
私はそのサービスに大変に感激しました。

ホテルスタッフの厚意のお陰で、私は約束していた宇部市内の同級生の医院を定刻通りに訪問し、その後は予定通りに学会に参加することができました。
陸の孤島にありながら、不測の事態にも対応できる完璧なサービス・・・。
今の時期、ふく(河豚)が絶品でしょう。首脳会談、上手く行くとよいですね。
今度は、別邸「音信」に是非泊まってみたいです。(現在、大谷山荘の公式HPはアクセスできない状況です。)

38年前、大学入学のために山口に来ました。そこで耳にした「おもてなし」の心は、今なお健在です。
「おいでませ!山口へ」

2016-12-14

平穏な師走

9日ぶりの更新です。この間、さほど忙しかった訳でもなく、講演会もないので、連日スポーツクラブかダンスのレッスンに行っていました。意外かもしれませんが、今月は忘年会は1件もありません。健康的な平穏な生活をしています。

ところで、昨夜は文京シビックホールにて、イタリアから来日した5人の金管アンサンブル「ゴマラン・ブラス」の公演がありました。ミラノ・スカラ座フィルハーモニーの出身者とあって、ヴェルディやプッチーニのオペラの演奏は、あまりにも素晴らしかったです。金管楽器が木管や弦楽器のパートを見事に演奏し、あたかもフルオーケストラのようでした。
イタリア人による英語はとても聞き取りやすく、曲の合間にはトークやギャグを楽しませてくれました。お茶目でチャーミングなイタリア人でした。
私は記念にCDを2枚買ったので、講演終了後に5人のメンバー全員と握手をしてサインもして頂きました。
最近は演奏会によく行きます。先月は2回、今月も2回・・・。来年の分のチケットも既に購入し、楽しみにしているところです。
今年も残り、2週間。これから忙しくなりそうです。
寒さのため、インフルエンザもノロも流行しているようです。どうか皆さま、ご自愛ください。

2016-12-05

看護師募集2016

現在、当院の診療は、看護師抜きでは成り立たなくなりました。患者数が多く、特に高齢者の方への説明の補足、電話対応、レーザー機器など医療機器の管理、手術中の機器の操作、光線療法や脱毛の施術、予約入力業務などなど・・・。
私1人では回らなくなっています。丁度、5年半前に当院に看護師2名が入職し、それを契機に診療が格段にスムーズになりました。

さてこのたび業務繁忙につき、看護師を募集中です。既にハローワークにも登録しておりますが、募集要項は・・・
職種:正看護師1~2名
業務内容:看護業務全般
雇用形態:パート
賃金:時間給 1,800円、ただし試用期間3か月は、1,500円
就業時間:平日は7:30~15:30、土日は8:20~14:30、休憩時間45分、水曜日と祝日は休診。
出勤日数:シフト制で相談に応じます。
応募方法:履歴書に写真貼付、パソコンのメールアドレスを記載し、当院あてにご郵送ください。
追って面接日を連絡いたします。
送付先:〒270-1166 我孫子市我孫子1-17-20 こやの皮フ科

年齢、経験は不問ですが、新しい知識を得るのに熱心な意欲のある方を求めます。
皮膚科看護に精通したスペシャリティナースを育成したいと考えます。
熱い期待を持って、お待ち申し上げております。

2016-12-04

ウイーンの音楽を楽しむ

昨夜は、荻窪の杉並公会堂にて、ギュンターフィルハーモニー管弦楽団の演奏会がありました。患者さんのご家族がヴァイオリニストとして出演され、ご招待頂きました。最前列の席で、とくと堪能させて頂きました。
モーツァルト、ベートーヴェン、ブラームスと、ウイーン縁の音楽家の作品3曲が披露されました。このうちベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲ニ長調Op.61では、ドイツで活躍されている奥うららさんがヴァイオリンを独奏されました。熟練した高度な技術はもちろんのこと、魂の琴線に触れるような演奏で、感動しました。私にとって初めて聴く曲でしたが、ベートーヴェンが紡いだ美しい旋律に魅了されました。
やはり、音楽はいいです。仕事をこなしてから息つく間もなく都内の会場に駆けつけ、感動の余韻に浸って帰宅して、疲れも感じません。
杉並公会堂では、巨大なシンボルツリーがライトアップされていました。

2016-12-01

チャイコフスキーの夕べ

昨夜は、上野の東京文化会館にてチャイコフスキー2大協奏曲のコンサートがありました。演奏は、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団と新進気鋭のピアニストとヴァイオリニストでした。曲目はお馴染みのピアノ協奏曲第一番変ロ短調作品23とヴァイオリン協奏曲ニ長調作品35です。
追われるように日常を過ごす中、優美なクラシック音楽を聴くと心が洗われる思いがします。至福の時間を過ごしました。
会場の東京文化会館内です。
上野→柏は指定席特急で22分で帰れましたので、疲れることなく楽でした。