2016-09-30

金箔コスメは危険!

顔のかぶれの症状を繰り返す患者さんが時々お見えになります。9割以上が女性の患者さんです。化粧品、シャンプー、リンス、ヘアカラーなどが原因のことが多いです。問診と症状からヘアダイ中のパラフェニレンジアミンを疑い、その使用を中止の上、それを含まないヘアカラーをよく勧めます。

顔の紅斑につき、他院皮膚科でステロイド軟膏を処方され一時的に治癒するものの、中断するとすぐに再発するため、当院を受診された患者さんがいらっしゃいました。当院でも1か月ほど経過を診ましたが、やはり同様でした。患者さんの強い希望があり、原因検索のためのパッチテストを行いました。
パッチテスト・パネルを用い、アレルギー性接触皮膚炎を起こす頻度の高い24種につき検査しました。この試薬は、2枚1組で約15,000円します。
背中に貼り、48時間後に剥がし、翌日72時間後に判定しました。結果は金が強陽性、ニッケルがわずかに陽性でした。
まったく予想していなかった結果でした。再度詳細に問診したところ、何と金箔入りのあぶらとり紙を使用していたとのことでした。
このようなものが存在すること自体が、私にとっては驚きでした。金箔入りの化粧品は検索すると、洗顔料、化粧水、乳液、美容液と各種あり、エステ用の黄金のマスクもありました。しかも24K純金箔を使用しているため安全と謳っています。
「金=安全」ではありません。ニッケルに比べ頻度は低いながらも、アレルギーを起こすこともあります。よくぞ余計な金属を混ぜて商品化したものだと、半ば呆れました。
消費者は賢くならなければいけません。健康被害の怖れのある商品は避けて、安全な商品を選ぶ知識と情報が必要です。

今回、パッチテストを行って、私にとっても良い勉強になりました。医療機関にとっては採算性は良くないのですが、患者さんのためには積極的に行ってあげるべきでしょう。ちなみにパッチテストは保険3割負担の場合、負担額は約6,000円です。
かぶれの原因検査をご希望の方、ご相談ください。


2016-09-29

重症型手足口病の流行

手足口病が大流行しています。しかも5年前より流行り出した新型の症例が多いです。
古典的な手足口病よりも、大きな紅斑と水疱が手足に多発し融合傾向があります。口腔内には発疹を認めないことが多いです。全身に水疱を伴う紅斑が多発することもあり、水痘(水ぼうそう)や多型滲出性紅斑に類似します。高熱も伴います。

年齢を問わず発症しますが、小児よりも成人の方が重症化しやすいです。成人例では、足底の水疱が大型化して歩行時痛が顕著となります。
古典的な手足口病の原因ウイルスはCoxsackie A16ですが、新型ではCoxsackie A6が検出される症例が多いため、原因として疑われています。

さて治療ですが、原因ウイルスに対しての根治療法はありません。
私も医師になって、手足口病の診断で投薬をしたことはありませんでした。ほとんどは軽症で全身症状もなく、放置しても自然治癒します。
ところが今年は、成人の重症例においては足底の激痛のためQOLが著しく損なわれ、いつものように「時間が治してくれますから待ちましょう。」と放っておくわけにはいきませんでした。
私は、できれば抜きたくはない「伝家の宝刀」を抜きました。それは3日間のみのステロイド内服療法です。具体的にはプレドニン20mg×3日間です。
ウイルス感染に対しては、ステロイド内服は無効どころか悪化させると考えるのが医学の常識です。私もそのように考えます。
しかしながら皮膚の強い炎症は、ステロイド内服で2日ほどで水疱は速やかに改善し痂疲化します。全身症状も悪化しません。

手のひらや足底の汗疱(異汗性湿疹)の大水疱に対しては、いくらステロイド軟膏を外用しても中々治りませんが、少量のステロイドを短期に内服併用で著効するのは、皮膚科の先生方は経験されていると思います。同じ機序と考えます。

手足口病の診断は、比較的容易です。診断をした上での治療方針は、医師の裁量によります。医師は信念を持って治療すべきでしょう。
ちなみによくある質問ですが、手足口病に感染しても登校・登園は問題ありません。休む必要はありません。
しかしながら発熱疼痛などの症状があれば、安静のため休ませた方が良いでしょう。


2016-09-26

飽食のち緊縮

楽しかった台湾旅行から帰国し4日経ちました。いつもながら非日常的体験は、ずっと昔のことのように感じます。
美食三昧の3泊4日の旅でした。
ビジネスクラス機内食と空港ラウンジでの軽食、現地では朝はビュッフェ、昼と夜は中華コース料理、そしてホテルのクラブ・ラウンジでの軽食と、続けざまに美味しい料理と飲み物を頂きました。ご馳走を目の前にして誘惑に打ち克つのは困難です。
帰国して翌朝体重を測ったら、予想通り1kg増えていました。
私の体重は通常は44.0~44.5kgなのですが、何と45.3kgと近年見ない数字が表示されていました。覚悟はしていましたが、大台に乗ってしまいました。
この3日間、緊急ダイエットをしました。1日3食はしっかり摂るものの、夕方の間食をやめ夕食はほんの少量にして、大好きなワインも抜きました。
金曜日はベリーダンス、土曜日はZUMBAとパワーヨガ、日曜日はベリーダンスと、いつものレッスンを受けました。
そして今朝、体重を測ったら、出発前の44.3kgに戻っていました。3日間で、1kgの減量に何とか成功しました。

年齢とともに代謝が落ち、食べ過ぎるとすぐに体重が増えてしまいます。意識しないとリカバリーは難しいです。
台湾でも美味しい物が一杯でしたが、やはり日本の食べ物が最も美味しいです。誘惑との闘いが続きます。
(今まで海外旅行で美味しい物を食べることは期待していなかったのですが、今回の台湾旅行は期待以上でした。グルメが目的なら台湾がお勧めです。治安も良いし現地の人は親切です。)

2016-09-22

淡水&京劇

昨日も1日観光しました。午前中は台北101の展望台に行きました。508mの高さで、エレベーターは世界最高速の分速1010mを誇ります。
展望台にて撮りました。
午後からは地下鉄MRTに乗り、台北の北郊外にある淡水に行きました。そこからフェリーに乗り継ぎ、漁人碼頭に行きました。本当は夕日が絶景のデートスポットらしいのですが、炎天下を歩きました。日本の下関港に雰囲気がよく似ています。
夜は台北に戻り、京劇を鑑賞しました。西遊記の一場面です。雑伎団並みの身体能力の高さが光る技を披露されていました。
終演後に俳優さんと記念撮影させて頂きました。日本と比べチケット代も安い上に、撮影も許可されていますし、サービスがとても良いです。
最終日の今日は午前中にMRT に乗り、市内の228和平公園に行きました。植栽の陰に野生のリスがいました。都会の真ん中に野生動物がいるとは驚きです。
その後は、台湾大学医学人文博物館に行きました。日本統治時代に建てられ、100年間の台湾近代医学の発展史が展示されています。
皮膚科領域では、皮膚移植手術や象皮病に関する資料が展示されていました。
台大病院も、東京ステーションホテルのような格式ある建物です。現在も多くの患者さんが通っています。
楽しかった台湾旅行も終わりです。今、空港のラウンジで搭乗を待ちながら更新しています。あと3分で搭乗開始です。
帰国してから現実が待ち構えています。充分に英気が養われたので、明日からの仕事を頑張ります。

2016-09-20

台北&九份観光

台北2日目です。今日は午前中に市内観光の定番、忠烈祠(チョンリエツー)と故宮博物院に行きました。
忠烈祠では、衛兵交替式を見ました。イケメン・エリートの精鋭が、眼球さえも微動だにせず立ち続けます。
故宮博物院では、美しい至宝の数々を鑑賞しました。何と撮影が許可されています。
庭園も素敵でした。
隣のレストランでランチを食べました。リージェント台北系列だけあって美味しかったです。翠玉白菜を模した料理が出ました。
午後からは九份に向かいました。「千と千尋の神隠し」の舞台モデルと言われています。ノスタルジーの世界です。
泊まっているリージェント台北内のレストランでディナーを食べました。北京ダックが名物で、今まで海外で食べた中華のフルコースの中では、最も美味しかったです。
美味しい物三昧の1日でした。体重増加必至です。明日もまた観光します。ではまた。

2016-09-19

台北到着

バカンス初日です。今朝、チャイナエアラインに乗り台北に着きました。ビジネスクラスの機内食は、期待以上に美味しかったです。飲み物はリースリング、ボルドーのカバルネ・メルロー、デザートにはポートワインを頂き、至福の時を過ごしました。
リージェント台北にチェックインしました。
市内のレストランでのディナーの後、士林夜市を散策しました。まったく期待していなかっただけに、サプライズな感動がありました。見たこともない食材が並び、地元の人々の生活の一端が垣間見えて面白いです。B級グルメとチープな雑貨は私にとっては物珍しく、好奇心をそそられました。
ある洋品店でお気に入りの品に目が留まり、つい買ってしまいました。可愛い店員さんが、私の好みのものを瞬時に選び、私の体に合わせ勧めてくれました。
買ったのはフィットネス用のブラとレギンスです。部屋に帰り着てみたら、本当にピッタリでした。私は戦利品を手にして、ご機嫌です。
明日も朝から観光です。楽しみです。