2016-07-24

爪水虫でもサンダルOK

昨夜は東京ドームホテルにて城東皮膚科女医会があり、爪白癬の外用療法に関する講演がありました。そのうち読者の興味を引きそうな話題を紹介します。

爪白癬に対して、クレナフィンやルコナックによる外用療法が行われるようになりました。肥厚した爪への浸透性が高いのですが、マニュキュアを塗った爪には使用できません。演者の先生が面白い実験をされました。数種類のマニュキュアをスライドガラスに塗り、その上に外用液を落としたところ、まったく浸透せずに表面に付いたままか、あるいはマニュキュアが溶解して汚らしく剥げてしまったか、のいずれかの結果だったそうです。
今の季節、女性の患者さんは爪白癬を隠そうとマニュキュアをされる方もいらっしゃいますが、そのままでは塗り薬の治療を諦めるしかありません。それでもオシャレしてお出かけのときには、サンダルを履きたいという願望はあることでしょう。
そこで、良い物を紹介して頂きました。フェイクネイル5本指ストッキングです。ショート丈もあり、通販で1,400円ほどで購入できます。
ちょっと見には、素足にネイルアートを施したように見えます。服や履物に合わせてバリエーションを楽しめます。
爪白癬の治療中でも、手軽にオシャレを楽しむことができるのは朗報ですね。

さて私自身はサンダルは履きません。通常は靴下とウォーキングシューズです。外反母趾も予防したいですし、通勤中の歩行も大事なエクササイズなので、歩きやすさが最優先です。夏は紫外線と虫から肌を守りたいですし。
それでも足の爪は、常にマニュキュアを付けています。ラメ入りの派手な色です。素足で行うベリーダンスとヨガを週に4回ほどやっており、足の爪を見られる機会は多いです。仕事柄、手にはマニュキュアを付けられないため、せめて足の爪だけでもオシャレしたいと思っています。

0 件のコメント:

コメントを投稿