2016-07-03

ツバメとのせめぎ合い

当院が新築して4年たち、5年目の夏です。毎年、玄関の軒下にツバメが巣を作り、階段に糞が落下してしまうため、段ボール箱を置いていました。丁度患者さんが頻回に出入りする場所なので、ツバメの糞が患者さんの頭上に落下しないかと、ヒヤヒヤしていました。
今年も4月頃より、つがいのツバメが軒下に飛んでくるようになり、巣作りを始めました。巣が完成し産卵する前に、他の場所に移ってもらおうと、連日のように見つけ次第、水で洗い流すか、柄の長い剪定挟みで撤去していました。それでもツバメは諦めません。壊されても翌日には、同じ場所に巣作りを再開します。当院の軒下が巣作りと子育てに適した安全な場所なのでしょう。
ツバメは縁起物と言われ、愛らしい生き物ではありますが、店舗の玄関に作られてしまうと迷惑です。人が通らない他の場所なら良いのですが・・・。
このツバメは、人を恐れたり警戒する様子はまったくありません。ある朝、私と目が合っても逃げもせず、カメラを向けてもじっと私を見つめていました。
もしかしたら人が好きなのかもしれません。

0 件のコメント:

コメントを投稿