2016-05-25

ボストンvs柏

今月14日に、柏駅南口のDay Oneタワー3階にパレット柏がオープンしました。ここに柏市民ギャラリーが新装開館し、現在、摘水軒(てきすいけん)記念文化振興財団(地元の柏にあります)コレクション展が開催されています。今日、行って来ました。
「六大浮世絵師」と呼ばれる春信、清長、歌麿、写楽、北斎、広重の作品をはじめとする珠玉の肉筆浮世絵が展示されています。「六大浮世絵師」の作品全てを所蔵しているのは、ボストン美術館のほかには、摘水軒記念文化振興財団だけだそうです。
34点の作品が展示され、美人図が多かったです。国芳の三美人化粧の図では、上半身裸体の女性が描かれていますが、体型は直線的なずん胴に見えます。現代の美女とは趣きが異なりますが、艶めかしい色っぽさが表現されています。
最も目を引いたのは、作者不詳ながら上野浅草吉原図の屏風絵です。吉原の風物詩が微細に描かれ、興味をそそります。
色鮮やかな浮世絵にしばし、見入りました。柏にいながらボストン美術館級の美術作品を観ることができて感動しました。
肉筆浮世絵は今月30日までで、来月1~16日までは花鳥動物画に作品が入れ替えられます。開館時間は10~17時で、入場料は何と無料です。

0 件のコメント:

コメントを投稿