2016-04-01

初めてのピアス

意外に思われるかもしれませんが、私は今までピアスを付けたことがありませんでした。ダンスの発表会のたびにイヤリングを落としていましたが、何となくピアスに抵抗がありました。指輪すら嫌いで、結婚指輪など、とっくの昔に外してしまいました。ましてや体内に金属を留置することに、抵抗ありました。今まで多くの患者さんにピアッシングをしてきたにも関わらず、です。
それなのに今日突然、ファーストピアスを装着してしまいました。
理由は・・・
当院で採用していた米国I社製のピアスが、今後入手できなくなってしまいました。世界的シェアを誇るトップブランドです。術者にとっても易しいし、患者さんにとって金属アレルギーの心配のない純チタン製で、穿孔針の太さが直径0.8mmと細いため、痛みはほとんどありません。ほとんどの患者さんは覚悟したよりも、痛くなかったとおっしゃいます。
この春も連日ピアス希望の患者さんが来院され、在庫はわずかになってしまいました。
そこで新商品を選定中です。やはり従来品と遜色のない条件を満たした商品を選びたいところです。
私の手元に、何年か前にサンプルで譲り受けたピアスがありました。古いので患者さんには絶対に使えません。破棄するくらいならば自分の耳に試したいと思い、看護師に付けてもらいました。実は直径1.2mmと太目のものでした。一瞬痛くて、その後もしばらくジンジンしました。
やっぱり痛くない、かぶれない、安全なものが良いですね。新商品が納品されたら、またお知らせします。

0 件のコメント:

コメントを投稿