2016-01-29

シワリスクが低い?!

某大手化粧品会社による角層バイオマーカー解析を受け、その結果が今日届きました。
頬に専用の角層テープを貼って剥がし、付着した角層細胞から肌の美しさに関わるタンパク質を抽出して、1、乾燥老化リスク、2、シミリスク、3、シワリスクの3つの視点で、現在の肌の状態とエイジングリスクに関する傾向が示されました。

結果は予想外でした。
自分では、私の肌はシミリスクは人並みで、乾燥には強いが、シワができやすいと思っていました。

ところが解析の結果は逆で...
「活性酸素を除去する抗酸化力が高く、紫外線ダメージによるシワへの影響が少ない。
コラーゲン修復力があるため、弾性力は低下しにくい。
表皮細胞の活性が十分にあり、肌の代謝が良い状態。」
同年代平均と比較し、シワリスクが極めて低いと評価されました。嬉しい結果でした。
おそらく私が皮膚癌になることはまずないでしょう。

一方では、「バリア機能が低下し、刺激感受性が高い」乾燥ダメージ徹底注意肌と評価されました。
アトピー性皮膚炎の既往もない正常な肌だと思っていましたので、驚きました。今の時期は暖房の影響で、より乾燥しやすいのでしょう。
シミリスクは平均レベルでした。炎症と紫外線によってシミができますので、徹底して防御しています。

今の私に必要なことは、保湿対策のようです。
一方、今の抗酸化力を維持するために、ポリフェノールたっぷりの食生活をこれからも続けていきます。

0 件のコメント:

コメントを投稿