2015-11-06

風邪のひき始めには

寒くなりましたので、体調を崩されている方が多いようです。
実は私も一昨日に旅行から帰ってから喉が痛くなり、昨日朝には全身倦怠感、そして仕事中に頭痛と寒気がしてきました。診療終了後に検温したら37.2℃と微熱がありました。
昨夜は、ある大事な会合があったのですが、急遽キャンセルし早目に帰宅しました。私は風邪をひいても薬を飲んだことが滅多にありませんが、昨日はドラッグストアを覗いてみました。OTCの感冒薬を買ったことがないので、物珍しさもあり眺めていたら、葛根湯が目に留まりました。知人の内科医が「風邪のひき始めには葛根湯が効く。」と言ったのを思い出し、30ml×3本入り1日分を買いました。
買ったら速攻で飲みました。液体のシロップなので、水なしでもそのまま飲めます。味も悪くありません。

帰宅して数時間後に検温したら、平熱に下がり倦怠感も失せていました。
水分をたっぷり摂り、入浴してから早目に就寝しました。
そして今朝の目覚めは快調で、咽頭痛も完全に治まり、一晩で風邪は治ってしまったようです。
葛根湯の即効性に驚きました。1日分飲み切りで十分です。漢方薬のパワーは侮れません。

昨日も今日もマスクをして診療しました。マスクをすると困ることが2つあります。
一つは、吐く息でメガネのレンズが曇ることがあります。この解決法は、マスクを下眼瞼の近くまで引き上げて被せるようにメガネをかけることです。こうするとメガネは曇りません。(仕事中はノーメイクに度の強いメガネをかけています。)
もう一つは、マスクのゴムが耳に当たり痛くなります。この解決法は、ゴムにヘアピンをかけてサイドの髪に留めることです。こうすると耳に直に当たらないので、長時間つけていても全く痛くなりません。(男性には難しいかもしれません。)
いずれも私が経験的に考え出しました。
マスクを付けると、気道粘膜を乾燥から防ぎ湿潤した環境に保ち、感染防御にも役立ちます。是非、お試しください。

0 件のコメント:

コメントを投稿