2015-11-11

ブロードウェイ×宝塚

今日は東急シアターオーブにて「プリンス・オブ・ブロードウェイ」を観ました。ハロルド・プリンスが手掛けたブロードウェイ・ミュージカルの名曲・名場面集のオムニバスで、そのほとんどがトニー賞受賞作品です。私の知らない古い曲が半分以上でしたが、新鮮な魅力でした。

話題は何といっても、宝塚歌劇団の男役の元トップスター、柚希礼音です。初めての女役だそうです。ブロードウェイのスターたちと引けを取らない歌唱力と素晴らしいダンスを披露していました。彼女が舞台に出ると、一際大きな拍手が起こりますし、私が最も注目し魅了された出演者でした。セクシーな衣装も似合いましたし、「蜘蛛女のキス」を日本語で低声で歌ったのは最高に素敵でした。ハンサム・ウーマンに惚れ惚れと見とれてしまいました。
日本人が本場のスターと互角に活躍する姿を見ると、嬉しくなります。さらに大きく羽ばたいて欲しいと期待します。
会場ではカーテンコールでの撮影も許可されませんでしたが、柚希礼音のブロマイドが配られました。

0 件のコメント:

コメントを投稿