2015-10-30

慶應大学皮膚科の病診連携の会

昨夜は、明治記念館にて第1回信濃町臨床皮膚懇話会がありました。慶應大学皮膚科が主催する病診連携の会です。意外にも今回が初めてだそうです。出身医局の垣根を超えて、患者さんを慶應大学皮膚科に紹介された開業医の先生方が招待されていました。ご案内を頂いたときに、慶應大学の関係者ではない私が参加してもよいのかしら、とも思いましたが、参加してみて主催者側の熱心な意図が良く分かりました。
講演は、乾癬と皮膚悪性腫瘍の診療内容の紹介でした。
特に悪性腫瘍の化学療法を積極的にされているようで、入院せずとも腫瘍センターで日帰りで行うそうです。清潔で快適なリクライニングシートで、読書やパソコンをしながら受けられるとのこと。患者さんは仕事を続けながら、癌と闘うことが可能です。感銘を受けたのは、最期まで看取る体制があることです。終末期の患者さんの6割が大学病院で看取られ、3割は地元の医療機関、1割は在宅だそうです。患者さんの生活の質に配慮した医療が行われている印象でした。

講演終了後の懇親会では、見知らぬ先生方ばかりでしたが、自己紹介をして楽しく歓談させて頂きました。驚いたことに、参加された先生の中で私のブログの読者の方がいらっしゃいました。
「ブログの先生と直にお会いできて、感激です。」とおっしゃって頂き、私の方こそ感激しました。初対面にも関わらず私のことを良くご存知の様子で、お会いできて光栄です。
年代の近い先生方と親しくさせて頂きました。
そして、今年入局したばかりの新人の先生方とも楽しくお話しました。私の娘とほぼ同年齢の若いお嬢様方です。仕事と子育ての両立につき熱心に尋ねられましたので、ほろ酔いも手伝い、普段あまり人に語ったことがないことまでしゃべってしまいました。若い先生方を見ると、試練を乗り越えて頑張って、と応援したくなります。
「先生の肌、キレイ!」と褒められ、上機嫌で明治記念館を後にしました。

0 件のコメント:

コメントを投稿