2015-09-30

美しい肌と髪に必要な栄養素

今日は、爽やかな秋晴れです。私は休日を堪能しています。朝は、自宅の広いバスタブでマイクロバブル浴をしてリラックスしました。昼は、近所のスーパーで旬のサンマを買い、焼いてスダチをかけて食べました。油がたっぷりのって美味しかったです。秋は気候も良く、野菜や果物など美味しい食材が出回り嬉しいです。

さて、前回は薄毛の話題でした。健康な髪のためには、外から塗る薬だけでなく、食べ物も重要です。肌と髪にとって共通して、必要な栄養は・・・。
1、タンパク質。肉、魚、卵、乳製品、大豆製品などに含まれますが、食品ごとにアミノ酸スコアが異なりますので、片寄らないことも大切です。

2、亜鉛。亜鉛は細胞の増殖および発生・分化に必須な微量元素であり、摂取されたアミノ酸をケラチンタンパク質に再構成する働きをします。表皮細胞は亜鉛の欠乏によってアポトーシスに陥りやすいそうです。亜鉛が欠乏すると、下痢や脱毛、皮膚炎など様々な症状が出現します。眼瞼、口周り、肛門、四肢末端に限局した亜鉛欠乏性皮膚炎は有名です。
精子を作るのにも必要で、受精機能に関わる精子の運動性にも関与しています。テストステロンの合成に関与する酵素の組成にも関わります。
牡蠣、牛肉、乳製品、ゴマ、ナッツ、小麦胚芽などに含まれます。

3、ビオチン。ビタミンB群の1種で、アミノ酸の代謝に関わる酵素の補酵素として働きます。ケラチンタンパクの生合成を促します。
レバー、魚、ナッツなどに含まれます。

さらに若々しい美肌のためには、抗酸化力のあるビタミンEと良質な脂質も必要です。
良質な脂質とは、
1、ω3(α-リノレン酸)。 DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)の原料です。サバや鮭などの魚、クルミに多く含まれます。
2、ω9(オレイン酸)。オリーブオイル、アーモンド、アボカドに多く含まれます。
3、中鎖脂肪酸。ココナッツオイルに含まれ、認知症の予防効果もあります。

肌と髪に良い食材は、全身の若さと健康を保つためにも必要な食材です。食事で摂るのが最も良いのですが、難しい場合にはサプリメントもお勧めです。ちなみに私は1年以上前よりマルチビタミン&ミネラル、EPA&DHAのサプリを毎日摂っています。もちろん食事でも、青魚、乳製品、大豆製品、ゴマ、ナッツ、オリーブオイル、ココナッツオイルは毎日欠かさず摂っています。
お蔭で、昨年も今年も髪の抜け毛が気にならず、ミノキシジルは使わなくても済んでいます。まずはカラダの中からのケアを始めましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿