2015-09-16

ブロードウェイのスターと握手

今日は東急シアターオーブにて、ブロードウェイミュージカル「ピピン」の公演がありました。ダンスにアクロバットとイリュージョンマジックを盛り込んだ、ワクワクするステージでした。
物語の主人公は、西暦800年に西ローマ帝国の皇帝に即位したカール大帝の息子ピピン。大学を優秀な成績で卒業し、何一つ不自由のない恵まれた環境に居ながらも、いつも心が満たされず虚しさを感じながら人生の目的を求めていく、というストーリー。
登場人物中、最も印象的だったのはピピンのおばあちゃん役のプリシラ・ロペスでした。トニー賞を受賞したベテラン女優で御年67歳。人生に行きづまり暗い顔して訪ねてきた孫のピピンに、「クヨクヨしてるひまなんかないのよ!」とハッパをかけ、見事な脚線美と肢体でアクロバットを披露しました。圧巻の演技で観客を魅了しました。

第1幕が終わり、第2幕の開幕直前に、ピピン役のブライアン・フローレスが観客席に現れ、何と空席だった私の隣に座りました。私は驚いて、とっさに手を出し握手を求めました。彼は笑顔で握手に応えてくれました。第2幕が開幕しても席を立たず、リラックスした様子で舞台を見つめていました。私は舞台よりも美しい彼の横顔に見とれていました。まもなく自分の出番になるとおもむろに席を立ち、疾走して舞台に駆け上がりました。一瞬の夢のような出来事でした。場内は当然撮影禁止でしたので、写真はありません。

ブロードウェイミュージカルの主役スターと隣り合わせで握手できるなんて、いつもながら私はラッキーな出会いがあります。気分も高揚し、ご機嫌になりました。
2013年トニー賞4部門を受賞し、そのメダルが飾られていました。

0 件のコメント:

コメントを投稿