2015-09-13

オールスター夢の競演

昨夜は、かめありリリオホールにて東京国際ベリーダンス大会があり、コンペティションの後に審査員の先生方とスペシャルゲストによる豪華パフォーマンスがありました。私は今回は観るだけで楽しませて頂きました。
国内審査員は、日本のベリーダンス界の草分け的大御所でした。日本で正統派ベリーダンスをされている方は、大御所のお弟子さんか、さらにそのお弟子さんです。私もその一人です。
印象的だったパフォーマンスは、海外ダンサーの1人がヨガの要素を取り入れ、イスラムとヒンズーの世界を融合させたような独特の世界観を表現していました。鍛え抜かれた完璧な肉体美を披露していました。

国内ダンサーでは、ニコルさんとニコル組による「吉原炎上」が、幻想的で妖艶な美しさを見事に演じていました。花魁と若旦那の物語を描く、儚くも悲しい愛の物語だそうです。ベリーダンスに和の演出をすると、欧米人には真似ができない日本人ならではの美しい世界を表現できます。ニコルさんの感情表現は天下一で、只ならぬオーラがあります。目力に魅了されてしまいました。

そして、大御所の一人バービー・マコ先生のダンスも期待通りに素晴らしかったです。衣装も曲に合わせてフラメンコ調でした。私のベリーダンスの師匠の師匠です。4~6月の3カ月間、毎週水曜日に四谷のスタジオに通い、直にレッスンを受けました。適確で丁寧な指導で、大変に勉強になりました。11月の発表会で、またマコ先生にお会いできるのを楽しみしています。それまでにもっと上手になっていたいです。

会場内を見回すと、プロとアマチュアのベリーダンサーばかりでした。一目で分かります。私は前から2番目の中央の席でしたが、隣の隣には有名な男性ダンサーが座っていました。(当ブログにも写真を載せたことがあります。)出演者も観客もオールスター夢の顔合わせのビッグなイベントでした。
出演者の皆様です。
後列中央の外国人ダンサーがヨガを披露し、その隣で赤い着物を着ているのがニコルさん。後列左から2人目がマコ先生です。

0 件のコメント:

コメントを投稿