2015-06-28

高齢者の免許証返上

この1週間、本業の診療も繁忙期にあり、夜は連日のように講演会&懇親会が続き、ブログの更新もままなりませんでした。
25日木曜日には、JAとりで総合医療センターにて、恒例の医療連携講演会がありました。「認知症に関する最近の話題」です。一部を紹介します。
6月11日の衆院本会議で、改正道交法が全会一致で可決されました。
「75歳以上の高齢者が、免許更新時の検査で認知症の恐れがあると判定された場合、医師の診断書の提出が義務付けられ、発症していたら免許を停止か取り消しにする。」という内容です。

都市部と違い山間部では、運転を中止されたら買い物や通院が困難になり、活動性が低下し認知症自体が悪化する可能性もあります。しかしながら、一定の線引きは必要と考えます。

講演を聴きながら思ったこと。
それは高齢ドライバーのみならず、すべての国家資格を有する者は一定の年齢に達したら、このような措置が必要なのではないかしら?定年制のある雇用労働者ならばともかく、医師や弁護士など自営の場合は特にです。
百寿ながら現役医師として活躍されている素晴らしい諸兄諸姉には敬意を表しますが、私自身は謙虚でありたいと思っています。老醜を晒さず、潔く引くつもりでおります。

そう思うと、医師として働ける日々には限りがあり、1日1日が貴重に思えてきます。日常に忙殺されがちではありますが、悔いのないように日々、診療に励んでいきたいと思います。

1 件のコメント:

  1. 確かに、車がないと困るし、バスとかも走ってない所に住む人には問題ですね
    でも、車が凶器になるのも問題ですからね、難しいですね~
    現状は、医師なんかは更新みたいのないんですか?

    返信削除