2015-05-25

飲む日焼け止め入荷しました

先週末、近隣の小学校では運動会があったようで、強い日差しによる日光皮膚炎の患者さんが何人か来院されました。朝に日焼け止めを塗っていても、汗とともに落ちてしまい、時間が経過すると効果はなくなります。そこで昨年同様に、飲む日焼け止め「ヘリオケア・ウルトラD」を紹介します。

ヘリオケア・ウルトラDは、
2002年にスペインで発売され、世界50ヶ国以上のクリニックで使用されています。実は昨年の7月に商品を発注したところ、スペインの工場で需要に対して供給が追い付かず、納品まで1カ月かかりました。今年は昨年よりも早めに発注し、今日、空輸で届きました。

主成分の「Fernblock」は、中央アメリカに生息する「Polypodium leucotomos」というシダ植物の一種の抽出物から作られています。紫外線A波を吸収し肌を防御する効果と、紫外線を浴びることにより発生するフリーラジカル(活性酸素など)を抑制し、細胞の損傷を防ぐ効果があります。その他の成分は、ビタミンC&E、ビタミンD、ルテイン、リコピン です。
ビタミンDは、紫外線防御による骨粗鬆症のリスクを下げます。ルテインは目を保護し、紫外線による白内障の発症を予防します。

服用方法は、
外出する30分前に1カプセル摂取します。効果は約4~6時間持続します。長時間、太陽の下にいる場合は、4~6時間後にもう1カプセル摂取します。1日2カプセルまでです。子供は4歳以上で可能です。
連日服用でも可能ですし、副作用もありません。日焼け止めクリームとの併用も、もちろん良いです。

一箱30カプセル入りで、当院で6,000円(税別)で販売しております。
家族全員で服用できますので、旅行先に持って行かれるのをお勧めします。診察なしでも商品の購入は可能で、お待たせいたしません。

私も3月にマレーシアとシンガポールに旅行した時に持って行き、滞在中は家族全員で1日2回服用しました。お蔭で日焼けもせず、シミも作らずに済みました。今年の夏も外出時には、日焼け止めクリームとヘリオケア・ウルトラDのダブルで紫外線をブロックします。

0 件のコメント:

コメントを投稿