2015-05-20

オフはレーザーとバレエ鑑賞

昨日火曜日は午前中で診療も終わり、ダンスも退会したため時間的にゆとりができたので、久しぶりに私の顔にフラクショナルレーザーの施術をしました。最近は春と秋の年に2回やっています。使用機種はスターラックス LUX1540で、XDマイクロレンズのハンドピースです。他機種も含めるとこの7年間で通算16回目です。
このレーザーは皮膚にマイクロビームの熱を加えることによって、線維芽細胞からのコラーゲン線維の生成を促進し、皮膚を若返らせます。アイロンをかけたかのように小皺がなくなります。最近は、初期に比べ施術前後の変化が乏しくなりましたが、「変わらないでいる。」ことこそ効いていると感じます。半年後にも今の肌の状態をキープするために、私は定期的に治療を続けたいと思います。
ちなみに私は元々シミがないので、シミに効くレーザーを受けたことはなく、唯一フラクショナルレーザーだけを継続しています。現在、ダウンタイム中で眼瞼の著明な浮腫と点状紫斑が目立ちます。ブス顔です。おそらく明日もまだ残ることでしょう。来週以降のダウンタイム明けが楽しみです。

さて、今日は東京文化会館で国立モスクワ音楽劇場バレエ「エスメラルダ」がありました。原作はヴィクトル・ユゴーの「ノートルダム・ド・パリ」です。私は2013年2月にもフレンチ版ミュージカルを観に行きました。バレエはセリフや歌がないのですが、ダンサー達の演技で登場人物の感情が見事に表現されていました。美しいジプシーの少女を巡って3人の男たちの愛と欲望が描かれ、最後は悲劇に終わります。ミュージカル版と違うのは、少女が幼いときに離別した実母との衝撃的な再開が描かれ、母親の愛情も見事に演じられていました。
美しいロシア人ダンサー達の舞台を鑑賞し、しばし夢の世界に浸りました。

0 件のコメント:

コメントを投稿