2015-05-31

皮膚科学会2015

昨日の午後と本日終日、横浜での日本皮膚科学会の総会に行ってきました。ここのところ学会続きです。
私は、最先端のレーザー治療や発売されたばかりの新薬の話題にも興味がありますが、その一方で、江戸時代に花岡青洲先生が考案された漢方薬や、現代病でもある心身症患者さんに夢を与えるような話題にも興味があります。今回の学会では、多岐にわたる演題が講演され、大変に勉強になりました。

全国各地より皮膚科の先生方が参加されましたが、学生時代の2期下の懐かしい後輩ともばったり再開しました。学会の醍醐味は知識や情報の獲得のみならず、人脈や旧交を温めることができることです。
懇親会では、同門の先生方と歓談しました。20~30年前に仕事や飲み会でご一緒した先生方です。社交辞令と知りつつも、昔と全然変わらないね、と言われると嬉しいものです。
懇親会の会場には、「Derma Dream」と巨大なチョコレートに記されたデコレーションケーキがありました。私は、禁断のショートケーキを数年ぶりに口にしました。
懇親会の最中には、震度4の地震がありましたが混乱もなく、帰り際にライトアップされた横浜港を撮りました。
ところが、ホテルに戻ると異変が起こっていました。なんとエレベーターが止まっており、18階の部屋まで非常階段を昇りました。冷房の効いてない30℃の階段を、酩酊状態で一気に駆け上がりましたので、結構きつかったです。ドイツのケルン大聖堂以来です。
災害時に備え、日頃から筋力トレーニングをすることは必要です。いざという時にあてになるのは、自分の脚力のみです。地震に噴火に、想定外の災害が頻出する昨今ですから・・・。

0 件のコメント:

コメントを投稿