2015-04-09

フレッシュマンにエール

駅構内や車内では、真新しいスーツに身を包んだ新社会人をよく見かけます。学生さんの新学期も始まり、朝の通勤時間帯は混雑しているように思えます。
新社会人の方々は入社して1週間たちましたが、緊張の連続だったのではないでしょうか。この1週間は気温も乱高下しましたので、体調も崩れやすいです。疲労回復のためには良質な睡眠が一番です。健康管理に留意して、お仕事に励んでください。

ところで長女も、ある市中病院で臨床研修が始まりました。300床ほどの中規模病院ですが、私にとっては未知の病院でしたので、気になって先月の卒業式の前日に、こっそりと病院を見に行って参りました。滞在したのはわずか30分でしたが、色々な情報が入り興味深かったです。掲示物の中では、「ハラスメント注意報」が目を引きました。
「現在、医療現場で暴力事件、セクハラ事件が多発しています。それにより職員が疲弊し、良好な医療の提供が難しくなっています。」
「暴力事件、セクハラが生じた場合、スタッフがブザーを鳴らさせていただくことがございますが、ご理解のほどお願いいたします。」
と記載されていました。おそらく実際にブザーを押したり通報したケースはまずないのでしょうけれど、掲示することにより、ある程度の抑止効果は期待できます。医療現場では女性職員が多いだけに、病院側が職員を守ろうとする姿勢が覗えます。
長女は現在、循環器内科をローテート中です。先輩医師の先生方、看護師の方々、そして患者さんにも教えて頂いて、知識と技術を習得することになるでしょう。
ご指導、ご鞭撻、何卒よろしくお願い申し上げます。

さて、当院でも今春、新人事務員が入りました。先輩の手ほどきを受けながら頑張っておりますが、至らぬ点も多々あるかと思います。何卒ご容赦くださいませ。温かく見守りたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿