2015-04-20

フィギュアスケート国別対抗戦2015

国立代々木競技場で、4日間に渡って開催された世界フィギュアスケート国別対抗戦も今日で最終日。私は診療終了後にエキシビジョンを観に行きました。3年連続で観ており、4月の恒例行事になりつつあります。
ハイライトは日本のエース羽生結弦選手の演技でした。羽生選手がリンクに登場するや否や、場内からは「ゆづ~」という黄色い歓声と拍手。演目はソチ五輪でお馴染みの「パリの散歩道」でした。練習に練習を重ね、技術に磨きをかけ、ジャンプはすべて成功し、ソチ五輪を凌ぐ完璧な演技でした。場内は感動の渦に巻き込まれ、演技が終わるとスタンディングオベーションとアンコールの拍手喝采でした。私もしばし感動に浸っておりました。
なおリード・ペアの姉キャシー・リードが今日、引退を表明しました。現役最後の演技は、心を揺さぶられるようでした。長い間、本当にお疲れ様でした。
私は終始、オペラグラスでリンク上の選手を追い駆けるように観続けました。自宅でも4日間分を録画しました。夕食時にワインを飲みながら、録画をじっくり見るのが至福の楽しみです。
今日は次女と一緒でしたので、帰りに新宿伊勢丹のマクロビオティック・レストランで食事をしました。野菜と雑穀がメインのヘルシー料理で、美味しくて満足しました。

0 件のコメント:

コメントを投稿