2015-03-20

LED照明灯

今週、当院に医療用LED照明灯が納品されました。開院以来ずっと欲しいと思っていた機器です。

皮膚科医としてのキャリアは30年になりますが、若い頃から皮膚外科が好きでした。勤務医時代の病院では、皮膚科は外科系のグループに組まれ、月に2回の外科当直では外科・脳外科・整形外科などの救急疾患を診ていました。二次救急の病院でしたが、救急車は絶対に断ってはいけないと言われ、来るもの拒まず何でも診ました。百戦錬磨の修羅場をくぐり、お蔭で度胸も付きました。

開業してからも勤務医時代の技術水準を維持したいと思い、手術は積極的に行ってきました。医院の採光性は抜群ですので、皮膚科診療には最適でした。しかしながら5年くらい前から老眼が進行し、処置や手術中にはハズキルーペをかけるようになりました。一時小さなLED灯の付いたヘッドライトも試しましたが、重くて疲れてきました。
狭い術野での動脈性出血の止血、白ナイロン糸での縫合、微小病変へのレーザー照射など、いずれも「もっと光を!」と渇望しておりました。
このたび満を持して、LED照明灯を買いました。納品された日、手術のときに使いましたが、術野が明るくなり断然やり易くなりました。今から思うと、もっと早く買えばよかったと思います。

20年前に、オペ室の更衣室である同僚が言いました。「外科系医師が現役でバリバリ手術できるのは50歳くらいまでよ。」
進化する文明の利器を駆使すれば、失われつつある身体機能を補いつつ、一定のパフォーマンスを保つことができます。
このLED照明灯は中心照度は85,000LUXで、LED寿命は4万時間と半永久のようです。キャスター付きのスタンド式で高さ1.6m、アームの長さが95cmで上下できます。ヘッドはクローバーの形で可愛いデザインです。小顔で可愛いのに、見かけによらずハイパワーで丈夫で長持ちです。私の好みです。
お蔭で私の現役寿命も延びたように思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿