2015-02-16

Vビームのご案内

昨年12月26日に、新しいレーザー機器Vビームが導入されたことをブログでお知らせしました。先月末に電源工事が完了して、やっと稼働できる体制になりました。対象疾患は単純性血管腫、苺状血腫などで、保険が効きます。
Vbeamから発振される波長595ナノメートルのレーザー光は、血液中のヘモグロビンに選択的に吸収される特徴があります。毛細血管が凝集した病変部では、ヘモグロビンがレーザーの光エネルギーを吸収し、熱変換することで血管内壁が熱破壊されて血管を閉塞させます。

当院には既にロングパルスNd:YAGレーザーがあり、下肢の静脈拡張や口唇の静脈湖(血管腫)、海綿状血管腫、顔面酒さの太めの毛細血管拡張などの治療を行っていました。男性のヒゲの脱毛、イボの治療など多彩な用途がありましたが、いずれも保険外の自費の治療です。
今までは単純性血管腫や苺状血腫などの症例は、当院では治療できず、経過観察か他院を紹介しておりましたが、今後は積極的に治療を行っていきたいと思います。

先日、私の腕にVビームを照射してみましたが、冷却装置が作動するため、ほとんど痛くありませんでした。照射部位は一部で7mm径の紫斑になりましたが、1週間で消えました。
血管腫に対しての治療は1回で完治はせず、約1か月間隔で数回の治療を要します。特に単純性血管腫は年単位での治療になります。

乳児の単純性血管腫は、非常にきれいに治ります。
成人例で結節が多発した症例では、完治は難しいようです。ロングパルスNd:YAGレーザーとの併用が良いかもしれません。
ゴルバチョフさんみたいな赤アザです。きれいに治りました。
赤アザでお悩みの方、あるいはご家族や知人が赤アザでお悩みの方、一度当院を受診してくださるようご紹介ください。

0 件のコメント:

コメントを投稿