2015-01-22

お気に入りの保湿剤

昨日、今日と霙と冷たい雨が続き、寒さの底です。暖房を効かせると湿度が下がり、さらに乾燥します。保湿剤が必須のシーズンです。当ブログでも、たびたび保湿の重要性やお勧めの保湿剤を紹介してきました。なかでも2014年2月25日に書いた「ヒルドイドvsビーソフテン」の記事は、あるサイトにリンクされたようで連日最も閲覧数が多く、当ブログ全体の中でも第2位です。
今日は、新しい保湿剤を紹介します。ガルデルマ㈱(made in Canada)セタフィル・レストラダーム・ボディローション、敏感肌用保湿乳液です。
皮膚バリア機能に関わる成分が配合されています。
・天然保湿因子(NMF)であるフィラグリン分解産物 : ピロリドンカルボン酸ナトリウム(保湿成分)、アルギニン(保湿成分)
・セラミド前駆体 : ヒドロキシパルミトイルスフィンガニン(保湿成分)
その他のヒアルロン酸Naやシアバターなどの保湿成分も含まれていますが、防腐剤や香料は無添加です。
フィラグリンはプロフィラグリンとして表皮で産生され、これが分解することでフィラグリンモノマーとなり、皮膚のバリア機能を担います。フィラグリンはさらに分解され、天然保湿因子として働きます。アトピー性皮膚炎患者の約20~30%に、このフィラグリン遺伝子の異常が見られると言われています。
アトピー性皮膚炎の患者さんに特にお勧めではありますが、この時期に健常人が保湿剤として使用するのにも、とてもお勧めです。
実は、私も自宅で脱衣所に置き、この冬は毎日使っています。入浴後に全身をバスタオルで拭いてから、すぐに顔や首、下肢、踵など乾燥の気になる部位に塗ります。その後に下着や靴下を履きます。朝は、洗顔後にこの保湿剤のみ塗って、他は一切化粧品は使用せず、スッピンで仕事に行きます。紫外線の強い日は日焼け止めを重ねますが、化粧下地もファウンデーションも塗りません。

元々私は面倒くさがりで、顔にあれこれ塗るのは好きではありません。最近は、朝も夜もこれ1本になってしまいました。使用感は、ヒルドイドローションとビーソフテン油性クリームの中間位です。潤うけれどべたつきは気になりません。バランスが最適です。
1本295mlで、税別3,000円です。購入希望される方は、当院でも予約販売いたします。
(余談ですが昨日、柏高島屋ロクシタンで店員さんの勧めで、シアバターを顔に塗ってみました。ロクシタンならではの甘い豊かな香りでした。ただし1個150mlで4,600円とのこと。それに比べたらセタフィル・レストラダーム・ボディローションはお値打ちです。)


1 件のコメント:

  1. 確かに海外ではベストセラー保湿剤だと思います。私も在庫おきたかったが、日本に入ってきたのが遅かったためか、既にネットやコストコで先行販売されて、知っている方はそちらで購入してしまっています。

    返信削除