2015-01-03

新春バレエと新年会

今日は東京国際フォーラムにて、ミハイロフスキー劇場バレエ(旧レニングラード国立バレエ)の公演がありました。丁度5年前の正月に、同じ会場で同バレエ団の公演を観て、昨年はキエフ・バレエを観ました。正月のバレエ鑑賞は恒例行事になっています。
今回の演目は、新春スペシャル・ガラで「くるみ割り人形」、「白鳥の湖」、「ライモンダ」の3部作でした。最も印象的だったのは、ジークフリートを演じたカリスマダンサー、ファルフ・ルジマトフ、そしてライモンダを演じた日本人ダンサー、吉田都さんでした。2人とも舞台に出てきた瞬間、独特のオーラを発散していました。素晴らしかったです。
2Fのロビーには着ぐるみの姿がありました。
終演後、私は日本橋三越内の「なだ万」に向かいました。恒例の妹たちとの新年会です。
懐石料理は老舗のプライドを感じる感動的な美味しさでした。他店舗の「なだ万」と比べ、ここは別格です。
お正月らしい盛り付けで、一品一品が丁寧に作られた上品な味付けでした。
年末年始の休暇は海外旅行には行きませんでしたが、世界一流のバレエを観て、日本の一流料理に舌鼓を打ち、英気が養われました。
明日から仕事が始まります。頑張ります。

0 件のコメント:

コメントを投稿