2014-12-07

タンゴ・ミュージカルの夜

昨夜は、ヒカリエ東急シアターオーブにてタンゴ・ミュージカル「シャンテクレール」を観ました。つい半月前にも同じ会場に行ったばかりですが、こことオーチャードホールを合わせると、今年は毎月のように渋谷に観劇に行きました。

舞台は、1940~50年のブエノスアイレスの伝説のキャバレー「シャンテクレール」。トップダンサーとなったリタナは、男たちの欲望と嫉妬をもてあそび……。往年の管理人が、伝説のキャバレーの歴史を偲んで語り、物語はドラマティックに展開していきます。
タンゴの女王、モーラ・ゴドイが、自らプロデュースしリタナを演じました。彼女が舞台に立つと、ひときわ鮮やかにオーラが発散されます。抜群のプロポーションと超絶技巧のダンスで魅せてくれました。パートナーのマルコスも長身の超イケメンで、ペアダンスはこの上なく官能的でした。

生バンドによる演奏も素晴らしかったです。お馴染みのタンゴの名曲が次々に披露され、楽しませてもらいました。哀愁を帯びたメロディーは、いつまでも脳裏で反芻します。また来年の2月にはタンゴを観に行く予定で、楽しみです。

0 件のコメント:

コメントを投稿