2014-10-26

目から始めるアンチエイジング

昨夜は日本橋のマンダリンオリエンタル東京にて、慶応大学眼科の坪田先生による「目から始めるアンチエイジング」のご講演がありました。坪田先生は抗加齢医学会の理事長をされており、何度か講演を拝聴したり、学会誌で論文を読んだことがあります。
総論的に、アンチエイジングに必要な3つのポイントである食事、運動、ごきげんについて話されました。
ご自身が毎日摂取されているサプリメントを紹介されました。すごい量です。3回ほど喉に詰まらせたことがあるそうです。
ご自身が実践されている運動はランニングマシーンによるトレーニングで、機械は22万円で購入し、とても良い買い物だったそうです。
「ごきげん」になるためには、
①ごきげんな人と付き合う。
②よく笑う。
③少し経済的に豊かになる。
④体調をよく保つ、よく眠る。
⑤自分の強みを新しい方法で生かす。
⑥寝る前に3つの良いことを思い出す。

動物実験でも、「よく遊んでいるマウスはアルツハイマーになりにくい。」そうです。人もまた然り。人生を楽しく謳歌している人はボケにくい。
「幸せな人は長生きする。」というエビデンスもあります。私も、貴重な時間をごきげんになるために有効に使いたいです。
最後に眼科医の立場から、「レーシックや白内障の手術によって若返る人が多い。一方、アンチエイジングによって若返るとドライアイも改善し、目と全身は相互作用する。」と言われました。
抗加齢医学の最新情報わかりやすくまとめてくださいました。私もレーシック手術を受けてみようかしら、と思いました。

情報交換会では、プロの美容部員の方からメイク直しのコツを教えていただきました。そこで「先生のお肌、キレイ!メイクも要らないくらい。」と褒められ、ほろ酔いも手伝い超ごきげんになり、お蔭でアンチエイジングしたように思います。ごきげんが一番です。

0 件のコメント:

コメントを投稿