2014-09-17

初めての脳ドック

今日は人間ドックを受けました。毎年9~10月に受けています。今回はいつものセット項目の他、オプションで初めて脳ドックを受けてみました。特に自覚症状はないのですが、MRI,MRA撮影で微小脳梗塞や脳動脈瘤の有無を一度は見ておきたい、と思いました。

検査の際には、ヘッドホーンを付けられ、安らぎのあるピアノ曲が聴こえてきました。「狭いところ」と聞いた割には、メガネも外され目も閉じていたので全く気付きませんでした。検査台も寝心地が良いので、つい寝てしまいそうでした。機械音が聞こえてきましたが、予想したより不快ではありませんでした。15分位と聞いた割に、短く感じました。あっという間に終わってしまいました。
脳ドックは、健保組合の補助金の対象外なので全額自費ですが、それでも高いとは思いませんでした。まさか自分に限ってとは思い込まず、病気の早期診断は大切なことです。
他のルーチン検査で即日結果報告分では、ほぼ正常でした。

乳がん検診は市の検診を利用したので、自己負担分は1,900円でした。いつもながらマンモグラフィーは胸骨の皮膚を引っ張られるので、痛いです。すべての検査でマンモのみが苦痛を伴います。それでも数秒なので何とか耐えられます。豊胸術(生食バッグ、シリコーン、ヒアルロン酸、ジェル、脂肪注入)やリフトアップ術後の場合、マンモの検査は受けられないそうです。私はこういった手術に関心がなくもないのですが、検診が受けられなくなるので、怖くて受ける気がしません。「ありのままでいい」かと開き直っています。健康第一です。

0 件のコメント:

コメントを投稿