2014-09-28

日本人女性は若く見える

今日は東京コンファレンス品川で抗加齢医学会の分科会「見た目のアンチエイジング研究会」がありました。興味深い演題が盛りだくさんでした。山下理絵先生のご講演はいつもながら面白くてためになります。一部を紹介します。

1、見た目が若い方が元気で長生きする。
70歳以上のデンマーク人の双子1826人を対象に調査。2001年に全対象者の顔写真を撮影し年齢を推定。その後7年間の追跡期間の全体の37%675人が死亡した。死亡者の多くは調査時、実年齢よりも老けて見えた人たちでした。

見た目が若い方が心身ともに健康で認知機能も高い、と私は常日頃から感じていましたが、それが寿命にまで影響することが統計で証明されました。もちろん逆もまた真なり、です。
そして、この定理を世界一長寿の日本人女性に当てはまると・・・。

2、日本人の女性は若く見える。
この原因を2012年5月3日に中国メディアが分析しました。同じアジアやインドやタイの女性と比較しても、日本人女性は若く見られることが多い。それは・・・。
①日本人女性はBaby face
鼻が低く、彫りが浅い。対して欧米人は目の下のクマが目立ち老けて見える。
②体が痩せ型で小柄
③化粧上手
顔の彫りを作るメイクに時間をかけ、化粧が日課になっている。(整形大国の韓国人女性よりも、日本人女性の方が長時間のようです。)
④肌がきれい。
欧米では日光浴が盛んですが、日本ではUVケアを重視している。
⑤自己主張が少ない。
個人主張する欧米人に対して、人に迷惑をかけないという教育を受けているため、協調性が高い。
⑥子供っぽい物に抵抗がない。
大人でもハローキティなどのキャラクター商品を躊躇なく購入し、「素敵」より「カワイイ」と言う人が多い。超可愛的日本人。

3、同じ年齢でも老けて見える人は・・・。
①茶髪、②化粧っ気なし、③肥満、④喫煙者、だそうです。
米国の調査では双子79組の外見で、喫煙者にシワができやすく、肌がくすみ、老化が促進していることが報告されました。
老化は70%が環境因子、30%が遺伝素因です。最悪の老化環境因子はタバコの煙です。
40歳の双子で18年の喫煙者は、まるで18歳年上のように見えます。老けたくなかったら直ちにタバコをやめることです。

さて私の場合、普段化粧をほとんどせず、UVケアのみで下地もファウンデーションも使用せず、たった3分間のポイントメイクです。時間がなくてやっていられないのが実情です。
今日は、メイクの実演講座もありました。若く見せるコツは、白っぽいコンシーラーを窪んでいる部位にピンポイントで付けることだそうです。あたかもヒアルロン酸注入の要領で。(私にとっては、メイクよりもヒアルロン酸注入の方が得意です。)
今日の研究会では、スポーツ整体トレーナーやモデル出身のウォーキングインストラクターによる講演もあり、通常の学会とは趣向が違い勉強になりました。

2014-09-26

今年は秋が繁忙

今日は例年並みの汗ばむ陽気ではありましたが、ここ数日、10月下旬のような涼しい気候が続き、今年は季節の変遷が早いような印象です。各地で局地的な豪雨に見舞われたり、予測できない異変が起こっています。
さて当院でも開院以来、というより私の皮膚科医生活30年で初めての異変が起こりました。通常、皮膚科のトップシーズンは7~8月です。昨年までは明らかにそうでした。ところが今年の夏、特に8月は拍子抜けするくらいに空いていました。(といっても例年よりもという意味で、待っている患者さんにしてみれば相変わらず混んでいると思われたことでしょう。)一体、どうしたのかしら?と思っていたところ、今月に入り連日混雑しており真夏を凌ぎました。不思議です。
私にとっては、夏の猛暑の中でカラダが楽できて体力を温存しつつ、過ごしやすい季節になってから繁忙期を迎えることができて、喜んでいます。
「気温に相関して患者さんの数が多くなる。」という方程式は、当てはまらなくなってしまいました。予測不可能です。ご来院の際には、インターネットのアイチケットのサイトで当日の混雑状況をご覧いただくのが一番です。

私のプライベートの予定も、今週末から11月末まで埋まってしまいました。秋は学会、講演会、懇親会など行事が多いです。私もちょっとした講演を依頼されて、その準備もしています。パワーポイントでのスライド作成は久しぶりですが、やりだすと面白くてはまってしまいます。行事の間隙を縫って、懲りずに観劇のチケットも買いました。
私の手帳はスケジュールで埋まってきています。今年も後、3か月ちょっとです。月並みですが恐ろしいくらいに早いです。

2014-09-23

カリブの風を感じて

晴れやかな秋分の日、中野サンプラザにて、トリニダード・トバゴから来日したスティール・バンドの公演を聴きに行きました。

20世紀前半、アフリカ系黒人がイギリス人によってドラムを取り上げられ、その代わりに石油のドラム缶を叩いて生まれたのがスティールパン(ドラム)です。まだ歴史の浅い若い楽器ですが、その後、12音階を奏でるメロディ楽器に進化しました。
私は中南米の音楽と楽器が大好きで、以前からスティールパンを生で聞きたいと思っていましたので楽しみでした。イメージ通り、いかにもカリブ海の島らしい陽気なメロディやポピュラー、ロック、日本の歌謡曲などが次々と披露されましたが、私が最も感動したのは、バッハの「G線上のアリア」でした。ドラム缶がクラシックと結びつくとは思えなかったのですが、スティールパンは洗練された美しい旋律を穏やかに、優雅に奏でていました。心が洗われるような衝撃でした。
「G線上のアリア」は、私にとって思い出深い曲です。新婚旅行でスペインのトレドの教会を訪れたとき、パイプオルガンの演奏が聴こえてきました。以前から知っていた曲ではありましたが、とても新鮮な響きがありました。

初めて生で聴いたスティールパンの多彩な魅力の虜になってしまいました。逆境にもめげず、身近な廃材で素晴らしい楽器を創り出した黒人のパイオニアたちの知恵と音楽に対する情熱に敬服します。バンドのメンバーのポリシーは、「スティールパンの音で聴いている人にハッピーを届けたい。」そうですが、十分にハッピーな時間を過ごすことができました。

2014-09-22

ブラインドタッチもお手の物

ブラインドタッチ、パソコンのキーボード操作ではありません。レーザーのセルフ打ちです。

今日、私の顔にフラクショナルレーザーの施術をしました。最近は春と秋の年に2回やっています。使用機種はスターラックス LUX1540で、XDマイクロレンズのハンドピースです。他機種も含めるとこの6年半で通算15回目です。
実は、昨日、今日と2人の患者さんにフラクショナルレーザーの施術をしました。ここ数年間に渡り何度もリピートされている方ですが、やはり肌を若い状態で保たれています。継続は力なりと実感し、私もやりたくなりました。

同業の先生方からは、「自分では危なくない?」とよく言われます。私の場合、閉眼でハンドピースを持って、ブラインドタッチで少しずつずらしながら、顔中万遍なく照射していきます。眼瞼は慎重に、時々鏡も見ながらやります。焼けムラもなく均一に顔全体が赤く腫れます。目を瞑っていてもできてしまい、手慣れたものです。

私は痛みに強いので、麻酔クリームを使ったことがありません。数時間経過しましたが、現在、眼瞼の浮腫が目立ちます。明日は祝日のため仕事は休みです。おそらく明後日には、浮腫はほぼひいていることでしょう。
フラクショナルレーザーによるリジュビネーションは、私の最もお気に入りです。最近は、初期に比べ施術前後の変化が乏しくなりましたが、「変わらないでいる。」ことこそ効いていると感じます。半年後にも今の肌の状態をキープするために、私は定期的に治療を続けたいと思います。

秋は、美容治療の最適なシーズンです。適度の気温と湿度のため、術後の灼熱感もさほど不快ではありません。

2014-09-17

初めての脳ドック

今日は人間ドックを受けました。毎年9~10月に受けています。今回はいつものセット項目の他、オプションで初めて脳ドックを受けてみました。特に自覚症状はないのですが、MRI,MRA撮影で微小脳梗塞や脳動脈瘤の有無を一度は見ておきたい、と思いました。

検査の際には、ヘッドホーンを付けられ、安らぎのあるピアノ曲が聴こえてきました。「狭いところ」と聞いた割には、メガネも外され目も閉じていたので全く気付きませんでした。検査台も寝心地が良いので、つい寝てしまいそうでした。機械音が聞こえてきましたが、予想したより不快ではありませんでした。15分位と聞いた割に、短く感じました。あっという間に終わってしまいました。
脳ドックは、健保組合の補助金の対象外なので全額自費ですが、それでも高いとは思いませんでした。まさか自分に限ってとは思い込まず、病気の早期診断は大切なことです。
他のルーチン検査で即日結果報告分では、ほぼ正常でした。

乳がん検診は市の検診を利用したので、自己負担分は1,900円でした。いつもながらマンモグラフィーは胸骨の皮膚を引っ張られるので、痛いです。すべての検査でマンモのみが苦痛を伴います。それでも数秒なので何とか耐えられます。豊胸術(生食バッグ、シリコーン、ヒアルロン酸、ジェル、脂肪注入)やリフトアップ術後の場合、マンモの検査は受けられないそうです。私はこういった手術に関心がなくもないのですが、検診が受けられなくなるので、怖くて受ける気がしません。「ありのままでいい」かと開き直っています。健康第一です。

2014-09-16

飛び石休診

昨日は敬老の日で祝日、明日は水曜日で定期休診日、今日はその間に挟まれて診療しましたが、予想通り混雑しておりました。学校によっては先週末が運動会のため、今日が振替休校だったのも影響したようです。午前中のみで105人の患者さんが来院されました。正午過ぎ、待合室が混んでいる状況の中、震度5弱の地震が発生し、一瞬どきっとしましたが大事に至らず安堵しました。今日は大変お待たせして申し訳ありませんでした。

さて、水曜日が定休日と定着しつつありますが、今月と来月は休診日が不定期になります。
来週24日(水)、来月の8日(水)、22日(水)は診療いたします。おそらく、とてもすいていると予想します。お仕事が水曜定休日で、当院の受診が難しかった方にとってはチャンスです。午後からの美容治療も行いますので、ご希望される方はお早めにお電話くださるようお願い申し上げます。

2014-09-15

映画「舞妓はレディ」

3日間の連休、いかが過ごされましたか?私は土日は仕事で、今日敬老の日がお休みでした。昨夜は、仕事とダンスのレッスン後に、柏の葉で周防監督の最新作「舞妓はレディ」を観ました。「Shall we ダンス?」以来、18年ぶりの本格エンターテインメント大作です。

コテコテの周防ワールドを堪能できて、理屈抜きで面白いです。「マイフェアレディ」のストーリー同様に、方言訛りの少女が大学の言語学者や姐さん衆から厳しくも温かい特訓を受けて、舞妓に成長していく姿を描いた物語です。ミュージカル仕立てなので、歌と踊りを楽しめます。一緒に口ずさみたくなる様な親しみやすい音楽です。16歳主演女優の歌が上手いこと。草刈民代、竹中直人、渡辺えりなど、お馴染みのベテラン俳優の演技が光ります。私が大好きなパパイヤ鈴木が、ダンスの振付を担当しています。
踊りのお師匠さんの厳しい稽古は、迫真の演技でした。「足、左右逆やわ。反対側に回ってどうするん。一体、何遍ゆうたら分かるん。もうやめい。稽古せんなら来んでええわ。」次々に叱声が飛びます。主人公の委縮する気持ちがよく分かります。
途中スランプに陥りながらも修行に耐えて、遂に舞妓としてデビューすることができ、ハッピーエンドで終わりました。

花街では、3つ基本京言葉を使いこなすことが肝要だそうです。
「おおきに」
「すんまへん」
「おたのもうします」
こういった言葉は、コミュニケーションをスムーズにしていくために、万国共通で最も必要な言葉だと思います。

映画を観終わって帰宅してからも、ふと気付くと「舞妓はレディ~。」とテーマソングを歌っていました。

2014-09-13

裸眼が一番

私は中学生の頃より近視のメガネをかけています。学生時代よりコンタクトレンズも併用しています。5年前より老眼を自覚するようになり、遠近両用のコンタクトレンズを使いだし、7月18日のブログ記事で遠近両用メガネを初めて作ったことを書きました。この夏はメガネのお蔭で遠くも中距離もくっきり見えて、電子カルテの入力も楽でした。ところが近い距離の皮膚の微小病変を診るときは、やはりその上から拡大鏡もかけていました。
今月に入り「夏の皮膚科の嵐」も過ぎ去り心に余裕ができたので、イボやウオノメの処置や術後の抜糸をするときに、メガネを外し裸眼で試みてみました。すると、非常によく見えてスムーズにできました。裸眼での処置に味を占めて、実は昨日よりレーザー治療と手術も裸眼で行ってみました。術野は鮮明に見えました。
医師になって以来、裸眼で仕事をするなんてありえないことだとずっと思っていました。皮膚科医の仕事は、見えて何ぼです。見えなければ商売あがったりです。

大昔、医師になりたての25歳の頃、40歳代後半の先輩医師が術後の抜糸に難儀しているのを見かけ、「やりましょうか?」と声をかけたら、「結構です。」と言われたことがありました。今から思うと、研修医に言われてムッとされたことでしょう。30歳代で勤務医の時には、「外科系医師がバリバリ手術できるのは50歳くらいまで。」と同僚が言ったのを記憶しています。
そして今、自分がその年齢を過ぎ、それでも相変わらず手術を続けています。やっぱり私は皮膚外科が好きなのでしょう。

ただし裸眼では、10cmの距離に近付かないと診えません。患者さんに私の顔が近付くことになり、びっくりされるかもしれません。特に男性の方は焦るでしょう。その際には、何卒ご容赦ください。老眼に鞭打って診察をしていますので。

アフターファイブになると、コンタクトレンズをして睫毛を盛り、若作りをします。オンとオフとでメリハリをつけています。
同年代の同業の先生方は、通常の診察のとき、顕微鏡での検鏡のとき、処置や手術のとき、それぞれメガネや拡大鏡をどのように使い分けされていますか?とても気になります。

2014-09-10

マシュー・ボーンの「白鳥の湖」

今日は、マシュー・ボーンの「白鳥の湖」を観ました。古典的な「白鳥の湖」がアレンジされ、チャイコフスキーの名曲とともに男性ダンサーが踊りました。
あらすじは、英王室の王子が恋人との結婚を女王に反対され、挙句に場末のバーでの醜態をパパラッチされてしまいます。湖で自殺を考えていたところ、白鳥の群れに出会い、1羽のオスのザ・スワンと恋(?)に落ちます。舞台は一転し、王室でのセレブ達が居並ぶパーティー。ザ・スワンが人間の男性ザ・ストレンジャーに変身し、次々に女性ゲストや女王を誘惑します。全体を通して、私はこの場面が最もお気に入りです。美しく魅力的な女性ダンサーたちとの挑発的で官能的なペアダンスは、エキサイティングです。終いには嫉妬した王子が、発砲し誤って女性を撃ってしまいます。この後、王子は精神病棟に監禁され、妄想に苛まされます。病室に白鳥の群れが押し寄せ王子を襲い、そこでザ・スワンが王子を守り、2人(?)は死して結ばれました。
ホモセクシャルというよりバイセクシャルな関係のようで、古典のようにシンプルではないので、観ていてストーリーを理解するのが難しかったです。
男性ダンサーの群舞は優雅さと力強さを兼ね備え、女性の群舞とは違う魅力がありました。上半身裸体の熱演で、遠目にも汗が光っているのが見えました。
最後のカーテンコールでは、撮影が許可されました。いつもながら、東急シアターオーブならではのサービスです。

2014-09-07

ココナッツオイルを肌に塗っても大丈夫?

ココナッツオイルがブームになりつつあります。私もココナッツオイルを愛用しています。ただし、あくまで食用としてです。一方ネット上では、髪や肌のスキンケアとしてココナッツオイルを用いることを推奨した記事も目立ちます。昨夜、私も試してみました。入浴後に顔全体に塗ってみました。ココナッツの甘い香りがアロマオイルのようで、気分が和らぎます。伸びが良いので1滴で十分顔が潤い、その割にべたつきません。
しかしながら皮膚科専門医、アレルギー専門医の立場からは、安全性には疑問を抱きます。それは経皮感作によるアレルギーのリスクです。

専門医の先生方にとっては、茶のしずく石鹸による加水分解小麦アレルギーの問題は記憶に新しいことと思います。
ピーナッツの経皮感作によるアレルギーも、トピックスになりました。
2003年イギリスの小児科医Lack G.らは、13971人の入学前の子供たちを調査して、49名のピーナッツアレルギー児を見出しました。これらの症例において、ピーナッツアレルギーを起こす原因を研究した結果、最大の要因はピーナッツオイルを含んだ皮膚保護用製剤の使用であることを結論しました。食べることでアレルギーを起こすのではなく、微量のピーナッツ抗原が残存するピーナッツオイルを含む製剤を皮膚に塗ってピーナッツ抗原と接触することで食物アレルギーが激しくなっていく可能性を指摘しています。

さらに彼らは2008年には、二重抗原曝露仮説を発表しました。食物アレルゲンの経口摂取は、食物アレルギーの発症を抑制し、皮膚からの食物の侵入は食物アレルギーを引き起こすという考えです。、皮膚からの食べ物の侵入を防げば、食物アレルギーの発症も防げる可能性を示唆しています。
専門医の先生方にとっては、この赤ちゃんのシェーマは学会や講演会でお馴染みのことでしょう。
経皮感作が発症するためには、①皮膚角層のバリア障害、②アレルゲンの皮膚透過性、③皮膚での免疫応答の3要素がそろって初めて成立します。具体的には、アトピー素因やフィラグリン遺伝子変異、職業性皮膚障害、スキンケア製品に含まれる角層バリアを障害する物質(界面活性剤など)、加工され低分子化された食物関連のスキンケア製品などが誘発因子と考えられます。
それ故に、乳幼児への食物アレルギー関与のアトピー性皮膚炎の発症を防ぐためには、口の周りを含む全身のスキンケアが重要であり、皮膚炎があれば早期にステロイドを塗って治めることです。

もし経皮感作が成立してしまうと局所に接触蕁麻疹が生じるだけでなく、該当する食品を食べるとアナフィラキシーを起こし、時として命取りになることもあります。特にピーナッツでは致死率が高いです。
私は、ココナッツオイルでもピーナッツオイルと同様の事象が起こりうるのでは、という懸念を抱いています。現時点では、「ココナッツオイルの経皮感作によるアナフィラキシーの症例」の報告はないようですが、今後ブームに乗り、起こりうると考えます。あくまで私見ですが、ココナッツオイルを肌に塗ってはいけない禁忌のケースを挙げます。
・アトピー性皮膚炎。
・職業性皮膚障害で手に皮膚炎がある。
・肌に何らかのトラブルがある。
・ケミカルピーリングやフラクショナルレーザーの治療直後。
・ニキビ治療薬アダパレン使用中。

健康な肌の方がこうしたリスクを承知の上で、ココナッツオイルでスキンケアをされるのは結構なことだと思います。もし肌に異常を生じたら、即座に塗るのも食べるのもやめることです。
おそらく現時点では、ココナッツオイルのスキンケアに対してアンチの意見を唱える者は、私以外にはいないでしょう。しかしながらブーム到来の今だからこそ、専門医の立場で敢えて警鐘を鳴らしておきます。

2014-09-05

ココナッツオイルのレシピ

ココナッツオイルにすっかりはまっています。朝は、ココナッツオイル入りのコーヒーで始まります。甘いフレーバーがコーヒーの香りにマッチします。脳のエネルギー源であるケトン体が供給され、調子が良いです。
料理のレシピを紹介します。すべて私のオリジナルです。
1、アクア・パッツア
イタリアの郷土料理です。オリーブオイル大さじ1杯に対して、ココナッツオイル大さじ1杯を使います。材料は赤魚、あるいは鮭でもOK。アサリ。ニンニク。野菜はトマトがメインで、他は好みで何でもOK。白ワイン100cc。材料を並べただけでも色鮮やかでキレイです。
オイルでニンニクを炒め、下味をつけた魚の両面を軽く焼き、アサリを入れます。次いで野菜と白ワインを入れて、数分煮込み味を調えます。私は野菜をあまり煮込まない方が好みです。
とっても簡単で、見栄えもして、美味しくてヘルシーです。
白ワインと合います。

2、豆乳ココナッツオイル
美と健康に効くデザートです。
豆乳120cc、黒酢30cc(好みで加減)、蜂蜜少量、ココナッツオイル大さじ1杯を混ぜ合わせます。豆乳と黒酢を合わせても分離しません。
バナナ(あるいはキウイ)をカットして加え、そこにミックスナッツやドライフルーツをトッピングします。とっても美味しいです。
ココナッツオイルは、ほとんどの料理に合うようです。

2014-09-04

エジプト製衣装

先日のダンスのステージ衣装はエジプト製です。当日の写真はベールをまとったシーンのみを載せましたが、今日ある方から「折角だから衣装も見せて。載せても全然大丈夫!」とのリクエストを頂き、背中を押されたので披露します。本番の1週間前に前撮りしました。
今までは中国製のチープな衣装でしたが、今回はエジプト製の縫製のしっかりした衣装を買いました。ビーズなどの装飾が多数施されて、ズッシリと重いです。小柄な私の体型に合わせて、お直しをしました。
でもお披露目も1回ぽっきりで、もうこれを着る機会もそうそうないかも。50歳代半ばになると、もう最後かな、といつも思います。と言いつつ60歳代、70歳代でも新しい衣装を買っては、ブログで見せびらかしているかも・・・。
ダンスは、仕事中とは全く違う自分を演じられるので楽しいです。普段、医師である私と接している方からは、ダンサーの私は想像できないでしょうけれど、逆もまた真なり。
ダンサーの私を見た方は、「えっ。あの人お医者さんなの?」」と驚きます。ギャップが面白いです。

2014-09-01

エジプトの女王と女神

昨日は草津からの帰りに上野の東京都美術館に立ち寄り、メトロポリタン美術館の古代エジプト展を観ました。夏休み最後の日曜日とあって、大変混んでいました。
古代エジプト史上最も重要な女性ファラオとして知られる女王ハトシェプト、愛と美の女神ハトホル、そして王族女性たちが愛用した豪華な装身具や化粧道具、軟膏壺など、約200点のコレクションが展示されていました。いずれも美しく、保存状態の良いものばかりでした。女性たちは目鼻立ちのくっきりした美女ばかりでした。アイラインでの囲み目メイクや装飾品のデザインは、現代でも十分通用すると思いました。ベリーダンスをしている私にとっては、参考になりました。

そしてこの後は、エジプト女王からオーラを授かって、都内の某レストランでのショータイムにダンサーとして出演しました。初めてのソロでしたが、緊張することもなくリラックスして踊れました。ベールを身にまとい、露出をしていない写真を選びました。楽しそうな雰囲気が伝わるでしょう。
草津温泉⇒(草津・高崎間は私1人でノンストップで2時間運転)⇒都内の美術館⇒夜の部にダンサー出演。仕事以上にハードで目まぐるしい1日でした。オフだけど、ちょっとお疲れ気味・・・。