2014-07-31

飲む日焼け止め「ヘリオケア・ウルトラD」

夏も真っ盛りで、これから海や山などのレジャーにお出かけになられる方も多いかと思います。紫外線も強烈ですので日焼け止めクリームは必須ではありますが、汗で流れやすく2時間ごとに塗り直す必要があります。海やプールでは水で落ちやすい上に、全身に塗るのは大変です。屋外スポーツのプレイ中に、日焼け止めクリームを塗り直すのは難しいです。「外出前に日焼け止めを塗ったのに焼けちゃいました。」という患者さんが、毎年続出します。

そこで朗報です。飲む日焼け止め「ヘリオケア・ウルトラD」の紹介です。
2002年にスペインのCantabria社から発売され、世界50ヶ国以上のクリニックで使用されています。
主成分の「Fernblock」は、
中央アメリカに生息する「Polypodium leucotomos」という シダ植物の一種の抽出物から作られています。「Fernblock」はアメリカで特許を取得し、FDA(アメリカ食品医薬品局)に認可されている天然成分です。1カプセル中に480mg含有されています。老化を引き起こす原因となる紫外線A波を吸収し、肌を防御する効果と、紫外線を浴びることにより発生するフリーラジカル(活性酸素など)を抑制し、細胞の損傷を防ぐ効果があります。そのため、日焼けそのものを防ぎ、光老化によるしわやたるみ、しみ、皮膚がんの 発生のリスクを軽減します。
その他の成分と効果は、
ビタミンC&E:抗酸化作用、ビタミンD:カルシウムの吸収補助、ルテイン:活性酸素の攻撃からの防御、リコピン:トマトなどに含まれるカロチノイドの1種。
特に「ヘリオケア・ウルトラD」にはビタミンDが含有されているので、紫外線防御による体内でのビタミンD合成の低下を補い、骨粗鬆症のリスクを下げます。

服用方法は、
外出する30分前に1カプセル摂取します。効果は約4~6時間持続します。長時間、太陽の下にいる場合は、4~6時間後にもう1カプセル摂取します。1日2カプセルまでです。
子供は4歳以上で可能です。成人と同量ですが、カプセルが飲めるかどうかがネックです。
なお、妊娠・授乳期間の使用は推奨されません。

連日服用でも可能ですし、副作用もありません。日焼け止めクリームとの併用も、もちろん良いです。
一箱30カプセル入りで、当院で6,000円(税別)で販売しております。
家族全員で服用できますので、旅行先に持って行かれるのをお勧めします。診察なしでも商品の購入は可能で、お待たせいたしません。
カプセルは緑とオレンジのツートンカラーです。まるで当院のロゴのようなビタミンカラーです。私も今日初めて飲んでみましたが、飲みやすいです。
原料のシダ植物です。おそらく強烈な紫外線から身を守るために、抗酸化物質を合成しているのでしょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿