2014-07-26

専門医試験合格!

去る6月8日に、大阪で抗加齢医学会の専門医試験を受けました。内心ハラハラしておりましたが、今日、晴れて合格通知が届きました。

抗加齢医学とは、元気で長寿を享受することを目指す理論的・実践的科学です。具体的には、メタボリックシンドローム、ロコモティブシンドローム、認知症、がんのような加齢関連疾患の発症確率を下げ、健康長寿をめざす医学です。皮膚科領域に関する見た目のアンチエイジングも、その一つではあります。
私はこの学会に昨年の年始に入会し、学会で得られた情報がすべて興味深い内容ばかりでしたので、道を究めたいと思って専門医試験を受けることを決めました。50歳代半ばにしての受験勉強は、進行する老眼との闘いでしたが、3月以降は水曜日の休診日を勉強に充てました。試験に受かるためというよりも、勉強そのものが楽しくて、自分にとってのアンチエイジングになりました。

出題範囲は、主に内科領域で内分泌代謝、心血管、認知機能、骨代謝、筋肉と運動療法、性ホルモン、口腔外科、栄養学など抗加齢に関する幅広い領域から出題されました。過去問も解きましたが、当日試験問題が配布されて一瞬、ドキッとしました。というのは出題形式が変わっていたからです。慣れ親しんだ医師国家試験方式の5つの選択肢から1つだけ選択するのではなく、複数個の選択肢がすべて正しく選択されて初めて正解となる、という厳しい出題形式でした。それでも自信を持ってマークシートを塗りつぶし、時間内に全問を解くことができました。そして今日、合格通知を受け取り、ほっと安堵した次第です。

今年の上半期の目標である「大阪夏の陣」を無事に勝利することができました。
皮膚科学会専門医、アレルギー学会専門医に次ぐ3つ目の専門医取得になりましたので、是非、診療にも反映させていきたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿