2014-07-21

断捨離でスッキリ

今日海の日は、私にとって予定のない貴重なオフでした。さほど暑くもなく快適でしたので、思い切って身辺整理をしました。

最近、自律神経で有名な小林弘幸先生の本を読みました。そこには「心身を超一流の方へ向けたいならば、部屋の掃除、なかでもクローゼットと靴箱の片づけ・整理をお勧めします。なぜならクローゼットと靴箱は、毎朝あなたの心の状態=自律神経にまさにダイレクトに影響するからです。」とありました。単純なことですが共感しました。

私の自宅は、夫婦2人で住むには広くて収納スペースも広いです。家具も少なく物も少ないので、部屋はいつも片付いています。「モデルルームみたいに生活感がないですね。」とよく言われます。それでもクローゼット、洋服ダンスの中は服で一杯でした。しかも半分以上は、ここ数年着ていない、あるいは着る気がしない服ばかりでした。つまりタンスの肥やしです。
私は20歳代の頃から30年以上、体重も体型も変わらないので、お気に入りの服はつい捨てずにいました。病院の紙のカルテ庫でイメージすると、毎月来院している患者さんと過去5年間来院歴がない患者さんのカルテが一緒に保管されているような状態でした。これでは必要な物が不必要な物に邪魔されて、咄嗟には出しにくいです。

ドライクリーニングに出してそのまま大事に保管していた服が半分以上ですが、最近まで現役で着ていた減価償却済みの服や古いダンスのレッスン着や水着も処分品としてまとめました。押入れ上段分はありそうです。3日後の資源ごみ回収日に全部出します。
お蔭でクローゼットはスッキリし、服が探しやすくなりました。

ついでにドレッサーの引き出しの中も整理しました。未使用ながら古くなった基礎化粧品を処分しました。私は小顔の上にズボラなので化粧品の消費量が少ないのです。(ちなみにファウンデーションは年に数回しか使わないので、1本が10年以上もってしまいました。)
身辺が必要最低限の物だけになると、スッキリして気持ちがいいです。明日からのパフォーマンスの充実のために、今日の貴重なオフは有効に過ごすことができました。
私の3連休、初日は仕事&ダンス鑑賞・レッスン、2日目はガッツリ仕事、3日目は断捨離でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿