2014-06-29

医療情報の共有化

26日(木)に、JAとりで総合医療センターにて恒例の医療連携講演会がありました。毎年この時期に開催され、私にとっては昔の同僚に会える同窓会です。
まずは2025年問題です。団塊世代が後期高齢者になり75歳以上の高齢者が4人に1人になります。全国的に認知症およびその予備軍が現行が20人に1人のところが、その時には1.5倍と予想されています。取手・東葛地域では高齢化がさらに進行し、2倍、すなわち10人に1人が認知症と予備軍になるとの予想です。怖ろしい話ですね。待ったなしの超高齢化社会で、医療介護の解決すべき課題が山積みです。
茨城県医師会が担っている「いばらき安心ネット」というシステムが紹介されました。県内限定で複数の医療機関で患者情報の共有をします。茨城県では従来より医師不足と医師の偏在化の問題があり、東日本大震災直後では医療機関が受けた被害も甚大で、患者情報の共有化が認識されたのが背景にあります。ただし現在、すべての医療機関が参加しているわけではなく、あくまで任意で、患者さんの同意を必須としています。このシステムに参加できるのは医師資格証を持った医師限定だそうです。
私は開業以来、常々このようなシステムが必要だと考えていました。病院や薬局によっては、患者さんがスマホなどの端末で自分の検査データや投薬内容を閲覧するシステムがあるようですが、こちらはあくまで自立した患者さんのみができる特権です。
先述のように超高齢化社会では、患者さんが薬剤情報などを伝えることは困難です。緊急の手術を要する場合、服薬情報は是非知りたいのですが、それが不明で支障をきたすこともあります。皮膚科領域では、薬疹などの薬剤アレルギーの場合、薬剤情報がないと非常に困ります。複数の医療機関から投薬されている場合、原因薬が推測されれば、投薬した医師宛に薬剤変更の依頼ができるのですが、情報がないとそれができません。患者さんに依存せず情報共有システムを利用できれば、どんなに便利になることでしょう。

こうしたネットワークを推進するのに当たり、大きな課題は2つあると考えます。一つはコストです。誰が負担するかです。もう一つは医師側の反対勢力です。個人情報保護の立場、IT化への躊躇、診療内容を他の医師に見られることへの躊躇などがあることでしょう。私は個人的にはネットワーク支持派です。機会があれば是非参加したいです。

2014-06-25

ミュージカル「カルメン」

今日は、天王洲アイルの銀河劇場にて「カルメン」を観ました。日本人による日本語のミュージカルです。オペラとはまた違う感動と余韻がありました。
ヒロインのジプシーダンサーを演じた濱田めぐみさんのオーラを放つ演技が素晴らしかったです。彼女の色っぽい表情、観客を魅了する視線、アイメイク、指先の動きなど、私はオペラグラスでじっくり観察しました。ダンスの参考にもなりました。
韓国出身のJKimさんの歌唱力は只者ではありません。出番が少ないながら圧倒的存在感を放っていました。観ているうちに私もアンダルシアの世界に入り、カルメンになりきってしまいました。
公演終了後に4人の出演者によるアフタートークがありました。演技とは別の素顔を垣間見ることができました。そこで濱田さんの「命を削って演じています。」、「私も共演者の方々もお客様も、過去からのご縁があり、今日こうしてこの場に居合わすことができました。」といった言葉が印象的でした。あと6公演で千秋楽とのこと。無事故と大成功をお祈りします。
お花の送り主には、芸能人の名前もちらほら。
会場の銀河劇場。
天王洲アイルのシーフォートスクエア。

2014-06-23

リンゴ病が流行っています

この1~2週間、リンゴ病の患者さんが毎日のように来院されています。我孫子地域では4年前の夏にも大流行しましたが、再び流行り出したようです。
リンゴ病は、伝染性紅斑といってヒトパルボウイルスB19が原因です。小児例では、頬の紅斑の他、上肢下肢、おしりに網目状の紅斑がでます。蕁麻疹や多型滲出性紅斑と類似しますが、痒みは軽く、発熱もなく全身症状もありません。自然治癒しますので、治療は要りません。(抗ヒスタミン剤内服やステロイド外用は無効です。)
一方成人例では顔はあまり赤くならず、上肢下肢、体幹に数ミリの細かい紅斑と、指、下肢のむくみ、微熱、膝の関節痛を生じます。風疹によく似ています。成人女性では倦怠感が強く出ます。夕方に悪化し、家事労働も辛くなります。あたかも膠原病にそっくりな症状で、血液検査でも抗核抗体陽性、血清補体価の低下などSLEの所見が一時的にでることもあります。必要に応じて安静と、鎮痛解熱剤を投与することもあります。
小児、成人とも約3週間の経過で治癒します。紅斑が薄くなっても紫外線に当たるとまた赤くなりますので、露光は避けた方がよいです。登園、登校、出勤は制限する必要はありません。通常通りの生活で構いません。

成人の約半分は過去に感染し、免疫を持っていると言われています。
私の場合、当時小学1年生の次女から感染し罹患しました。成人女性の御多分に漏れず、全身倦怠感がひどかったです。病院勤務医でしたが休むわけにもいかず、外来、入院、手術、当直と通常通りに、夏の過酷な業務をこなしましたが、夕方には下肢のむくみと関節痛、微熱も生じて辛かったです。念のため血液検査をしたら、予想通り抗核抗体陽性、血清補体価12以下に低下していました。初期は顔には発疹がなかったのに、2週目で露光したら頬に蝶形紅斑様の紅斑がでてきました。ただし鼻根部には紅斑を欠いたため、SLEの紅斑とは鑑別が容易でした。何の治療もせず、かれこれ1か月かかって治りました。

自らが「SLE様の臨床・検査所見を呈した伝染性紅斑の成人女性の1例」になった貴重な経験でした。この経験があるがために、私はリンゴ病の患者さんを連れていらしたお母さま方に申し上げています。
「もしお母さまに感染したら、お子さんよりも重症化するでしょう。夕方、家事をするのも辛いようでしたら、家事を手抜きしましょう。男性がかかっても女性よりは症状が軽いですから、ご主人に家事をお願いしちゃいましょう。高々3週間のことですから。」と。

2014-06-18

高齢者とペット

高齢者はペットを飼っている方が多いです。高齢化に伴いペット関連産業は盛業のようです。ペットを飼う高齢者にとっては、「ウチの子も年だし、アタシとこの子とどっちが先に逝くのかしら?アタシが先に逝ったら、この子はどうなるの?」という不安が付き物です。あるいは、ペットがいるがために施設への入居に躊躇される方も多いことでしょう。
御多分に漏れず、私の父もその一人です。
昨日、父が自宅で転倒して病院に救急搬送されました。実は転倒は日常茶飯で、そのたびに病院の救急室より連絡があります。今回は入院の必要はないものの自宅での生活が困難なため、ショートステイに入りました。問題はペットの老犬でした。私はネットで検索したペットホテルに連絡し、送迎サービスも頼みました。
今後の長期的なことを考えると、犬を老犬ホームに預けて施設への入居をするか、あるいはペット可能な施設に一緒に入居するか、の選択を迫られることになります。ところが、現段階ではこうした施設の数が非常に少ないことが分かりました。当事者になって初めて気付きました。
心を癒してくれたペットと最期まで一緒にいたいという高齢者の望みを叶えてあげたいものです。
11歳6か月のオスの柴犬。若干おバカですが、温厚でおとなしいです。

2014-06-16

高齢者緊急通報システム

超高齢化社会では、老親の介護が現役世代に重くのしかかってきます。私の両親は80歳代ですが、母は施設に入居中、父は独居暮らしです。ともに介護保険のお世話になっています。父はヘルパーさんが来てくださるので大いに助かっていますが、緊急時に備えて通報システムも利用しています。
昨日、帰宅すると委託会社のコールセンターから、「お父様の自宅の電話回線がつながらず、おそらく受話器が外れています。お手すきの時に電話の状態を確認してください。」と連絡がありました。私は仕事で疲労困憊でしたが、実家に向かいました。案の定、受話器も電源も両方外れていました。やれやれでした。

さて柏市では民間の専門会社へ委託し、緊急通報サービスを行っています。以前には消防署が対応していましたが、通報の約9割が緊急出動ではなく話相手を求める電話だったようです。消防署には看護師やヘルパーなどのスタッフがいないので対応できません。安全センターの緊急通報サービスは、緊急時や異常事態発生の通報に、看護師や保健師などの女性スタッフが24時間365日、迅速に対応するのが特徴です。利用者宅には、ボタンを押せばコールセンターと会話ができるペンダント型送信機と通報装置が設置されます。利用者からの通報が入ると安全センターのコンピュータ画面には、利用者のプロフィールが瞬時に表示され、適切な対応が取れる仕組みが準備されています。いつでも気軽にボタンを押してもらえる関係づくりのためにセンターからも月に一回以上「お元気コール」をかけ、健康チェックを通したコミュニケーションを図っているとのこと。
ありがたいことです。実家では通報装置は居間に、ペンダント型送信機がベッドサイドにおいてありました。首からかけていれば、転倒したときにボタン一つでコールセンターと繋がり安心です。
利用料の自己負担額は、市民税非課税世帯 500円(1か月)、市民税課税世帯 1,890円(1か月)です。安いものです。ちなみに私は自宅と医院でA社の警備を入れていますが、桁違いです。自治体の福祉サービスは、大いに利用するべきでしょう。

2014-06-14

紫陽花2014

梅雨は紫陽花。やうやう青くなりゆく花びら、 少し明りて紫だちたる。雨など降るもをかし。

2年前の当ブログで、私が枕草子の冒頭をカバーし創作しました。枕草子にも源氏物語にも紫陽花は登場しませんので、平成のブロガーの腕の振るい所でした。今年も紫陽花が満開です。恒例ですが自宅の紫陽花です。均一なきれいな青紫色です。
一方、医院の紫陽花はグラディエーションがかかったピンクです。
こちらはオパールのように多彩です。
蕾がたくさんなっていますので、まだまだ楽しめます。梅雨は、移ろいゆく紫陽花を鑑賞する楽しみがあります。

2014-06-12

チャドクガの第一陣

梅雨本番です。梅雨の晴れ間には、チャドクガの被害が発生しやすいです。今日は朝からチャドクガ皮膚炎の患者さんが何人も来院されました。昨年の9月19日の当ブログにも記載しましたが、チャドクガの幼虫(毛虫)は年2回、5~6月と9~10月頃に発生し、7月と11月に成虫(ガ)になります。
卵 → 幼虫(毛虫) → さなぎ → 成虫(ガ)

毒針毛は長さ0.1~0.2mmの微細なもので、幼虫1匹に数十万本以上が密生しているため、これに触れると激しいかゆみを伴うジンマシンのような症状、あるいは赤いブツブツが多発します。首や四肢などの露出部のみならず、服で覆われている体幹にも発症します。毛虫に触れてから2~3日に渡って発疹は新生し、治療しなければ3週間以上痒みはつづきます。
もし毛虫に触れてしまった場合、速やかに石鹸で患部を洗い、衣服を着替えます。早めに皮膚科を受診しましょう。ステロイド軟膏の塗り薬と抗ヒスタミン剤の飲み薬で約1週間で治癒します。
ツバキやサザンカの木によく寄生しています。我孫子地域では、毎年被害に遭われる方が多いです。ご注意なさってください。

2014-06-09

世界一の美女を作った美女と一緒

先週末から昨日まで、大阪での抗加齢医学会に行って参りました。老いても美しく健やかに生きるためのノウハウをたっぷり学び、得るものが大きい充実した学会でした。基本は食事、運動、睡眠の3点に尽きます。今回は食育など栄養学の分野の勉強を主にしました。正直なところ、最近は皮膚科の学会よりも抗加齢医学会の方が私にとっては面白いです。
さて最大のハイライトは、エリカ・アンギャルさんの講演とトークでした。エリカさんは元ミス・ユニバース・ジャパンの公式栄養コンサルタントです。ファイナリストたちに美しくなるための食事を指南し、知花くららさんや森理世さんなど世界一の美女を送り出しました。15歳の時にオーストラリアから日本の大分県にホームステイし、そこで日本の伝統的な一汁三菜の和食を食べたところ、ひどかったニキビが治ってしまったそうです。それ以来、日本の伝統文化と和食をこよなく愛し、シドニー工科大学を卒業後、再び来日して今年で在日18年目だそうです。講演は、
・伝統的な和食が食べられていたころは日本人のニキビは多くはなかったのに、食生活が欧米化し、米よりもパン、パスタなど小麦粉を主食とするようになったことが、ニキビを悪化させている一因と考えています。日本人は米、特に玄米、納豆、具だくさんの味噌汁、魚、新鮮な野菜といった昔ながらの食生活に戻した方が体も肌も健康になれる。低GI(グリセミック・インデックス)食、グルテンフリーダイエットをお勧めする。忙しい朝や小腹が空いたときにはナッツやドライフルーツでもOK。
・日本人女性は美しいのだが、パワーを感じない人が多い。痩せていれば美しいわけではない。適切な運動とタンパク質もしっかりとり、メリハリボディを目指すべき。
・日本人女性は謙遜を美徳としいているのか、自分に自信がない人が多い。自分を愛しましょう。パートナーが褒めてくれないならば、自分自身がチアガールになって自分を応援してあげましょう。
といった趣旨のお話でした。エリカさんの語る言葉は、美と健康に留まらず人生の応援歌です。元気になります。
講演終了後、女性ファンに囲まれていましたが、素敵な笑顔で応えていました。私も握手と記念撮影をしていただき、とても感激しました。勇気を出して良かったです。
今回の学会では、ランチオンセミナーのお弁当がオリジナルで、その名もアンチエイジング弁当でした。フレンチの巨匠「シェ・松尾」のシェフと医師、栄養士が創作しました。1日目が「抗酸化」、2日目が「旨みで減塩」、3日目が「食物繊維」にこだわったメニューで、お品書きが添えられていました。目にも鮮やかで抜群に美味しくて私の好みでした。こんなに美味しいランチオンのお弁当は初めてでした。さすがに抗加齢医学会です。お弁当だけでも学会参加の価値はあります。
1日目のお弁当。
2日目のお弁当。
3日目のお弁当。
お品書きには、食材の効能が詳細に記されていました。
他にも、糖質制限スイーツも試食しました。生チョコレートやチョコレートケーキ、和菓子など、これまた美味でした。3日間、ビュッフェや美食三昧にも関わらず、なんと私の体重は変わりませんでした。これも驚きでした。恐るべし、抗加齢医学会・・・。

2014-06-06

今度は大阪へgo!

おはようございます。只今、新幹線のぞみ新大阪行きグリーン車に乗車中です。今日から3日間、大阪で抗加齢医学会があります。アンチエイジングの勉強をして参ります。先週の京都に続き今回は大阪と学会続きです。今日から3日間、休診にさせていただきます。月曜日から通常通りに診療いたします。

2014-06-05

バイブレーターで痛みを騙す

面白いものを買いました。バイブレーターです。先日の学会で申し込んだところ、今日届けられました。これは、注射部位の疼痛緩和のために使います。皮膚に接触させて振動させると、末梢神経の刺激で疼痛の知覚がマヒします。表皮のみならず真皮にも伝導します。当院では、ヒアルロン酸やボトックスの注射を行っていますが、針が刺される痛みよりも薬液が注入されるときの痛みの方が強いようです。一瞬の痛みとはいえ、数か所に注射しますので、患者さんにとっては苦痛です。来週からこれを使ってみます。今後、ヒアルロン酸の予約がある患者さんにとっては朗報です。
一方、イボの液体窒素療法も冷たいを通り越し痛みがあります。これが効くかどうか、試してみます。
通称「ぶるぶる」と呼ばれています。

2014-06-02

京都での皮膚科学会総会2014

先週末より昨日まで3日間に渡って、京都で日本皮膚科学会総会学術大会がありました。京都では気温33℃に達し、真夏日でした。今回は猛暑のため観光に行く気にもなれず、ホテルか学会会場にずっとおりました。お蔭でしっかり勉強して参りました。今回はの学会テーマは「皮膚科の職人魂」で、各分野の「匠の技」を伝授して頂きました。診療にすぐに役立つ情報が満載でした。
そして、「My アブストラクト」というオンライン演題検索システムのアプリをスマホにインストールしましたので、今回の学会は分厚くて重いプログラムは持たずに参加しました。アナログのプログラムよりもずっと使いやすくて、日程表で演題名をクリックすると抄録のページが開いて、さらに会場案内までしてくれます。グーグルマップのようにポインターで示されます。聴講したい演題をグーグルカレンダーと同期してスケジュール管理することもできます。演題聴講中にも抄録にメモ入力できて、その内容をメール送信することもできます。学会会場内では、ほとんど手ぶらで身軽にスマホを片手に移動しました。
私は、通常はスマホはほとんど使いませんので解約しようかとも考えていましたが、今回の学会でその威力を思い知り、必須アイテムであることが分かりました。

講演で印象的だったのは、
1、難治性蕁麻疹に対しての治療で、抗ヒスタミン剤の倍量投与、少量のステロイド剤の内服を併用の他、古典的な降圧剤レセルピンの併用療法が紹介されていました。標準治療ではないものの、東京大学と関西医科大学の2つの医局での秘伝の治療だそうです。私にとっては初耳でした。副作用として鬱病の発症があるそうです。症例があれば試してみます。

2、IPLやアレキサンドライトレーザーを用いた脱毛により、産毛が硬毛化するという現象が稀に起こるそうです。顎、上腕伸側、背中などが好発部位です。当院では、この部位の脱毛の施術はあまりないので、硬毛化の症例の経験はありません。硬毛化してしまった毛の脱毛治療は、ダイオードレーザーかNd:YAGレーザーが有効です。当院にはNd:YAGレーザーがありますので、このような症例がありましたら試してみます。

3、ロドデノール化粧品による白斑のその後の経過。多施設で集計した結果の報告がありました。当初言われたように、使用中止後に徐々に色素が再生した症例がほとんどのようですが、依然として3割ほどの患者さんが治癒に至っておりません。診断も顔面の左右一方に限局して分布する分節型ならば、化粧品と無関係の尋常性白斑と診断できるのですが、汎発型では尋常性白斑との鑑別も困難な症例もあったようです。甲状腺自己抗体陽性例や膠原病の患者さんでは、もともと尋常性白斑があり、ロドデノールによって誘発あるいは悪化したと考えられる症例もあります。この場合、化粧中止によりある程度軽快しても基礎疾患が原因なので、自然治癒は期待できません。集計では、外用治療で最も有効であったのはタクロリムス(プロトピック)軟膏でした。そして、尋常性白斑と同様にエキシマランプによる光線療法も有効のようです。UVB照射により、毛包幹細胞のメラノサイトへの分化を誘導できるとのエビデンスがあり、自然治癒しない症例に対しては光線療法を推奨していました。

4、美容皮膚科の基礎と最新治療。お馴染みの形成外科の美しい女性医師の先生お二方の講演は、いつもながら大変有益で勉強になります。熱い職人魂が伝わってきました。以前にもブログで書きましたが、いつかはお二方に「私の実践する美容法」なども講演や討論セッションなどで語っていただく機会があれば、と望みます。
会場の国際会館
庭園には大きな池があり、そこに白鳥がいました。遠くにいたのですが、私の姿に気づくと近寄ってきました。警戒心がなく人に慣れています。
ブライトンホテルに泊まりました。
今日は2日間の休診明けのため、大変混雑しておりました。待ち時間が長くなり申し訳ありませんでした。午後からのレーザーの予約時間も変更させていただき、ご協力ありがとうございました。