2014-04-21

待望のエクオール含有食品の発売

今月の2日、エクオール含有食品である「エクエル」が大塚製薬㈱から発売されました。2012年8月22日の当ブログで「閉経後女性の救世主エクオール」という記事を書きました。その後、発売はまだかまだかと待っておりましたが、このたび発売に至り、今日メーカーの方から商品説明を受けました。
前回の記事とも重複しますが、改めて説明します。エストロゲンは女性の心身を護っているホルモンですが、閉経後に消失すると、更年期障害、脂質異常症、メタボ、骨粗鬆症の他、皮膚のコラーゲンと保水量の低下により、シワが急に増えてきます。女性のお肌の曲がり角は閉経です。従来より、植物エストロゲンである大豆イソフラボンは、エストロゲン様作用を持つことが知られています。そのためには、腸内で大豆イソフラボンをスーパーイソフラボン「エクオール」に分解するエクオール産生菌の存在が必須です。腸内にエクオール産生菌を持つ人と持たない人がおり、日本人では約5割、欧米人で約3割の人のみがこの菌を保持しています。エクオール産生菌を持たない人はせっかく食べた大豆イソフラボノンがエクオールに変換されないため、エストロゲン様作用を発揮することはできません。

エクオールは、皮膚の老化とも関係があります。エクオール産生菌を持たない閉経後女性101名を対象に、12週間エクオールを摂取させ、目尻のシワ(面積率と一番深いシワの深さ)を測定しました。目尻の深いシワがプラセボに対して有意な改善を認めました。有害事象は重篤なものはなく、乳房・膣・子宮への影響も認められなかったそうです。

そこで、女性の読者の方にとっての最大の関心事、「私の腸の中にはエクオール産生菌はいるのかしら?」という疑問にお答えします。
ズバリ、簡単な尿検査(ソイチェック)で分かります。当院でも5月1日から開始いたします。予約なしで通常通りの受診で可能です。料金は診察料と検査料で6,800円(税別)です。結果報告は無料です。
測定結果は後日、5段階評価で報告します。その結果、エクオール産生能がない方で希望される方には「エクエル」を販売します。1日4粒でs-エクオール10mg含有し、112粒28日分で1箱4,000円(税別)です。なおこの商品はドラッグストアでは販売されず、メーカーの直販サイトか医療機関のみでの限定販売です。現時点で千葉県内の医療機関では、まだ2件しか取り扱っていないそうです。
私も今日、試食してみました。噛んでみると苦いきな粉のような味です。これだけでは食べずらいので、飲み物と一緒がいいです。実は私は生まれてこの方、サプリメントは摂ったことはありません。特にコラーゲン飲料なるものはエビデンスに欠け、さらさら飲む気がしません。「エクエル」はサプリメントではなく食品として位置づけられ、積極的に食べてみたいと思っています。
年齢を経ても美肌、豊かなバスト、くびれたウエスト、女性らしい美ボディをキープするためには、エクオールは欠かせません。

0 件のコメント:

コメントを投稿