2014-02-09

観測史上1位の積雪量

昨夜の大雪は凄まじかったですね。今朝には雪が止んでいましたが、かつて見たことがないほどに積もっていました。それもその筈、千葉県では積雪量33cmで、1966年 の観測史上1位の記録を更新したそうです。ちなみに2位は1984年1月19日の26cm、3位は1994年2月12日の23cmです。オリンピックにあやかって自己ベストの更新になりました。
記録にはありませんが、私の記憶では1979年1月の共通一次試験の当日も千葉県では大雪でした。大雪の中、長靴を履いて早めに試験会場に行き、誰も踏んでいない雪道に足跡を付けて決戦に臨みました。自己採点したら、模試では決して出せなかった自己ベストを本番入試で弾き出し、入試半ばながら勝利の歓喜に包まれたのを鮮明に覚えています。
現在、私立大学の入試もたけなわですが、大雪の影響で入試開始時間の変更などがあったようです。
そして、医師国家試験が昨日、今日、明日の3日間行われています。大雪の中、受験生は本当に大変です。インフルエンザも流行し出したようですし、体調管理には万全を期してくださいね。大雪の中で受けた医師国試は、一生の思い出になることでしょう。ご健闘をお祈りいたします。

さて今朝、懸念していたJRの運行状況も平常通りで、私は無事に医院に着くことができました。到着すると、早くも事務員、看護師のスタッフが駐車場の雪かきをしてくれていました。非番のスタッフまでスコップ持参で駆け付けてくれました。うち1人は、何と早朝の始発電車で出勤したそうです。今日の診療は、足元が悪いため昨日よりも少なかったのですが、それでも市外や県外から雪道をクルマで来られた患者さんもいらっしゃいました。診療終了後にも、スタッフが道路の雪かきをしてくれていました。
本当に、スタッフには心より感謝しております。ありがとうございました。

0 件のコメント:

コメントを投稿