2014-01-21

冬の花壇2014

昨日は大寒を迎え、年間で最も寒い時期になりました。今日は比較的暖かく、我孫子でも日中の気温は11度まで上がりました。歩いていると汗ばみ、コートが要らないくらいに暖かく感じました。休診日ではありましたが医院に立ち寄り、久しぶりに花壇の花を撮りました。当ブログでは花壇の花を何度か載せましたが、最近は忙しくて、昨年の9月24日を最後にずっとご無沙汰しておりました。
私は、冬に咲く花々は好きです。特にパンジーは、小振りで一見華奢に見えますが、寒さに強く、一株から次々に開花し花期が長いです。雪で埋もれても枯れることはなく、雪解けの中で凛と咲き誇ります。春夏の大輪の花と比べ、華やかさはありませんが、圧倒的な存在感を誇ります。
沈丁花の蕾が膨らんできました。3月が開花時期とされていますが、日当たりが抜群で生育環境が良いため、2月下旬には開花しそうです。私は沈丁花の香りが大好きで、とても楽しみです。寒さの底の時期ではありますが、着実に春の準備は進んでいます。

0 件のコメント:

コメントを投稿