2014-01-29

ボツリヌストキシン注射値下げしました

当院では、顔のシワと腋窩多汗症に対してボツリヌストキシン注射療法を行っております。顔のシワに対しては、厚労省認可のボトックス・ビスタかあるいは韓国製のニューロノックスを用い、それぞれに別料金を設定しておりました。
一方、「重度の原発性腋窩多汗症」に対して厚労省認可のボトックスの保険適応があり、私のところでは事前に重症度を評価するために、ヨウ素デンプン反応の検査を行っております。この検査は、多汗の部位を視覚的に判断できますし、治療の前後で行うと効果判定にも有効です。この1年間で腋窩多汗症の患者さん数例にヨウ素デンプン反応の検査を行いましたが、結果は「重度」に相当する腋窩全体がべったりと紫色に変色する症例はありませんでした。中には全く無反応の症例もありました。保険扱いにするためには、きちんと事前に適応の有無を確認する必要があります。患者さんご自身が腋窩の多汗で悩みながらも、検査の結果が軽症ないし中等症であった場合、自費診療のボツリヌストキシン注射を行います。この場合、医療機関によって料金は様々ですが、当院ではニューロノックスを用いて両腋窩で63,000円で従来行ってきました。このたび料金を改定して、従来の半額31,500円に値下げいたしました。
保険扱いでボトックス注射を受けた場合、3割負担でも28,100円します。高いと感じられるかもしれませんが、ボトックスの仕入れ値は1本9万円以上するものなのです。軽症の患者さんにむやみに公的な財源を使うべきではありません。しかしながら患者さんの心理としては、少しでも安く治療を受けたいと望みます。ましてや高々半年弱で効果がきれてしまうのですから。
そこで、自費診療でも保険診療とほぼ変わらない料金設定にして、患者さんの負担を少なくしました。冬でも暖房の効いた室内では、どなたでもワキに汗をかきます。治療というよりもエチケットのために、半年に1回注射を続けるのもお勧めです。制汗剤がまったく要らなくなります。半年間で31,500円、月額5,250円でワキ汗から解放されるのは快適です。

顔のシワについてはニューロノックスを用いた場合、眉間、前額、目尻の3か所のうち、1か所31,500円、2か所42,000円(従来は52,500円)、3か所52,500円(従来は63,000円)と値下げしました。
なお、上記料金はすべて税込の金額です。4月以降の消費税改定に伴い、料金も変更になります。
余談ですが、昨年年末にヒアルロン酸注入療法を施術料込で1本1cc62,000円から52,500円に値下げしたところ、年末の需要期と相まって、ヒアルロン酸を希望される患者さんが増えました。ヒアルロン酸は2年間効果が持続しますので、増税を前にして現在、希望される方が多いです。値下げ効果と増税前の駆け込み需要が要因のようです。

2014-01-27

アンチエイジング講習会2014

昨日は大手町サンケイホールにて、日本抗加齢医学会講習会がありました。対象は皮膚科に限らず、医科歯科の多岐に渡る専門医です。この学会は私にとって専門外の領域の知識を習得できる機会で、大変興味深いです。昨日は5人の先生方が講演されましたが、最初の総論的演題から一部を抜粋して紹介します。・・・以下は私の感想です。

1、今何故アンチエイジングか?
少子高齢化が進み2050年には国民の4割が高齢者となり、増大する医療費の削減が求められる。そこで、社会的な生産性を維持した高齢者(productive aging)の育成が必要である。
・・・単に見かけの若作りではなく、生涯自立し経済活動を続ける老人を育てるということ。

2、ヒトはどこから老化を感じるか?
1位 眼:老眼、2位 口:歯の喪失、歯周病、口腔乾燥、3位 性的能力、関節、皮膚、毛髪、排尿
・・・その通り。やはり目です。

3、アンチエイジング医学の実践
step1正しい知識の増大⇒step2ライフスタイル(食事・運動・生活習慣)の改善⇒step3栄養補助食品の活用⇒step4積極的な対処(ホルモン補充療法、強化トレーニング)
このうちstep1とstep2が最重要である。
・・・知識もなく、まともな食事もしていないのにサプリを摂ってもナンセンス。

4、歯周病は万病のもと。呼吸器感染症、妊娠異常、骨粗鬆症、心血管障害、糖尿病などを悪化させる。

5、老化のメカニズムで最も関与するのは、活性酸素・フリーラジカルによる細胞の酸化である。その原因として、過度の飲酒、喫煙、紫外線、排気ガス粒子、大気汚染、食品添加物・残留農薬、ストレスが挙げられる。
・・・皮膚の老化に明らかに関与するのは、喫煙と紫外線です。タバコを吸うと老け顔になります。

6、所得と生活習慣に関する状況(平成22年厚労省国民健康・栄養調査の概要より)
20歳以上で年収600万以上とそれ以下の群で比較したところ、年収が高いほど喫煙率が低く、肥満も少なく、朝食欠食率も低く、運動習慣もあり、睡眠の質が良く、そして野菜摂取量が多いことが判明した。
・・・経済格差が情報格差と健康格差を生み、さらに経済格差を増大させる。世代間にも継承されます。このスパイラルを断ち切るのは、知識の啓蒙と教育です。

7、Eat less,live more.カロリー制限でサルもヒトも長寿で若々しくいられる。
・・・女優のブリジッド・バルドーとソフィア・ローレンは、ともに1934年9月生まれの79歳です。いずれも若いころは甲乙付け難いほどsexyで魅力的でした。放縦な生活をしたとされるB・バルドーは今は昔の面影は全くなく、一方のS・ローレンは半世紀に渡り節制を続けた結果、今もなお現役で美しさを放っています。現在の2人の写真を並べると親子ほどの年齢差に見えます。美しく老いるのは努力次第です。

8、カロリー制限中に甘いものが欲しくなったら、フルーツ、ナッツ、カカオ75%以上含有のチョコレートがお勧め。
・・・私も実践中です。ケーキ、クッキーなどの焼き菓子は口にしません。

9、長寿遺伝子Sirt1を活性化するレスベラトロールは、赤ワインや落花生の皮に多く含まれる。
・・・野菜や果物は皮を剥かずに丸ごと食べましょう。私は最近は赤ワインを飲むようになりました。

10、Happy people live longer.幸せな人ほど長生き。
修道女の日記の中で、ポジティブな言葉を多く使う群とネガティブな言葉を多く使う群とで、60年後の生存率を追跡したところ、前者は90%、後者は35%であった。
・・・私もブログの中で、前向きなポジティブな言葉をなるべく使うようにします。

以上、私が興味を持った事柄を羅列しました。他にもたくさんありました。読者のアンチエイジング生活にお役に立てれば、と思います。

2014-01-26

大学の同窓会


昨夜は霞ヶ関ビル35Fにて、山口大学同窓会関東支部の新年会がありました。私は1985年の卒業で、29年ぶりに再会した同級生もいました。私の学年では5人が参加しました。5人は、髪型など外見は変わったものの昔の面影を残しつつ、それぞれ教授、院長、社長として活躍中です。お互いを○○君と呼び、私は妙ちゃんと呼ばれ、学生時代の気分に戻ったようにはしゃぎました。先生とは誰も呼びません。昔ながらの無礼講で、楽しい時間を過ごしました。卒業してからの29年は瞬く間に過ぎましたが、今から29年後には私は83歳です。もし同窓会をしたら、おそらく今とまったく同じ感覚で、やっぱり私は妙ちゃんと呼ばれ気持ちは女子学生になってしまうでしょう。
同級生だけで二次会に行きました。別れ際に割り勘にしようとしたところ、某君が「女性に払わせる訳にはいかない。」と、全員の分を支払ってくれました。太っ腹に感謝です。最近は専らお金を払う立場になってしまったため、こんな「女子役」も久しぶりで感激しました。

2014-01-23

就寝中の湯たんぽは厳禁

今日の朝日新聞朝刊の社説に、皮膚科医として看過できない内容がありましたので、当ブログで指摘させていただきます。「やみつき暖房ゼロ生活」とのタイトルで社会社説担当の記者が書いています。震災後初の原発ゼロの冬に、記者の個人的な暖房ゼロ生活を紹介した内容です。全体の論旨としては理解できますが、一部に不適切な記述がありました。読者が真似て健康被害を起こしかねません。
「寝る前には湯たんぽを布団の腰の位置に入れておき、布団に入るときに足元に移す。朝までぬくぬくだ。」

「布団に入るときには湯たんぽは出す。」が正しいです。
私は2012年1月5日の当ブログで「低温やけどにご注意」という記事を書きましたが、毎年冬になると、就寝中に湯たんぽでやけどされる患者さんが後を絶ちません。同じ患者さんが、昨年とほとんど同じ日付でまったく同じ症状で受診されることも珍しくありません。湯たんぽによる低温やけどは、範囲が狭いながらも皮下組織までの3度の熱傷であることがほとんどで、全治3か月を要すことが多いです。治癒しても瘢痕が残ります。糖尿病の患者さんでは、足のやけどの傷に感染を合併し足壊疽に至ることもあり、この場合、足の切断を余儀なくされます。湯たんぽの低温やけどは、沸騰したお湯が一瞬かかったやけどよりも深く、厄介です。侮れません。
湯たんぽは、冷え性の方が就寝前に予め布団を温めるために使用する道具です。就寝時には布団から出すのが正しい使い方です。メーカー側でもそのように喚起しております。
湯たんぽの安全な使い方

湯たんぽに限らず、皮膚に近いところで熱源使用中の就寝は、いずれもやけどのリスクがあります。ファンヒーターの前で酔っぱらって転寝した、ホットカーペットやノートパソコンに顔をつけて居眠りした、などで受傷される方が毎年いらっしゃいます。低温を侮っては恐ろしい結果になります。
ちなみに私は、就寝中は暖房も湯たんぽも使いません。重ね着をしているため、寒さは感じません。ポイントはインナーウェアです。下着も靴下も2枚重ねで体温を逃しません。脂肪燃焼体質で、セルフで熱を発散するため、暖房要らずのエコな体質です。

2014-01-21

冬の花壇2014

昨日は大寒を迎え、年間で最も寒い時期になりました。今日は比較的暖かく、我孫子でも日中の気温は11度まで上がりました。歩いていると汗ばみ、コートが要らないくらいに暖かく感じました。休診日ではありましたが医院に立ち寄り、久しぶりに花壇の花を撮りました。当ブログでは花壇の花を何度か載せましたが、最近は忙しくて、昨年の9月24日を最後にずっとご無沙汰しておりました。
私は、冬に咲く花々は好きです。特にパンジーは、小振りで一見華奢に見えますが、寒さに強く、一株から次々に開花し花期が長いです。雪で埋もれても枯れることはなく、雪解けの中で凛と咲き誇ります。春夏の大輪の花と比べ、華やかさはありませんが、圧倒的な存在感を誇ります。
沈丁花の蕾が膨らんできました。3月が開花時期とされていますが、日当たりが抜群で生育環境が良いため、2月下旬には開花しそうです。私は沈丁花の香りが大好きで、とても楽しみです。寒さの底の時期ではありますが、着実に春の準備は進んでいます。

2014-01-17

漢方医学の試み

昨夜は、クレストホテル柏にて「3処方の漢方~皮膚科疾患を中心に~」という学術講演がありました。正直なところ私は漢方については教育を受けておらず、正確な知識がないため、滅多に投薬することはありませんでした。たまに患者さんからリクエストされることはありましたが、前医の投薬に踏襲して出す程度でした。
昨夜は、改めて系統的かつ実践的な講義を受け、目からウロコの思いがしました。皮膚科領域における慢性疾患、ニキビ、慢性蕁麻疹、アトピー性皮膚炎、老人性皮膚掻痒症、霜焼けを中心に、症状に応じたレシピを学びました。講師の先生は西洋医学を否定することはなく、たとえばニキビにはディフェリンゲルを外用しながら漢方薬を併用するという治療法を勧めていました。併用ならば、医師にも患者さんにも受け入れやすいです。
漢方薬は薬剤名が難しい漢字で読むのも難しいです。覚えるのも大変です。なので私は早速、昨夜勉強した10種類の漢方薬を電子カルテに約束処方として登録しました。明日から適応症例があれば、漢方薬を処方してみます。

2014-01-14

女優肌の秘密

数日前の新聞の広告面に、女優のDさんのインタビュー記事が掲載されていました。宝塚出身で、57歳の年齢が信じられないくらいに美しい方です。私も何回か帝国劇場での舞台を観に行きました。彼女が、美と健康のために実践されていることを紹介していました。

食事・・・スムージーをよく作るそうですが、リンゴやキウイなどのフルーツは芯は取って、皮ごと使うそうです。実は私もキウイが大好きで毎日、昼に欠かさず食べています。硬いヘタは除き皮ごとカットして砂糖抜きのヨーグルトに入れます。私の場合はスムージーではなく、野菜や果物をそのままで食感も味わいます。キウイの皮には、実の3倍のポリフェノールが含まれており、アンチエイジングに有効です。

スキンケア・・・「日焼けに注意するくらいで、特別なケアはしていないんですよ。強いていうなら、身体を洗う時にタオルやスポンジは使いません。顔も身体も同じ一枚の皮膚で繋がっていますから、洗顔する時のような優しいタッチで身体も洗います。」
さすがです。皮膚科専門医が患者さんに指導するようです。私もこのように実践しております。
2012年12月19日の当ブログに「ナイロンタオルで洗っていませんか?」という記事を書きましたが、ナイロンタオルは石鹸の泡をたてるための道具です。決して直に皮膚を擦ってはいけません。擦ることによりケラチノサイトとセラミドが過剰に剥がれ、皮膚の潤いはなくなります。特に今の時期は、皮脂欠乏性湿疹ができやすくなります。
そしてもう一点は擦ることにより、friction melanosisといって色素沈着を生じます。背骨、肩甲骨、鎖骨、棘突起などの脂肪組織が少ない部位に好発し、いわゆるデコルテや肩など露出する部分が黒ずんでしまいます。顔のシミはメイクで隠せてもボディの黒ずみは隠せません。どんなに素敵なドレスで着飾っても興ざめです。

女優肌のように、スッピンもきれい!脱いでもキレイ!を目指しましょう。

2014-01-13

成人の日2014

今日は成人の日。 昨年中に20歳になった新成人は、計121万人で、前年より1万人減って過去最低を更新したそうです。総人口に占める割合は、4年連続で1%を切りました。今の若者たちは、生まれながらに多額の負債を負っており、今後もさらに負担が重くのしかかることを思うと、気の毒でなりません。有権者の中ではマイノリティでもあります。若者が希望を持てる社会にしていくのが、老いた大人たちの責務と考えます。

さて、我が家では次女が成人式を迎えました。父と次女を連れて、施設に入居中の母の所に面会に行きました。母は認知症のため、家族と会っても分からなくなってしまいましたが、振袖姿を見ると「キレイだねえ。」としきりに言っていました。少しは親孝行ができました。

2014-01-12

往年の親友

高校3年生の時のクラスメイトで、Nさんという親友がいました。当時の私はひそかに医学部を志望しておりましたが、医学部を狙えるような成績にはほど遠く、恥ずかしくて誰にも打ち明けませんでした。ところが教室の席が近くのNさんが医学部志望であることを聞き、私は彼女にだけは正直に言いました。その後は、お互いに意識して親友としてライバルとして切磋琢磨しあいました。高校卒業して1年後に別々の国立大学医学部に合格し、その後は、滅多に会う機会はなく、年賀状のやり取りのみは36年間続いています。
昨日、都内の医大に通う次女が言いました。「他大学の教授をされているN先生が、講義に来られました。そして私に近づいてきて、お母さまの高校時代の同級生だっておっしゃてたよ。」
私は感激しました。よくぞ、私の娘だと気付かれましたね。往年、机を並べたかつての同級生が教授になり、娘を指導する立場になるとは。高校を卒業してからの36年間、長い年月なのですが無我夢中で走り続け、あっという間でした。
メール全盛時代ではありますが、年賀状の存在も捨てたものではありません。何の用もなくても消息を知る手立てになります。私は、数10年ぶりに友人に会いたくなりました。

2014-01-10

寒波到来

本日は日本列島が寒波に覆われ、各地でこの冬一番の冷え込みとなりました。我孫子でも氷点下を記録しました。当院は平日は朝8時より診療を開始しております。私がいる診察室は朝方は寒いのですが、日が昇ると室内の奥まで日差しが差し込み、まるで温室の中のようにポカポカと暖かくなります。建物は、線路沿いの南面道路で遮るものがなくて日当たりが抜群です。正午ごろには暑いくらいになり、エアコンを切ります。
診察中の私の服装は、真夏と同様に半袖のサーモンピンクのスクラブです。寒さは感じません。待合室から診察室に入られた患者さんは、その暖かさのためコートやジャケットを脱がれる方が多いです。
診察が終わって屋外に出た瞬間、冷たい風が吹いておりますので、しっかり着込んでから出られた方がよいでしょう。
明日は土曜日ですので、朝8:30に自動ドアを開け受付を開始し、9:00より診療を開始します。早い番号を取るために、ドアが開く前より屋外で並んで待っていらっしゃる方々の姿をお見かけします。頭が下がる思いです。どうか防寒対策を完璧になさって御来院ください。

先日も私の防寒対策を記事にしましたが、その後、寒波に備えてダウンコート、ブーツ、手袋を新たに買いました。お蔭で、今日は外を歩いても寒さ知らずでした。明日も氷点下の冷え込みのようです。どうかご自愛ください。

2014-01-06

冬はつとめて

冬は、つとめて。雪の降りたるはいふべきにもあらず。霜のいと白きも、またさらでも・・・・(冬は、朝早い頃がよい。雪が降った時はいうまでもない。霜がとても白いのも、またそうでなくても・・・。)

御存知、枕草子の一節です。当ブログのサブタイトルにもあるように、私は清少納言のファンです。彼女の感性に共感するところは大です。「春はあけぼの」はあまりに有名ですが、「冬はつとめて」にも共感します。
私は、冬の朝は好きです。毎朝5:30頃には起きますが、今朝はいつもより早く6:30には家を出て6:55には医院に到着しました。まだ薄暗く、凍てつくように寒かったです。出勤するや自分の部屋の掃除を始めて、気分爽快。すっきりしたところで診療開始。今日は仕事始め3日目でしたが、覚悟した割には年末の混雑が嘘のように平穏でした。日が昇り暖かくなった頃、若干混み出したものの、患者さんの待ち時間は短かったようです。2014年、まずは平和なスタートでした。

ただし、冬は防寒対策は絶対に必要です。私は、ヒートテックの下着を2枚重ねて着ます。薄手ながらババシャツに劣らず暖かく、着ぶくれしないのでボディラインも保たれます。ヒートテックのレギンスの上に、裏起毛のレギンスを重ねて履いて、靴下は当然2枚履きます。屋外では手袋と耳当てを付けます。しもやけ対策は怠りません。それでも、そろそろ予防的にビタミンEの飲み薬を開始しようかと思っています。
ちなみに、しもやけは年齢を問わず、どなたにでもできる可能性はあります。しもやけの患者さんに病名を告げると、「今迄、しもやけなんてできたことがありません!」と、何人かはおっしゃいます。私は、その反応に毎年驚いております。自分だけはかからない、という過信には、何の根拠もありません。

2014-01-03

謹賀新年2014

あけましておめでとうございます。旧年中には大変お世話になりました。当ブログも開設して、満3周年を迎えることができました。御愛読に感謝申し上げます。本年も何卒よろしくお願い申し上げます。
皆さま、年末年始のお休みはいかがお過ごしでしょうか?晴天と温暖に恵まれ良かったですね。9連休の方も多いようですね。Facebookでは、海外旅行先での写真がアップされていて楽しそうです。私の場合は5日間の休みで、12月30日~31日は家族で温泉、1月1日は自宅の水回りの念入りな大掃除、1月2日はバレエ鑑賞に行きました。今日3日は最後の休みで、明日は仕事始めです。
さて昨日は五反田ゆうぽうとホールにて、キエフ・バレエの公演がありました。ロシア古典の伝統を受け継ぐ名門バレエ団です。ウクライナ国立歌劇場管弦楽団による生演奏で、「くるみ割り人形」、「白鳥の湖」、「眠りの森の美女」のチャイコフスキー3大バレエ名場面集でした。豪華絢爛な舞台セットと衣装、トップダンサーによる華麗な舞に魅せられて、夢のような時間を過ごしました。やっぱりバレエは素敵です。
その後は、西新宿の高層ビル内の某レストランで、妹たちと恒例の新年会をしました。54歳、52歳、50歳とアラフィフ3姉妹です。皆それぞれ忙しいので、3人が顔を合わせるのは年に1回くらいです。飲むのは長女の私だけですが、飲み放題コースで十分に元を取り満足しました。
皆さまにとって、輝かしい1年になりますように。ご健康とご多幸をお祈りいたします。