2013-12-31

2013年大晦日

2013年も今日で最後です。例年のことながら慌ただしく、あっという間の1年間でした。今年は私にとって、辛かったことが重なった年ではありましたが、今日の時点ではすべて解決してしまい、心置きなく新年を迎えることが出来そうです。
今月には、私個人のパソコンのハードディスクを破損してしまい、6年間分の貴重なファイルをすべて失ったかと、一時はショックを受け気落ちしてしまいました。ところが、プロの技術者がクリーンルームにてデータの復旧作業をしたところ、データはすべて甦りました。新しいパソコンを購入してデータを転送し、元の環境に戻すことができました。12月23日のダンスパフォーマンスの当日にパソコンの設定が完了し、ほっと一安心したところでした。
私の人生は忙しい中、複数の事柄を滞りなく同時進行しなければならない宿命のようです。今迄もそうでしたし、今後もそうでしょう。覚悟は座っております。
さて一昨日が御用納めで、昨日から家族で鬼怒川温泉の「山楽」に一泊しました。昨年末も、ここに泊まりました。温泉に浸かり、1年間の疲れをいやしました。美味しい料理にも舌鼓を打ちました。
本年中は、大変にお世話になりました。ご愛読に感謝申し上げます。どうか、良いお年をお迎えください。

2013-12-28

最終診療日

明日は本年最後の診療日です。12月30日~1月3日の5日間は休診にさせて頂きます。本年は大変にお世話になりました。
年末も押し迫り、私の身辺は慌ただしくブログの更新も滞り気味でした。相変わらず、仕事と趣味のダンスに夢中の日々です。先日12月23日の我孫子市某所でのダンスパフォーマンスの写真を載せます。ダンサーになると別人に変身します。
こちらは、私が敬愛するインストラクターの先生とのツーショットです。年齢不詳の憧れの美魔女です。
本年も残すところ、後3日、まだまだ忙しいです。皆さま、どうか良いお年をお迎えください。

2013-12-22

歌舞伎座、銀座、オペラ座

年末の3連休、お忙しくお過ごしのことと思います。寒いながらも晴天に恵まれ、街中は買い物客で賑わっていました。私は、昨日は夕方から銀座に出かけました。
最初に出向いたのは、歌舞伎座タワーのとあるオフィス。今年4月に新装オープンしたばかりの29F建てのビルで、地下鉄東銀座駅に直結しています。歌舞伎座では仮名手本忠臣蔵を興行中で、大変賑わっていました。お土産コーナーに立ち寄ってみました。
ここから、銀座のメインストリートに出ると、クリスマスのイルミネーションが煌びやかでした。
有楽町の東京国際フォーラムで18時より、ミュージカル「オペラ座の怪人」を観ました。映画版とはストーリーも楽曲も違いました。映画版の有名なテーマ曲に期待したのですが、これは採用されていませんでした。しかしながら、ビゼーの「真珠採り」やモーツアルトの「ドン・ジョヴァンニ」などのお馴染みの名曲が採用され、出演者の歌の上手さに聴き惚れました。人の心に巣食うコンプレックス、邪な心、妬み、嫉みなどのネガティブな感情は、文学や芸術作品の題材に用いられることが多いです。人は皆、ポジティブとネガティブの両面の心理を兼ね備えているからこそ、虚構の世界を観て感動するのでしょう。
歌舞伎座、銀座、オペラ座と3座を回り、家路に着きました。

2013-12-17

54歳になりました

今日で54歳になりました。昨年、「53歳になりました」というタイトルの記事を書いて、早くも1年。この日、生まれて初めてつけまつげの付け方を教えてもらい、恥ずかしながら写真を載せました。この1年間で私のつけまつげの技が格段に上がり、4月に書いた「つけまつげ接着剤」の記事が当ブログの全記事の中で、8番目に読まれているロングランヒットになりました。私のようなコスメ初心者が書いた記事が、ネット上で一人歩きしているのが不思議な感じです。
54歳の年齢の割には、体力の衰えも自覚することなく、更年期障害で悩まされることもまったくありません。今の所、老化を最も感じるのは目です。今年から、遠近両用のコンタクトレンズを装着するようになりました。年齢とともに失われるものを補う必要が出てきました。
今日はセルフ撮りをしなかったので、10日前の某所での忘年会の写真を載せます。ワインを飲んでご機嫌で、兜とツーショットを撮りました。
次女からは誕生祝に、エスティーローダーの口紅をプレゼントされました。「Taeko」と私の名前が刻まれています。嬉しくて感動しました。
さて1年後には55歳になり、アラフィフを卒業し早くもアラカンの仲間入りをします。アラフィフの最後の1年間、青春を謳歌します。

2013-12-16

来年の休診日

来年1年間分の休診日をアップしました。開院以来、当院では定期休診日が月末最終日、その他に不定期に臨時休診日がありましたが、毎月25日、年間300日ジャストの診療を続けて参りました。休診日は予め、インターネット上HPにて3か月前には公開しており、ドタキャンの休診は一度もございませんでした。東日本大震災の翌日にも通常通り診療し、計画停電騒ぎの時のみ、診療時間の変更をしたのみでした。私は11年間、病気もせず事故にも遭わず、続けてこられたことに感謝しております。
ブログの読者はお気付きかもしれませんが、休診日にこそ予定をタイトに入れて忙しくしてしまい、その結果、実質的な休日はほとんどありませんでした。ここ数年間、何の予定もなく1日自宅にいた日は、年に3日位かもしれません。私も年をとるにつれ、休息が必要だと感じるようになりました。
そこで、来年1~2月の休診日は、既にアップ済みであったのですが、3月以降は
毎週水曜日と国民の祝日は休診日
とさせて頂きました。その他に、学会出張やプライベートな行事の日程も決めてしまい、年間280日と従来よりも20日少なくなります。1年先の予定まで決めてHPにアップしましたが、インターネットをご利用にならない患者さんは、たとえ毎月通院されていても、「先日来たら休みだった。」と言われることでしょう。
ブログを読んでいらっしゃる患者さんにとっては、おそらくスンナリと定着されることでしょう。定期休診日変更の件につき、なにとぞご了承くださいますようお願い申し上げます。

2013-12-15

あゝ、無念・・・

先週、衝撃的な事故が発生しました。私の個人のデスクトップ型パソコンを誤ってサイドワゴンから床に落下させてしまいました。結果、ハードディスクが破損してしまいました。このパソコンは診療業務には使用していませんが、個人的な画像やブログの資料、住所録、メールアドレスなどのデータが保存されており、バックアップはしていませんでした。私にとって掛け替えのない貴重な記録が、すべて一瞬にして消えてしまいました。専門業者にデータの復旧作業を依頼しましたが、厳しい見込みのようです。
電子カルテは当然、日々バックアップしているものの、個人のパソコンをバックアップしていなかったことを、心底後悔しました。とりあえずは他のパソコン端末でメールのアカウント設定を行い、メールの送受信はできます。しかしながらメールアドレスが保存されていないため、こちらからメールしたくてもできない状態です。このブログ記事を読まれた私の知人友人の方々(この3日間メールしてくださった方は除きます。)にお願いがあります。私のアドレス宛にメールを送信して頂けますか?アドレス帳を新たに作ります。
私は最近Facebookを利用しており、FBの友達とはメッセージが便利です。パソコンでもスマホでも端末を選びません。Lineもやり出しましたが、パソコンでは今一つです。
ブログやFBに載せた写真は、ある意味でCloudなので助かりました。今後は絶対にバックアップをしていきます。iCloudが便利そうです。

2013-12-11

やはり隠したいですか?

お待たせしました。久しぶりのブログの更新です。この時期、皮膚科は閑散期なので土日を除き診療業務はヒマです。実は仕事以外のことで色々多忙で、ブログを更新する時間がありませんでした。読者の皆さまも、年の瀬は何かと慌ただしいことと存じます。

さて、日常診療でいつも気になっていたことを書きます。ニキビの患者さんの約半数の方は診察室に入られるときに、マスクを付けたままです。私の方から外すように言われて、やっと外します。季節は問いません。さらに女性の方は、頭髪がニキビができている頬や額にかかっており、診察しずらい状態です。診察時には、髪をピンやカチューシャで留めさせて頂くこともあります。
診察時ですらニキビを隠そうとされていますので、日常では尚更だと思われます。以前に私はある中高一貫校の校医を務めており、年度始めの検診に行ったことがあります。そこで全女子生徒の約2割に顔に中等度以上のニキビを認め、そのうちのほぼ全例が頭髪が顔にかかるような髪型でした。ボブかセミロングで結んだり留めたりせず、勉強中や食事中にも髪が邪魔ではないかしら?と思いました。私の娘だったら、「その髪を何とかしなさい。」と直ちに注意したでしょう。
ニキビを人に見られたくない気持ちは理解できますが、頭髪がかかると皮膚は不潔になり易いです。頬に髪がかかると、手で髪を払ったときにニキビを触ることにもなります。毛包でのニキビ菌も増殖し、ニキビの悪化を引き起こします。
ニキビを早く治すためには、皮膚科で飲み薬と塗り薬を処方してもらうのが必須ですが、同時に髪型などの工夫も必要です。ちなみに化粧は、診察時にはもちろん落として頂きますが、日常では化粧はしても構いません。日焼け止め、コンシーラー、下地クリーム、ファウンデーションなどでニキビを悪化させないノンコメドジェニックの商品をお勧めします。メイクをすることでコンプレックスが軽減され、気持ちが積極的になれれば、それに越したことはありません。

お顔の診察を受ける際には、お化粧を落として頂くのはもちろんですが、マスクや頭髪で発疹を隠さないで頂きたいのです。以前に当ブログで「皮膚科受診は素顔で」という記事を書いたことがあります。シミの診断のための内容でしたが、この記事に対して、「先生みたいにキレイな肌の方には、シミを隠したい女ゴコロは到底分からないでしょうね。」とコメントされたことがありました。そんなことはありません。大丈夫です。

2013-12-02

アイリッシュダンスの夕べ師走の巻

昨日は、オーチャードホールにて「ザ・アイリッシュダンス・ラグース」の公演を鑑賞しました。7月に初めてアイリッシュダンスに魅せられて、もう一度妖精たちの舞を観たくなりました。イルン・パイプ、フィドル、ホイッスルなどのアイルランドの民族楽器の演奏、澄んだ美しい歌声、軽快なタップダンスと、次々にパフォーマンスが披露されました。ダンサーたちは上半身は動かさず、体幹がブレることなく見事なステップでリズムを刻んでいました。男性ダンサーのステップは力強く、フラメンコのサバティアードを連想します。女性ダンサーはミニ丈のワンピースに黒のタイツの衣装で、cuteで私好みです。私もこういうのが着たいです。

2013-12-01

ホテルニューオータニにて

昨日はホテルニューオータニで、アレルギー学会がありました。私は学会最終日のランチョンセミナーに出席して、アトピー性皮膚炎とT細胞リンパ腫におけるTARCとインターロイキンの上昇につき勉強しました。両者は臨床も検査値も類似しており、時に鑑別が困難です。またTARCはアトピー性皮膚炎に必ずしも特異的ではないものの、病勢に鋭敏に反応して1日単位で急激に下がることもありうるそうです。
ニューオータニの日本庭園では紅葉が見事でした。
ホテルのクラブフロア、エグゼクティブハウス禅のスイートに泊まりました。76㎡で一泊15万円の部屋でしたが、ホテルの厚意で特別に安く泊まれました。和の寛ぎを感じさせるモダンで落ち着いた内装で、大変満足しました。
昨日は、次女の成人式の前撮りもしました。常に時間貧乏な私は、学会当日に他のスケジュールもガチンコで入れてしまいます。私流の人生の謳歌術です。
ホテルの40階にあるイタリアンレストラン、リストランテベッラヴィスタでディナーをとりました。12月が私の誕生月なのですが一足早く、バースデーケーキをプレゼントして頂きました。蝋燭の火を吹き消したのは何十年ぶりでしょう。
今、ホテルの快適な客室でブログを更新しています。名残惜しいのですが、チェックアウトの時間になりました。