2013-10-28

ダウンタイム中です

2日前の夕方に、眼瞼にフラクショナルレーザーを照射して、約40時間経過しました。まだ腫れています。昨日も通常通り仕事しましたが、近視用の度の強いメガネをかけていたせいか、患者さんからはまったく指摘されませんでした。昨夜には、とある女子会(医療関係者ではない)があり、そのうちの1人が気付いたようでした。私は「私はちょっと若返りのレーザーを・・・」と適当に答えたら、「もしかしたらサーマクール?あ~、お顔のリフォーム中ね。」との反応で、それ以上は突っ込みませんでした。さすがに美容医療フリークは、すぐに察します。
現在、照射部位の赤みは消失したものの、浮腫は残り奥二重になっています。1mm程度の点状紫斑がパラパラと散在し、左右比較すると、右側のXDマイクロレンズの方が、その数が多いです。さらに、マイクロビームに一致した点状痂皮も右側のみにわずかに認められます。メーカー説明ではマイクロビームが約40%深達するとのことで、その影響かもしれませんが、肝心の臨床効果はいかがなものか、経過を見ていきます。
自ら施術を受けると施術部位をじっくり観察できて、周囲の反応も観察できて、ダウンタイムも面白いです。

0 件のコメント:

コメントを投稿