2013-10-30

雲仙温泉にて

只今、長崎県・雲仙温泉の東園にお泊まり中です。雲仙は昔から訪れたかったのですが、今回やっと来ることができました。長崎空港からのアクセスが良くなくて、諫早から40kmの距離をタクシーで1時間乗りました。道中、とんでもない山道の絶景を見ることができました。雲仙の温泉街では喧噪はなく、落ちついていて靜かでした。
宿泊した東園の庭園です。
雲仙の地獄巡りをしました。
宮崎旅館の庭園にも立ち寄りました。
温泉に入り浴衣に着替えました。またもやスッピンです。
部屋で美味しい料理を頂き、大満足です。明日はハウステンボスに行きます。

2013-10-29

明日から秋休み

まだ10月というのに、朝晩は初冬のような冷え込みですね。着る服に迷います。今年は秋が短かったように感じます。
さて10月の診療も今日で終わり、明日から11月1日まで、3日間休診にさせて頂きます。2日(土)、3日(日)、4日(祝)は通常通り診療します。
今年は夏休みも3日間位しかとらず、遠出の旅行にも行きませんでしたので、明日から3日間、ちょっと九州の方に遊びに行ってきます。滞在中もできれば、ブログの更新をしてみるつもりです。
3日前に私の眼瞼にフラクショナルレーザーを照射しましたが、72時間経過した時点で浮腫は消失し、イイ感じに仕上がりました。小皺がすっかりなくなり、パンと張った肌になりました。おそらく写真では分かりにくいと思われますが、私はすっかり自己満足に浸っています。

2013-10-28

ダウンタイム中です

2日前の夕方に、眼瞼にフラクショナルレーザーを照射して、約40時間経過しました。まだ腫れています。昨日も通常通り仕事しましたが、近視用の度の強いメガネをかけていたせいか、患者さんからはまったく指摘されませんでした。昨夜には、とある女子会(医療関係者ではない)があり、そのうちの1人が気付いたようでした。私は「私はちょっと若返りのレーザーを・・・」と適当に答えたら、「もしかしたらサーマクール?あ~、お顔のリフォーム中ね。」との反応で、それ以上は突っ込みませんでした。さすがに美容医療フリークは、すぐに察します。
現在、照射部位の赤みは消失したものの、浮腫は残り奥二重になっています。1mm程度の点状紫斑がパラパラと散在し、左右比較すると、右側のXDマイクロレンズの方が、その数が多いです。さらに、マイクロビームに一致した点状痂皮も右側のみにわずかに認められます。メーカー説明ではマイクロビームが約40%深達するとのことで、その影響かもしれませんが、肝心の臨床効果はいかがなものか、経過を見ていきます。
自ら施術を受けると施術部位をじっくり観察できて、周囲の反応も観察できて、ダウンタイムも面白いです。

2013-10-26

眼瞼へのレーザー照射

台風27号の首都圏への影響は懸念されたほどではなく、無事過ぎ去ったようです。本日の診療は、通常通りの混み具合でした。
さて、先日の台風26号が上陸した15日には、私の顔(眼瞼は除く)に5回目のタイタンとジェネシスを照射しました。本日は眼瞼に、フラクショナルレーザーを照射してみました。使用機種は、米国Palomar Medical社のスターラックス LUX1540、レーザータイプはEr:Glass fiber 1540nmのノンアブレーションタイプです。今回は2種のレンズを使用し、私の左眼瞼には円形の10mmレンズを、右眼瞼には正方形のXDマイクロレンズ照射して、左右で比較対照をすることにしました。
当ブログで何度か記載しましたが、私はフラクショナルレーザーは既に10回以上照射しました。1年前の10月にe-Matrixを照射して以来、1年ぶりです。今回は全顔ではなく、眼瞼のみに留めました。
照射前です。完全なスッピンです。年齢相当のオバサンですが、先週のタイタンとジェネシスが効いている感じはします。
照射10分後です。両眼瞼とも同程度に赤く腫れました。
さて、明日も仕事があります。おそらく2~3日で腫れは引くと予想しますが、効果が左右で差があるか見たいところです。結果が知りたい方は、ご来院なさってみてください。
(実はネット上に、拡大スッピン写真を載せるのは本当は恥ずかしいです。でも患者さんの写真を載せるわけには行かず、仕方がないので、自分がモデルになるしかありません。これも営業活動の一環と割り切っています。)

2013-10-23

ニューヨーク・シティ・バレエ2013

今日は14:00から、オーチャードホールにてニューヨーク・シティ・バレエの公演がありました。4年ぶりの来日だそうです。演奏は新日本フィルハーモニー交響楽団です。
1曲目はチャイコフスキーの弦楽セレナーデ ハ長調。水色のレオタードに同色の透けたスカートの女性ダンサーたちによる、幻想的な美しい群舞でした。2曲目はシンフォニー・イン・スリー・ムーブメンツ。カラフルなレオタードを着たダンサーたちが、複雑な幾何学模様を描いて魅せてくれました。ダンサーたちの鍛えられた美しい肉体をとくと堪能しました。3曲目はタランテラ。タンバリンを持った男女ペアによる超絶技巧が披露されました。短時間ながら難易度が高い演技が見事でした。4曲目はウエスト・サイド・ストーリー組曲。史上最高傑作と称されるミュージカルが、ダイナミックな名シーンを集大成しバレエ作品に生まれ変わりました。このうち私のお気に入りは「Dance at the gym」。ブルース、パソドブレ、マンボ、チャチャと、色々なリズムの曲が盛りだくさんで、ダンスシーンが楽しめます。そして「America」。スペイン舞曲の民族色を盛りこんだダンスナンバーです。さすがにアメリカが誇るバレエ団らしい演技でした。
バレエは美しいです。私にとっては手が届かない憧れの的です。今日はしばし現実を忘れ、夢の世界に浸りました。明日からガッツリ現実です。頑張ります。

2013-10-21

糖尿病とフットケア

先週末19日(土)、日本橋室町YUITOにてフットケアの講演会がありました。特別講演は、永寿総合病院の渥美先生による「糖尿病足病変の予防的フットケア」でした。ご専門は内科ですが、皮膚外科領域にいたる実践的なお話をされて、大変有益でした。血糖コントロールに関する内科的な話題はさておき、当日配布された患者さん向けの資料がよくできており、紹介します。演者の先生が監修され、共催の田辺三菱製薬㈱が作成しました。
「あしはたいせつ(足は大切)」の7文字が、フットケアの7つのポイントです。

1、「あ」しをチェック   毎日明るい場所で傷、ヤケド、変色、足の変形、水虫、ウオノメ、タコがないか見る。糖尿性網膜症を合併すると見えにくいので要注意。
2、「し」っかり靴選び   高いヒールや先端のとがった靴は避け、足に合ったものにする。
3、「は」いる前に温度の確認  入浴時は必ず手で、お湯の温度を確かめる。暖房器具は身体から話して使う。湯たんぽやカイロ は使わない。糖尿病性末梢神経障害を合併するとヤケドしても気付きません。
4、「た」ばこをやめる   タバコは動脈硬化を進展させ、血流障害を悪化させます。
5、「い」つも靴下を履く  通気性のよい素材で、しめつけないものを選ぶ。
6、「せ」いけつを保つ   足の裏や指の間も丁寧に洗い、清潔なタオルで水分をしっかり拭き取る。
7、「つ」めの手入れ    爪はまっすぐにストレートカットで切る。両角は深爪をしない。最後にヤスリをかけ滑らかにする。
糖尿病の恐ろしさは自覚症状がないまま、血管と神経が侵され、目や腎臓などの臓器障害が進行します。足にヤケドや傷を負っても見えないし痛くないため、放置され足壊疽にまで進行すると、最悪の場合、下肢の切断を余儀なくされます。認知症のリスクファクターでもあります。糖尿病は万病の元とも言えます。発症には遺伝的背景もありますが、生活習慣が大きく関与します。世界的にも、人種を問わず糖尿病人口が上昇しています。 世界の糖尿病人口ランキングは、第1位中国、2位インド、3位米国、4位ロシア、5位ブラジル、6位日本と続きます。日本の成人人口の内、糖尿病有病率は11.20%(WHO標準値では7.93%)であり、日本は糖尿病大国です。発症の予防ないし進行させないためにも、摂取カロリーの制限、食事療法、運動療法など、いわゆるメタボ対策を意識した生活習慣が重要です。

2013-10-17

キューバ情熱音楽の夜

昨日は台風が関東を直撃し、朝の通勤の時間帯に暴風雨が吹き荒れ、交通網がマヒしました。やっと駅に着いたら常磐線が上下線とも不通になったため、自宅に一旦歩いて帰り、クルマで出勤しました。台風のため開店休業状態ではと予想したのですが、学校が休校のため朝から多くの患者さんが来院され、混雑しておりました。
しかしながら夜には、出勤と仕事の疲れを吹き飛ばすようなお楽しみがありました。中野サンプラザでのキューバ音楽のコンサートに行って参りました。出演はセサル・ロペス&ハバナ・アンサンブルと歌手、2組のダンスペアです。ソン、サルサ、マンボ、チャチャチャ、ルンバなど、お馴染のラテンダンス・ミュージックとダンスが次々に披露され、陽気なノリのよいリズムに合わせ、一緒に踊りたくなりました。ダンサー達のダンスは実に素晴らしく、曲ごとにすべて衣装を替えて、楽しませてくれました。女性ダンサーの衣装は、私も着てみたい、と思うような可愛いデザインばかりでした。2時間の公演中は、カリブ海の島にいるような感覚に浸りました。いつかは、ハバナのクラブでサルサを踊ってみたいです。やっぱりラテン音楽は最高に楽しいです。

2013-10-15

開院11周年

本日10月15日をもって、当院は開院11周年を迎えました。毎年この日が巡る度に、年月の経つ早さに驚きます。42歳だった開院当時には、とりあえず65歳まで働くことを目標にしておりましたが、もうその半分が過ぎようとしております。折り返し地点に達した感があります。忍び寄る老いと日々格闘しつつ、診療技術の向上をさらに目指し、精進して参りたいと思います。
さて、開院記念日といっても特別な行事はいたしませんでした。むしろ台風の中、何の予定も入れずにおいて良かったと思います。
ただし私のアンチエイジングのために、今日は、タイタンとジェネシスの施術を受けました。3月から開始し、今日で5回目です。タルミとチリメンジワを解消し、リフトアップ、シャープなフェイスライン、肌のハリを出します。タイタンは若干熱いので冷却ジェルを塗りますが、ジェネシスはミストサウナのような心地よさがあり、ついウトウトしてしまいます。施術後に赤くなったりせず、ノーダウンタイムです。
でも眼瞼には照射できないので、この部位にはいずれフラクショナルレーザーを照射してみます。腫れが避けられないのがちょっと難点です。発表会も終わったので、少しずつ顔のリフォームに取り組みます。
タイタン施術中です。ジェルを塗ってハンドピースを接触させて照射します。
ジェネシス施術中です。接触させず中空照射です。

2013-10-14

連休2日目

ベリーダンスの発表会が無事終了しました。インストラクターM先生の師匠がスペシャルゲストして有終の美を飾りました。私はその素晴らしい演技を客席から観て心酔し、打ち上げでは直にお話しすることができました。M先生の強みは、尊敬する師匠を持てることです。レッスンのたび、師匠からはこのように指導されたと生徒に熱く語るのは、すごいことだと思っておりましたが、今日は先生の先生と近付けて、別れ際にハグまでできて幸運でした。
本番前に楽屋で撮り、閉演後に客席で撮りました。自分が若くもなくキレイでもないことは十分自覚しております。ダンスの技術も未熟です。でも演技中の笑顔が最高に良かったと、多くの方からお褒めの言葉を頂きました。それしか取り柄はありませんので。

2013-10-12

3連休初日

今日は3連休の初日。当院も3日間休診にさせて頂いています。晴天に恵まれ、行楽日和でした。東京では気温が31度と真夏日で、暑かったです。紫外線も強烈でした。10月とはいえまだまだ油断はできず、紫外線対策が必要です。サンスクリーン剤はたっぷりとこまめに塗って、スキンケアしましょう。夏よりも太陽の位置が低くなった分、室内や車内では窓辺から奥の方まで日が差します。家の中では逃げ場がありますが、電車の中で座っていて顔に日が差し込みと、困ってしまいますよね。私は椅子から立ち上がり、逃げてしまうこともあります。
さてこの3連休、私は旅行の予定はなく、ダンスの発表会とその準備です。明日が本番なので、今日は最終リハーサルがありました。東京スカイツリーのお膝元の会場で行われ、帰りに押上駅A3出口より、記念に撮りました。13:00頃でしたので、カメラを構える私の顔に、太陽が容赦なくギラギラ照りつけていました。

2013-10-09

ベストシーズン到来

昨日、今日とたまたま暑いですが、朝の爽やかな空気はすっかり秋です。年間で最も過ごしやすいベストシーズンです。寒暖の差があり、体調を崩す方もいらっしゃるかもしれませんが、皮膚のコンディションは一般的には今が一番良い状態だと思われます。春はスギ、ヒノキ、イネ科などの花粉、夏は紫外線と汗、冬は寒冷と乾燥と、季節ごとに皮膚病を悪化させる誘因がありますが、秋はその誘因が最も少ないです。皮膚科外来は10~11月がすいています。
そこで秋にお勧めなのが、肌のメンテナンスです。シミ、シワ、タルミ、ニキビ跡など、日頃から気になる部分の治療は、紫外線と乾燥の影響の少ない季節の方が、施術後の経過が良いです。当院では、患者さんの症状ごとに複数のレーザー機器を組み合わせた治療を提案しています。シミには、Qスイッチレーザー後にIPL、シワにはヒアルロン酸、BTXA、肌の若返りにはフラクショナルレーザー(スターラックス)とジェネシス、タルミにはタイタン、ニキビ跡にはフラクショナルCO2レーザーと、各種の治療を行っています。
私自身の顔にも、この5年間で各種の若返りの治療を試してみました。効果と満足度、それぞれです。ブログには書きにくい商売っ気抜きの本音も、受診された患者さんには自分の言葉で伝えています。私も年をとりましたので、患者さんの悩みには共感できます。

私の日頃のスキンケアは簡単です。夜は化粧水、乳液、美液で2分、朝は日焼け止めクリームで1分、メイクで3分、時間はかけません。こうした基礎化粧品はすべてメーカーからの貰い物で間に合ってしまい、実は買ったことがありません。
夏の間、忙しくて自分の顔に構っているヒマはありませんでしたが、来週あたり、久しぶりに若返りのレーザー治療を行う予定です。私の顔が赤く腫れていたら、何かやった後です。もしかしたら左右で違う機種を使い、half side testをするかもしれません。「オペラ座の怪人」のようになっていても、驚かないでくださいね。
日本のベストシーズンは、美容医療のベストシーズンでもあります。

2013-10-06

JPタワーにて

今日は、丸の内のJPタワーにて㈱cuteraが主催するトータルスキンセラピーミーティング東京がありました。私は仕事が終わってから、フォーシーズンズホテル丸の内のラウンジでちょっとした打ち合わせがあったので、途中から参加しました。最後のドクター・オバジの来日講演を拝聴しました。オバジの開発者として世界的に有名です。独特の理論に裏付けされたアグレッシブなピーリングやスキンケアの実践法につき、信念を持って熱く語っていらっしゃいました。ダウンタイムがそれなりにある治療だけに、患者さんへのインフォームドコンセントときめ細かなフォローができることが前提です。当院ではまだ導入していませんが、いずれ検討したいと思いました。
会終了後のパーティーでは、鹿嶋市で開業されているMご夫妻とお会いし、記念撮影させて頂きました。
東京ステーションホテルの南ドームの天井です。クラッシックなデザインが素敵です。

2013-10-04

もうすぐ発表会

昨日も書きましたが、私はベリーダンスを習っておりその発表会を控えています。ブログに詳細を書くのはいかがなものか、とも思いましたが、興味のある読者もいらっしゃるかもしれませんので、そのお知らせをします。(興味のない方は閉じてくださいね。)
四谷のアルミスタルミスベリーダンススタジオに所属するインストラクターM先生が、各地で指導するクラスの合同発表会です。10月13日(日)18:30~松戸市民劇場です。私は「アラベスク」というチーム名で6人で踊ります。残念ながらチケットは完売してしまったそうで、当日券はございません。
チェリーピンクの衣装を着ます。チームで衣装のデザインは統一して、全員色違いです。化粧してしまうと、誰だか分からなくなってしまいますので、衣装の色が目印です。

2013-10-02

この人誰?

今月はベリーダンスの発表会を予定しており、今日もチームで自主練をしました。当日はメイクも自分でしますが、不慣れなため難しいです。チームのメンバーでメイクのプロの方がいて、アラビアン・メイクをレクチャーして頂きました。記念に撮りましたが、自分の手で果たして再現できるかどうか?化粧する習慣がない私にとっては、大きな課題です。でもチャレンジします。
今日の夕方には、大きな虹が見えました。首都圏各地で見られたようですね。