2013-09-30

検診を受けましょう

今日は、人間ドックを受けました。毎年1回9~10月に必ず受けています。いつもながら異常所見は見つかりませんが、年間行事として楽しんでいます。人間ドックコースは健保組合からの補助の枠内で納めたので自己負担はゼロ、乳がん検診と子宮がん検診は市の検診を利用しました。乳がん検診は、視触診とマンモグラフィーで1,900円、子宮がん検診は2,100円と、通常の半額以下の料金でした。
検診の所要時間は2時間半くらいで終了します。私は過去に都内、県内のいくつかの検診施設で受けてきましたが、施設を選ぶ基準は、検診の精度と効率、アクセス、アメニティ、職員の接遇も大事ですが、それ以外には、
・食事  最も重要かもしれません。 メニューがチョイスできると嬉しいです。食堂のインテリアや雰囲気も大事です。
・検診着 昨年も書きましたが、前開きの紐結びはNG。ロビーには男性もいますが、胸が肌蹴てしまい疲れます。ちなみに今日着たのは合格です。上下パジャマ風で前がマジックテープ、中にはかぶり物を1枚着ます。デザインもまあまあ。着心地は抜群で室内着にしたいくらいでした。
・報告書のレイアウト 検診結果がコンパクトにまとめられ、閲覧しやすく閉じられていること。

今回の子宮がん検診では、日本臨床細胞学会がHPV検査の臨床試験を同時に受けるボランティアを募集しておりました。山梨県と千葉県柏市で住民3万人を対象に被験者を集めているようです。今後6年間に渡り2年ごとに細胞診を受け続け、追跡調査するそうです。私は医師から説明を受け、臨床試験に参加することにして同意書に署名しました。検査は、子宮頸がんの細胞診検査で採取した検体の残りを使うため、何の負担もありませんでした。研究の結果が論文になったら、是非、読んでみたいです。

検診は、時間もコストもわずかです。検査の苦痛もほとんどありません。必ず受けるようにしましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿