2013-09-26

ニキビ患者さんへのアンケート

ニキビは、90%以上の方が思春期にかかる一般的な皮膚疾患ですが、時としてニキビ跡が一生涯残ることもあります。ニキビ跡を瘢痕と言いますが、ニキビの治療の目標は瘢痕を残さないことです。ある製薬会社から、「ニキビ患者さんにおけるニキビ跡の保有率とQOL(生活の質)への影響に関する調査」への協力の依頼がありました。当院を受診されたニキビの患者さんを任意に選び、ご協力をお願いすることにしました。具体的には、私から調査の意図を説明し、同意書にご署名頂きます。診察終了後に別室で、簡単なアンケートに回答して頂きます。所要時間は10分ほどです。調査の結果は、雑誌や学会で公表することはありますが、個人情報は守られます。最後に調査協力費として、500円の図書カードを進呈いたします。
混雑している時では難しいので、比較的すいている時に受診されたニキビ患者さんにお願いすることになりますので、ご協力お願い申し上げます。

0 件のコメント:

コメントを投稿