2013-06-30

アンチエイジング医療最前線2013

昨日から2日間、横浜で第13回日本抗加齢医学会がありました。アンチエイジングでつながる医学 Share and Spread Anti-Aging Medicineがテーマでした。私は年初に入会したばかりなので、この学会の総会参加は初めてでした。今やアンチエイジングは診療科を問わず求められています。美容皮膚科のみならず、トータル的な情報が欲しいと思っていた私には、この学会はピッタリでした。
昨日は「男性こそアンチエイジング」、漫画家の弘兼憲史さんのトーク「島耕作のアンチエイジング」など興味深い内容の講演がありましたが、残念ながら仕事のため間に合いませんでした。今朝は「更年期のアンチエイジング」を聴きました。テストステロンとエストロゲンがキーワードのようです。私にとっては専門外なので、何を聴いても新鮮で頭に入りました。
昨夜、ホテルのエレベーターで白澤卓二先生とお会いしました。姿勢が美しく佇まいにオーラがありました。さすがにアンチエイジングの実践者です。私は書籍コーナーに立ち寄り、3冊の本を買いました。白澤先生の「僕は老けるのをやめた!」、白澤先生も実践するピラティスDVD付「カラダ取説」、今学会の会長である順天堂大学泌尿器科堀江先生の「ヤル気が出る!最強の男性医療」です。
赤い表紙の白澤先生の本は、帰りの電車の中で一気に読み終えました。堀江先生の本は、書籍コーナーでは昨日の売れ筋ランキング1位だったそうですが、「EDに勝つ!朝立ちは健康のバロメーター」とあり、カバーなしでは車内で読みづらいので後日読むことにしました。帰宅してパラパラ読むとすごく面白いです。内容はいつか紹介します。

0 件のコメント:

コメントを投稿