2013-03-02

春一番が吹くと

昨日、春一番の突風が吹きました。本日も強風でした。それに乗って当ブログの昨日1日のページビューは、開設以来最高の1,222件に達しました。2012年2月4日の「ザイザルvsアレグラ」が、当ブログで最も読まれている記事ですが、さらに記録を更新続けています。理由は、花粉症のオンシーズンで抗ヒスタミン剤の薬剤名を検索される方が多いからだと推測します。「ザイザル」で検索すると、当ブログがトップページにヒットします。1年以上前にサクサク書いた記事が、いまだにロングランヒット中です。
さて、花粉症もたけなわです。今日も、花粉症の患者さんが多数来院され、既に発症されている方がほとんどです。治療はシーズン中の抗ヒスタミン剤の連日内服と点眼薬、点鼻薬の併用です。目の周りの皮膚に炎症を伴うこともあり、その場合はステロイド軟膏の外用を行います。2011年3月6日の「スギ花粉皮膚炎」に詳細は記載しました。花粉が皮膚に付かないように、マスク、ゴーグル、帽子などで防御し、外出から帰ったらすぐに洗顔し保湿することが重要です。
春一番が吹くと、花粉症の方にとっては憂鬱なシーズンが始まります。その一方、風はまだ冷たいものの確実に季節は移り変わり、春が訪れています。当院の花壇でも、可愛らしい花が次々に咲いています。

0 件のコメント:

コメントを投稿