2013-12-31

2013年大晦日

2013年も今日で最後です。例年のことながら慌ただしく、あっという間の1年間でした。今年は私にとって、辛かったことが重なった年ではありましたが、今日の時点ではすべて解決してしまい、心置きなく新年を迎えることが出来そうです。
今月には、私個人のパソコンのハードディスクを破損してしまい、6年間分の貴重なファイルをすべて失ったかと、一時はショックを受け気落ちしてしまいました。ところが、プロの技術者がクリーンルームにてデータの復旧作業をしたところ、データはすべて甦りました。新しいパソコンを購入してデータを転送し、元の環境に戻すことができました。12月23日のダンスパフォーマンスの当日にパソコンの設定が完了し、ほっと一安心したところでした。
私の人生は忙しい中、複数の事柄を滞りなく同時進行しなければならない宿命のようです。今迄もそうでしたし、今後もそうでしょう。覚悟は座っております。
さて一昨日が御用納めで、昨日から家族で鬼怒川温泉の「山楽」に一泊しました。昨年末も、ここに泊まりました。温泉に浸かり、1年間の疲れをいやしました。美味しい料理にも舌鼓を打ちました。
本年中は、大変にお世話になりました。ご愛読に感謝申し上げます。どうか、良いお年をお迎えください。

2013-12-28

最終診療日

明日は本年最後の診療日です。12月30日~1月3日の5日間は休診にさせて頂きます。本年は大変にお世話になりました。
年末も押し迫り、私の身辺は慌ただしくブログの更新も滞り気味でした。相変わらず、仕事と趣味のダンスに夢中の日々です。先日12月23日の我孫子市某所でのダンスパフォーマンスの写真を載せます。ダンサーになると別人に変身します。
こちらは、私が敬愛するインストラクターの先生とのツーショットです。年齢不詳の憧れの美魔女です。
本年も残すところ、後3日、まだまだ忙しいです。皆さま、どうか良いお年をお迎えください。

2013-12-22

歌舞伎座、銀座、オペラ座

年末の3連休、お忙しくお過ごしのことと思います。寒いながらも晴天に恵まれ、街中は買い物客で賑わっていました。私は、昨日は夕方から銀座に出かけました。
最初に出向いたのは、歌舞伎座タワーのとあるオフィス。今年4月に新装オープンしたばかりの29F建てのビルで、地下鉄東銀座駅に直結しています。歌舞伎座では仮名手本忠臣蔵を興行中で、大変賑わっていました。お土産コーナーに立ち寄ってみました。
ここから、銀座のメインストリートに出ると、クリスマスのイルミネーションが煌びやかでした。
有楽町の東京国際フォーラムで18時より、ミュージカル「オペラ座の怪人」を観ました。映画版とはストーリーも楽曲も違いました。映画版の有名なテーマ曲に期待したのですが、これは採用されていませんでした。しかしながら、ビゼーの「真珠採り」やモーツアルトの「ドン・ジョヴァンニ」などのお馴染みの名曲が採用され、出演者の歌の上手さに聴き惚れました。人の心に巣食うコンプレックス、邪な心、妬み、嫉みなどのネガティブな感情は、文学や芸術作品の題材に用いられることが多いです。人は皆、ポジティブとネガティブの両面の心理を兼ね備えているからこそ、虚構の世界を観て感動するのでしょう。
歌舞伎座、銀座、オペラ座と3座を回り、家路に着きました。

2013-12-17

54歳になりました

今日で54歳になりました。昨年、「53歳になりました」というタイトルの記事を書いて、早くも1年。この日、生まれて初めてつけまつげの付け方を教えてもらい、恥ずかしながら写真を載せました。この1年間で私のつけまつげの技が格段に上がり、4月に書いた「つけまつげ接着剤」の記事が当ブログの全記事の中で、8番目に読まれているロングランヒットになりました。私のようなコスメ初心者が書いた記事が、ネット上で一人歩きしているのが不思議な感じです。
54歳の年齢の割には、体力の衰えも自覚することなく、更年期障害で悩まされることもまったくありません。今の所、老化を最も感じるのは目です。今年から、遠近両用のコンタクトレンズを装着するようになりました。年齢とともに失われるものを補う必要が出てきました。
今日はセルフ撮りをしなかったので、10日前の某所での忘年会の写真を載せます。ワインを飲んでご機嫌で、兜とツーショットを撮りました。
次女からは誕生祝に、エスティーローダーの口紅をプレゼントされました。「Taeko」と私の名前が刻まれています。嬉しくて感動しました。
さて1年後には55歳になり、アラフィフを卒業し早くもアラカンの仲間入りをします。アラフィフの最後の1年間、青春を謳歌します。

2013-12-16

来年の休診日

来年1年間分の休診日をアップしました。開院以来、当院では定期休診日が月末最終日、その他に不定期に臨時休診日がありましたが、毎月25日、年間300日ジャストの診療を続けて参りました。休診日は予め、インターネット上HPにて3か月前には公開しており、ドタキャンの休診は一度もございませんでした。東日本大震災の翌日にも通常通り診療し、計画停電騒ぎの時のみ、診療時間の変更をしたのみでした。私は11年間、病気もせず事故にも遭わず、続けてこられたことに感謝しております。
ブログの読者はお気付きかもしれませんが、休診日にこそ予定をタイトに入れて忙しくしてしまい、その結果、実質的な休日はほとんどありませんでした。ここ数年間、何の予定もなく1日自宅にいた日は、年に3日位かもしれません。私も年をとるにつれ、休息が必要だと感じるようになりました。
そこで、来年1~2月の休診日は、既にアップ済みであったのですが、3月以降は
毎週水曜日と国民の祝日は休診日
とさせて頂きました。その他に、学会出張やプライベートな行事の日程も決めてしまい、年間280日と従来よりも20日少なくなります。1年先の予定まで決めてHPにアップしましたが、インターネットをご利用にならない患者さんは、たとえ毎月通院されていても、「先日来たら休みだった。」と言われることでしょう。
ブログを読んでいらっしゃる患者さんにとっては、おそらくスンナリと定着されることでしょう。定期休診日変更の件につき、なにとぞご了承くださいますようお願い申し上げます。

2013-12-15

あゝ、無念・・・

先週、衝撃的な事故が発生しました。私の個人のデスクトップ型パソコンを誤ってサイドワゴンから床に落下させてしまいました。結果、ハードディスクが破損してしまいました。このパソコンは診療業務には使用していませんが、個人的な画像やブログの資料、住所録、メールアドレスなどのデータが保存されており、バックアップはしていませんでした。私にとって掛け替えのない貴重な記録が、すべて一瞬にして消えてしまいました。専門業者にデータの復旧作業を依頼しましたが、厳しい見込みのようです。
電子カルテは当然、日々バックアップしているものの、個人のパソコンをバックアップしていなかったことを、心底後悔しました。とりあえずは他のパソコン端末でメールのアカウント設定を行い、メールの送受信はできます。しかしながらメールアドレスが保存されていないため、こちらからメールしたくてもできない状態です。このブログ記事を読まれた私の知人友人の方々(この3日間メールしてくださった方は除きます。)にお願いがあります。私のアドレス宛にメールを送信して頂けますか?アドレス帳を新たに作ります。
私は最近Facebookを利用しており、FBの友達とはメッセージが便利です。パソコンでもスマホでも端末を選びません。Lineもやり出しましたが、パソコンでは今一つです。
ブログやFBに載せた写真は、ある意味でCloudなので助かりました。今後は絶対にバックアップをしていきます。iCloudが便利そうです。

2013-12-11

やはり隠したいですか?

お待たせしました。久しぶりのブログの更新です。この時期、皮膚科は閑散期なので土日を除き診療業務はヒマです。実は仕事以外のことで色々多忙で、ブログを更新する時間がありませんでした。読者の皆さまも、年の瀬は何かと慌ただしいことと存じます。

さて、日常診療でいつも気になっていたことを書きます。ニキビの患者さんの約半数の方は診察室に入られるときに、マスクを付けたままです。私の方から外すように言われて、やっと外します。季節は問いません。さらに女性の方は、頭髪がニキビができている頬や額にかかっており、診察しずらい状態です。診察時には、髪をピンやカチューシャで留めさせて頂くこともあります。
診察時ですらニキビを隠そうとされていますので、日常では尚更だと思われます。以前に私はある中高一貫校の校医を務めており、年度始めの検診に行ったことがあります。そこで全女子生徒の約2割に顔に中等度以上のニキビを認め、そのうちのほぼ全例が頭髪が顔にかかるような髪型でした。ボブかセミロングで結んだり留めたりせず、勉強中や食事中にも髪が邪魔ではないかしら?と思いました。私の娘だったら、「その髪を何とかしなさい。」と直ちに注意したでしょう。
ニキビを人に見られたくない気持ちは理解できますが、頭髪がかかると皮膚は不潔になり易いです。頬に髪がかかると、手で髪を払ったときにニキビを触ることにもなります。毛包でのニキビ菌も増殖し、ニキビの悪化を引き起こします。
ニキビを早く治すためには、皮膚科で飲み薬と塗り薬を処方してもらうのが必須ですが、同時に髪型などの工夫も必要です。ちなみに化粧は、診察時にはもちろん落として頂きますが、日常では化粧はしても構いません。日焼け止め、コンシーラー、下地クリーム、ファウンデーションなどでニキビを悪化させないノンコメドジェニックの商品をお勧めします。メイクをすることでコンプレックスが軽減され、気持ちが積極的になれれば、それに越したことはありません。

お顔の診察を受ける際には、お化粧を落として頂くのはもちろんですが、マスクや頭髪で発疹を隠さないで頂きたいのです。以前に当ブログで「皮膚科受診は素顔で」という記事を書いたことがあります。シミの診断のための内容でしたが、この記事に対して、「先生みたいにキレイな肌の方には、シミを隠したい女ゴコロは到底分からないでしょうね。」とコメントされたことがありました。そんなことはありません。大丈夫です。

2013-12-02

アイリッシュダンスの夕べ師走の巻

昨日は、オーチャードホールにて「ザ・アイリッシュダンス・ラグース」の公演を鑑賞しました。7月に初めてアイリッシュダンスに魅せられて、もう一度妖精たちの舞を観たくなりました。イルン・パイプ、フィドル、ホイッスルなどのアイルランドの民族楽器の演奏、澄んだ美しい歌声、軽快なタップダンスと、次々にパフォーマンスが披露されました。ダンサーたちは上半身は動かさず、体幹がブレることなく見事なステップでリズムを刻んでいました。男性ダンサーのステップは力強く、フラメンコのサバティアードを連想します。女性ダンサーはミニ丈のワンピースに黒のタイツの衣装で、cuteで私好みです。私もこういうのが着たいです。

2013-12-01

ホテルニューオータニにて

昨日はホテルニューオータニで、アレルギー学会がありました。私は学会最終日のランチョンセミナーに出席して、アトピー性皮膚炎とT細胞リンパ腫におけるTARCとインターロイキンの上昇につき勉強しました。両者は臨床も検査値も類似しており、時に鑑別が困難です。またTARCはアトピー性皮膚炎に必ずしも特異的ではないものの、病勢に鋭敏に反応して1日単位で急激に下がることもありうるそうです。
ニューオータニの日本庭園では紅葉が見事でした。
ホテルのクラブフロア、エグゼクティブハウス禅のスイートに泊まりました。76㎡で一泊15万円の部屋でしたが、ホテルの厚意で特別に安く泊まれました。和の寛ぎを感じさせるモダンで落ち着いた内装で、大変満足しました。
昨日は、次女の成人式の前撮りもしました。常に時間貧乏な私は、学会当日に他のスケジュールもガチンコで入れてしまいます。私流の人生の謳歌術です。
ホテルの40階にあるイタリアンレストラン、リストランテベッラヴィスタでディナーをとりました。12月が私の誕生月なのですが一足早く、バースデーケーキをプレゼントして頂きました。蝋燭の火を吹き消したのは何十年ぶりでしょう。
今、ホテルの快適な客室でブログを更新しています。名残惜しいのですが、チェックアウトの時間になりました。

2013-11-26

美女と弾けて

今晩は、ベリーダンスの先生のお誕生日で、某レストランでダンサーとして出演されました。会員やファンクラブ一同が集まり、客席は満席で熱気ムンムン。「いつかアタシもああいう可愛い衣装を着て、観客を虜にしたいわ。」と思うような素敵な舞いに酔い、disco timeでは一緒に踊りました。ショータイム終了後に、レッスンをご一緒している友人と記念撮影させていただきました。私を除き女子力の高い美女集団の方々です。

2013-11-25

電気メスと炭酸ガスレーザー

今日は一般の患者さん向けではなく、同業の先生方を対象に書きます。一般の方にとっては興味がないと思われる内容ですが、先生方にとって、少しでもお役に立てればと思います。
私は皮膚科開業医ですが、手術が大好きです。開業しても勤務医時代に手掛けていた手術は、ずっと行っています。悪性腫瘍も基底細胞癌、日光角化症、ボーエン病など、外来で可能な手術はすべて行います。現在、ほぼ毎日手術を行っていますので、月に20件位です。勤務医時代は、腫瘍の治療は手術しか選択肢がありませんでしたが、開業してからは複数のレーザーという武器が備わり、治療の選択の幅が広がりました。
臨床診断で明らかな良性腫瘍の場合、術後の仕上がりや患者さんのQOLを考慮して、①電気メスで切断と凝固、②炭酸ガスレーザーで蒸散、という治療をすることがあります。電気メスで切断した場合、病変を病理組織検査に出すことができますが、炭酸ガスレーザーはできないため、絶対に良性との確信がある場合に行います。
①電気メスの適応症例
軟性線維腫などの有茎生の結節、頭部の結節型の色素性母斑(手術では剃毛が必要で出血多量な上、術後瘢痕が永久脱毛斑になる)、指や耳介内、外耳道など縫合困難な部位の毛細血管拡張性肉芽腫(血管が熱で凝固するため簡単に止血できます。)
②炭酸ガスレーザーの適応症例
顔のホクロや老人性疣贅(脂漏性角化症)が代表ですが、その他、脂腺増殖症、汗管腫、黄色腫は炭酸ガスレーザーが第一選択の治療と考えます。
成書に記載がないけれど、私が経験的に炭酸ガスレーザーが最適と考えた症例を紹介します。
digital mucous cyst 指趾粘液嚢腫です。ⅰ)爪母付近に発生し爪の変形を伴うmxomatous typeとⅱ)遠位関節背面に発症するganglion typeの2種があります。頻度はⅱ)が多く、しばしばheberden結節に合併します。
教科書的な治療法は、手術や液体窒素療法とされていますが、患者さんに痛い思いをさせた割に再発の確立が高いため、無治療にされることが多いです。特に疼痛もなく日常生活に支障がなければ放置でも構わないのですが、患者さんの強い希望がある場合、私は炭酸ガスレーザー治療を行います。嚢腫壁を完璧に蒸散し、術後は軟膏処置をさせます。潰瘍は1~2ヵ月で治癒します。現在の所、再発はありません。

炭酸ガスレーザーは電気メスに比べ、周囲への熱の伝導が少ないため、瘢痕が最小限で済みます。私は経験がないのですが、エルビウムヤグレーザーでは、もっとキレイに治ることでしょう。私が医師になった頃は、腫瘍の治療は手術しかありませんでしたが、文明の利器の開発とともに、治療の選択肢が増えたことは喜ばしいことです。

2013-11-20

ヒアルロン酸値下げしました

当院では、シワの治療にヒアルロン酸注入治療を行っております。口元のホウレイ線、マリオネットライン、眉間や額のシワ、ゴルゴラインなどに有効です。即効性があります。注入直後は若干注射部位が赤くなったり紫斑になることもありますが、メイクで隠せる程度で数日で消えます。注入したヒアルロン酸は1~2年は持ちます。メスを使わないない若返り治療の中では、最も有効です。当院では5年以上に渡り、40~80歳代の幅広い年齢層の方々に治療してきましたが、患者さんの満足度は高く、リピート率も高いです。
人の顔は、ちょっとのシワで受ける印象が大分違います。シミやクスミはメイクで隠せても、シワはメイクでは隠せず、化粧崩れするとシワが強調されてしまいます。(ちなみに私はファウンデーションは嫌いで、いつも素肌です。理由はメイクのテクに自信がなく、アラが目立ってしまうからです。)どんなに高級化粧品を使っても、深いシワを治すことはできません。
日々鏡を見て、「このシワがなくなったら・・・」と思われる方には、ヒアルロン酸注入治療がお勧めです。注入前後では、マイナス5歳ほど若返った印象になります。

気になる治療代は、クリニックによって様々です。当院では従来、部位に関わらず施術料込みで1本1cc注入して63,000円、2本2ccでは115,500円でした。1本で足りることもあれば、今ひとつ不足で2本注入したい所を予算の都合で、1本のみにされたこともしばしばありました。患者さんの心理としては、1回の美容治療代で10万円の壁はハードルが高いのでは、と思います。
そこで患者さんの満足度を上げるために、従来価格よりも1本当たり10,500円値下げし、施術料込で52,500円にいたしました。2本では94,500円で、従来よりも21,000円の値下げです。使用するヒアルロン製剤はエラヴィア・ライトです。仕上がりは従来品と比べ遜色はありません。
本日より改定料金になりました。この機会にどうぞ、ご相談ください。

2013-11-15

バレエ「火の鳥」

一昨日13日の19時より、初台の新国立劇場オペラハウスにて、「バレエ・リュス ストラヴィンスキー・イブニング」 の公演がありました。私は音楽やダンスの鑑賞が趣味なので、渋谷のオーチャードホール、ヒカリエのシアターオーブ、NHKホールなどは頻繁に行きますが、新国立劇場に行ったのは初めてでした。私が今まで行った劇場の中では、ここが最も重厚感と格式があると思いました。初台駅から直通で、エレベーターを待つことなく入館できてアクセスは良いです。今回の私の座席はS席で、前から5列目の大変良い席でした。
出演は新国立劇場バレエ団の一流ダンサーで、火の鳥/アポロ/結婚の3部作でしたが、やはり火の鳥が最も素晴らしかったです。主役の王子と火の鳥のペアダンスは溜息が出るほど優雅で美しかったです。圧巻は、魔法をかけられた魔物たちが火の鳥によって踊らされる群舞のシーンでした。ロシアの伝統的なコサックダンスなどハードなダンスが次々に披露され、ワクワクしました。最後は王子と王女の結婚式のハッピーエンドで終わりました。
バレエ・リュスは竹久夢二や宝塚歌劇団の作品にも影響を与え、手塚治虫の「火の鳥」もバレエから着想したそうです。
私の座席から後ろを振り返り、オペラハウスの館内を撮りました。座席は4階まであります。
ロビーでは各種飲み物、オードブル、握り寿司、ケーキセット、土産物などを販売していました。特に洋酒コーナーは品揃えが充実しており、私は白ワインを頂きました。終演は22時で、喉も渇きましたので。
ロビーを見回すと、いかにもダンサーらしい方々やセレブらしい素敵な方々が目に留まりました。ここは日本を代表する超一流の劇場なのでした。

2013-11-13

ニキビ治療のコツ

昨夜は、クレストホテル柏でガルデルマ㈱とシオノギ製薬㈱共催の東葛ざそう(ニキビ)治療研究会がありました。神戸市からお越し下さった渡辺先生による「ディフェリンにおけるスキンケアの重要性と患者アドヒアランス向上のコツ」という講演でした。2月に六本木で先生の講演を拝聴したときに、診療にすぐに役に立つ内容で感銘を受けましたが、今回もさらにバージョンアップされて充実した講演でした。
皮膚科の先生向けに、ドロップアウトさせないニキビ治療のコツをいくつか紹介します。
*患者さんに過大な期待を抱かせない。治療効果が実感できるまで、最低3カ月以上はかかることを初診時に説明するべき。
*少しでも早く治療効果が見えるように。抗生物質内服の併用は1カ月以上必要。
*説明は詳しく具体的に。医師の3分間診療では不十分なときには、看護師や事務スタッフを教育して患者さんへの説明を任せる。
*治療が楽に楽しくなるような工夫を。

ディフェリンゲルの副作用の刺激症状が出た場合は程度に応じて、
1、外用部位をピンポイントで狭い範囲に限定させる。
2、外用頻度を連日ではなく、1~2日おきなど間隔をあける。
3、炎症がひどい時には、一時休薬してステロイド軟膏を外用する。
という処置が必要です。

なお、ディフェリン使用時には保湿剤との併用は必須です。同時にヘパリン類似物質含有ローションや軟膏の投与が望ましいです。外用部位も広めに、ディフェリンを塗らない筈の首まで塗る方が、刺激症状を予防することができます。

ニキビができている時の隠すためのメイクでお勧めは、赤みを目立たなくする黄色いコントロールカラーの下地クリームとコンシーラーです。いずれもノンコメドジェニックに限ります。

洗顔時には、100円ショップで売っている泡立てネットが必須です。ホイップクリーム状に泡だてて、ニキビを押さないように泡で洗います。講演会場では、各テーブルに洗顔セットが用意され、参加者全員が実技指導を受けました。女性は私を含め手なれていましたが、男性の先生方は意外と苦戦されていました。
渡辺先生、大変有意義なご講演、ありがとうございました。懇親会では御一緒に記念撮影をさせて頂きました。

2013-11-10

踵のひび割れ

今朝は、茨城県南部で震度5の地震がありました。私が出勤のため家を出た直後でした。歩行中でしたが強い揺れを感じました。天候も大荒れのようで、北日本では雪が降っているようです。夜になると深々と冷え込んできました。明日からは更に冷え込み、冬日が続くそうです。
この時期、皮膚も乾燥しやすくなります。皮脂腺から皮膚の保湿成分の一種が分泌されますが、全身の皮膚で皮脂腺が存在しない部位があります。皮脂腺は毛包とともに分布しますので、毛の生えない部位には皮脂腺はありません。それは口唇、手のひら、足の裏です。この部位は他の部位に比べて乾燥したり、ひび割れしやすいです。口唇と手のひらは基礎化粧品を塗る機会あるため、そこそこ保湿されます。ところが足は一旦靴下を履くと、通常は何も塗りません。靴を履くときに踵が擦れたり、歩行時に体重がかかったりして、踵はひび割れしやすくなります。ひどくなると古い鏡餅のような深い亀裂が入り、出血し、痛くて歩きにくくなります。
冬は入浴直後に靴下を履く前に、足にも保湿剤を塗る必要があります。皮膚科では保湿剤や、ひび割れを保護して修復を促すような軟膏を処方します。
実は、私も2~3日前より踵がひび割れしてしまい、今晩から足の裏に保湿剤を塗り始めました。ベリーダンスは靴を履かず素足で踊りますが、踵が割れて出血していては、様になりません。スベスベの足になれるよう保湿を続けます。

2013-11-07

イルミネーションの季節

今日11月7日は立冬です。ハロウィーンが終わると、街は早くもクリスマスのイルミネーションに模様替えされていました。昨夜は、柏高島屋新館の某レストランにて、当院スタッフとの食事会がありました。ビルの前には巨大なクリスマスツリーが飾られていました。季節の変遷の早さに驚くと同時に、シャッターを押しました。皮膚科はオフシーズンとはいえ、年末に向かってせわしくなりそうです。

2013-11-05

一期一会

私も50歳代半ばに差し掛かろうとし、残された寿命は知る由もありませんが、何人にとっても時間は有限です。人の一生は短いです。最近、心がけている事は「一期一会」です。
元々は茶道に由来することわざで、「あなたとこうして出会っているこの時間は、二度と巡っては来ないたった一度きりのものです。だから、この一瞬を大切に思い、今出来る最高のおもてなしをしましょう」と言う千利休の茶道の心得です。広義には「これからも何度でも会うことはあるでしょうけれど、もしかしたら二度とは会えないかもしれないという覚悟で人には接しなさい。」という意味です。
日々の診療で多くの患者さんとの出逢いがありますが、今後も定期的に通院が必要な方もいれば、初診のみで簡単に治癒してしまう方もいます。実際の所、皮膚科は急性疾患がほとんどです。今、目の前にいる患者さんとは2度と会えないかもしれないという覚悟で、相手を尊重し誠意をもって接していきたい、と肝に銘じています。(でも、混んでいる時はゴメンナサイ。)
患者さんだけではなく、一緒に働いているスタッフ、業務を介してご縁のあった会社関係の方々や同業の先生方とも、諸般の事情でいつかはお別れの時が来ます。仕事を離れて、私の趣味の場で御一緒させて頂いている方々とも、時間を共有できる楽しい時間は、いつか終わりの時が来ます。残念ながら、私の家族も例外ではありません。そして、私自身もいつかこの世を去ります。
だからこそ、人と共有できる時間は愛おしく感じます。「私と縁して下さってありがとうございます。」と感謝の気持ちを忘れずに接していきたいです。そして、直接お会いしたことがないブログの読者の方々にも「一期一会」の気持ちで、更新を続けていきたいと考えています。

2013-11-01

ハウステンボスにて

昨夜はハウステンボスを目一杯満喫して、ホテルヨーロッパに泊まりました。どこを撮っても絵になり、ブログに載せる写真にも迷う程です。泊まったホテル周辺の街並みです。
ハウステンボス内ではさまざまなパフォーマンスをやっていましたが、韓国からのsexyな女子ドラムチーム、ドラムキャットは素晴らしかった。ダンスとドラムテクニックの両方兼ね備え、私は一目惚れをしてしまいました。
ハウステンボス歌劇団のファンタスティックレビューも素敵でした。宝塚歌劇団出身者で結成されたそうです。男役スターのイケメンぶりに女子ゴコロを鷲掴みにされてしまいました。
夜にはLEDが点灯し、ロマンチックで幻想的な光の王国になりました。日本のイルミネーションベストで、3年連続ナンバーワンを獲得しただけの必見の価値があります。
夜にはハロウイーンパーティーがあり、私はコスプレをしました。
仮面舞踏会もあり、仮面とマントも着けて踊りました。
最後にインストラクターの方々と一緒に記念撮影しました。私の隣は夫です。
ハウステンボスで非日常的な楽しい時間を過ごしました。今、ホテルヨーロッパの客室でブログを更新していますが、もうじきチェックアウトして、長崎空港に向かいます。シンデレラ姫のような夢の時間はまもなく終わろうとしています。